2019年4月29日 (月)

DAISO:ジェルクリーナー

Daiso_gel_cleaner_1

きたきつねは机の上やiMacのキーボードの汚れ取りに、100円ショップの「ふしぎなクリアジェル」を使っているけれど、昨日ダイソーのパソコン用品コーナーで新製品の「ジェルクリーナー」を見つけたので買ってきた。

「ジェルクリーナー」と「ふしぎなクリアジェル」のゴミ取り性能を比較してみるとあまり変わらないようだ。ただ「ふしぎなクリアジェル」の方が力を入れるとバラバラになってしまうので、「ジェルクリーナー」の方が使いやすいかもしれない。

「ふしぎなクリアジェル」は、一種の糊で成分は水、キサンタンガム、カルボキシメチル━セルロース(CMC)で、「ジェルクリーナー」は水、グリセリン、ポリビニールアルコール(PVA)、防腐剤(メチルイソチアゾリノン)と違っているけれどどちらも糊の一種になるようだ。

続きを読む "DAISO:ジェルクリーナー"

| | コメント (0)

2019年1月25日 (金)

新春文紙フェア2019:エーワン「ラベルシール 下地がかくせて透かしても読めない修正タイプ」

Aone_shuusei_label_1

エーワンは既存の「ラベルシール 下地がかくせる修正タイプ」を改良した「ラベルシール 下地がかくせて透かしても読めない修正タイプ」を紹介していた。

ラベルの裏に特殊な模様を印刷して表からも裏から透かしても見えない機能をもたせたものとなっている。

カタログや資料の誤字や変更の修正は意外とあるし、今年5月の新元号の発布対応も必要になるので、透かしても読めない修正用のラベルシールは重要だろう。

続きを読む "新春文紙フェア2019:エーワン「ラベルシール 下地がかくせて透かしても読めない修正タイプ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

DAISO:プラバン インクジェットプリンター用

Daiso_plaban_ij_0

ダイソーの画材コーナーを見ていたら最近流行りのプラバンにインクジェットプリンター用というのがあった。

ハガキサイズのプラバンが3枚入っていた。

プラバンにヘアースプレーの花王のケープをスプレーしてインクジェットプリンターで印刷する方法があるようだけれど、たくさん使わないのであればはがきサイズで十分のようだ。

以前から小さなタグを作りたいと思っていたので買ってきた。

早速、作ってあった原稿をはがきサイズに編集し直して、印刷してみた。多分三分の一くらいに縮むだろうといいことでサイズを決めた。

続きを読む "DAISO:プラバン インクジェットプリンター用"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

夏の文紙フェア2018:エーワン「キレイにみせる収納ラベル」

Aone_print_sheal

キレイにみせる収納ラベル」は、はがきサイズの家庭や小規模な店舗などで使えるインクジェットプリンター専用の耐水性のマット紙と透明フィルムのラベルシールの新製品になる。

キッチンや浴室など水回りで使う自家製ジャムの瓶、洗剤やシャンプーの詰替え容器などのラベルに使えるシールで、染料系インクの印字でも水がついても流れない、結露してもラベルが剥がれないなどの特徴がある。

業務用のA4サイズの「超耐水ラベルシール」も発売されている。

エーワンのラベルは、ラベル・カードの印刷用の無料ソフトのラベル屋さんが使えるので便利だ。

エーワンは、はがきサイズのラベルシールの包装枚数を減らした100円ショップ向け商品を出したり頑張っているようだ。まだ、キャンドゥだけの扱いだからボリュウムはでていないようだ。

100円ショップ向け商品はパッケージを簡素化して枚数を増やすなどの努力が必要かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

Can☆Do:「写真シール」と「おなまえシール」

Cando_aone_label

キャンドゥで気になっていたのは、A−oneの「写真シール」と「おなまえシール」。

エーワンのはがきサイズのプリンタラベルを枚数を100円ショップ用に合わせて少なくした商品だ。

通常は、12シールで税込み540円だから、割高だけれど試しに使う場合や少量しかいらない時に便利だろう。

たくさん使う時にはA4サイズの商品を使う方が安いだろう。

エーワンのラベルは、専用の印刷ソフト「ラベル屋さん.com」を無料で提供している。

メーカー各社も100円ショップを無視できなくなっているということだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

今欲しいもの:モバイル・プリンター

2015年の1月に「今年の初夢」として一度書いたことがあるのだけれど、スマートフォンと連携してノート、スケージュール帳、日記帳や名刺に直接文字や画像を印刷する携帯型プリンターが欲しいと思っている。

当時は、イスラエルのハードウェアスタートアップZuta Labsが発表した「Mini Mobile Robotic Printe」というインクジェットプリンターが製品として出そうだったので、待っていたのだけれど、資金を集めただけで、結局頓挫して製品はでなかった。

2014年にキングジムからWinPC用のクリップ専用プリンター「ココドリ」というのが出たけれど、感熱紙にプリントするもので、印字したものを貼り付けて使わなかればならないし、保存性が問題で使う気になれなかった。やはり、無線接続で直接印字が良いと思った。

スマートフォンとBluetoothかWiFiで接続して、感熱紙ではなく、感熱リボンを使って片手でプリンターヘッドを動かして直接印刷するものだ。

1988年にカシオが発売した「ハンディコピー CP-100」のコピー機能をなくして、プリンターだけにして小型化したものだ。

続きを読む "今欲しいもの:モバイル・プリンター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

きたきつねの文具館

Bungukan_old

数日前twitterでステーショナリープログラムの和田さんが、1990年代に開設された文房具に関するホームページについてつぶやいていた。

きたきつねの文具館は、1996年3月にリンク中心のテストサイトを開設して、1998年8月から正式開設となっているようだ。その後、サーバーやトップページの変更などを行って現在の姿になっている。

探してみたけれど、開設当初のファイルが見つからないので、どのような状態だったか覚えていない。画像などのファイルのタイムスタンプを調べて見た限りでは左下のロゴだけが1996年3月になっているだけだった。

日本で最初にホームページが開設されたのが1992年で、ホームページが一般化するのは1995年以降からだから、きたきつねの文具館は古い方になるのだろう。

続きを読む "きたきつねの文具館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

TEPRA Proのカートリッジスタンドを作る

Seria_tepra_box_2

100円ショップのセリアのインテリア小物コーナーを見ていたら手頃な木製の箱があったので、テプラProのテープカートリッジ・スタンドを作ってみることにした。

材料は「木製アンチークBOX(フレンチA)」と丸棒(直径8〜10mm)だけ。今回は、要らなくなった竹の菜箸(直径9mm)を利用した。丸棒はダイソーで売っているけれど、角棒でもできるだろう。

丸棒を箱の長さに切って、木工用ボンドで木製の箱に元から開いている穴に接着して終わり。もちろんテープの尖った部分が入るように位置は調節する。

続きを読む "TEPRA Proのカートリッジスタンドを作る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

文紙フェア2015:エーワンのつなげて大きく貼れる「屋外でも使えるサインラベルシール」

Aone_large_sign

エーワンでは、これまで販売している「屋外でも使えるサインラベルシール」が耐水性・耐光性・接着力に優れていることから好評で、A3サイズ以上の大きなポスターや掲示物の作れるシールへの要望がされているということだ。

A3サイズ以上のレーザープリンターは利用できないので、A4またはA3サイズのサインラベルシールを使って専用のレイアウトソフトで4枚または6枚に展開して印刷して、つなげて張り付けることができる「屋外でも使えるサインラベルシール つなげて大きく貼れるタイプ」を6月に発売したということで紹介していた。

続きを読む "文紙フェア2015:エーワンのつなげて大きく貼れる「屋外でも使えるサインラベルシール」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

ISOT2015:スマホで印刷できるテプラ

Kingjim_sr5500p_1

キングジムのブースでは、「デジタルまいごひも」、「暮らしのキロク」などの新製品が並んでいたけれど、きたきつねが興味をもったのはテプラシリーズで初めてBluetoothに対応したモデルの「テプラPRO SR5500P」だ。

Bluetoothに対応して使えるのは当面iPhoneだけらしい。MacやWinPCからの印刷は従来通りUSB接続に限られるようだ。是非ともMacやWinPC対応も検討してほしいものだ。

キーボードを使わないテプラPROのシリーズはSR3500PからSR3700P、SR3900P、SR5900Pへと進化し、SR3700Pから MacOSへの対応が始まり、SR5900PからLAN対応になり、今回Bluetooth対応になった。家庭での利用以外は、MacやWinP、スマホ からの利用の方が実用的だと思う。

続きを読む "ISOT2015:スマホで印刷できるテプラ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧