日記・コラム・つぶやき

2021年2月18日 (木)

Can★Doで買い物

Cando2021feb

きたきつねの住んでいる街にはキャンドゥがあるけれど行きにくい場所なので、滅多にいかない。

近くまで行く用事があったので寄ってみた。

ダイソーと同じように100円以外の商品がでていてびっくり。ボーッとしている間に色々と変わっている。

店内を巡って、「オリジナルボールペン」、、「ユニボール シグノ ブルーブラック 太字」「フクロウのマグネット」を買ってきた。

フクロウのマグネットは動物のマグネットを集めているので、フクロウの雛は買わないわけにいかないだろう。

ゲルボールペンの太字は、Youtubeでゲルボールペンで筆のように文字を書く映像を見て真似したくなった。

オリジナルボールペンは、透明な軸の中にデザインした紙を入れてオリジナルボールペンが作れるというので試してみようと思う。

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

入院生活に便利なボールペン

Powert_hospital210122

年明けに手術をうけることになり半月ほどの入院生活を余儀なくされて、ようやく退院することができた。

バタバタと入院の準備で、それでも入院生活を記録するためノートとボールペンをバッグに詰めていったのだけれど、大失敗はボールペンを手近にあった普通のボールペンにしたことだった。

手術後、起き上がるのが大変で上向き寝たにままメモを書くのは普通のボールペンでは駄目なことに気がついた。早速、家人に連絡して加圧式ボールペンのuni パワータンクを持ってきてもらった。

普通のボールペンを水平や上向きで書くと先端から空気が入り書けなくなってしまうのだ。

きたきつねはアウトドアで野帳を書くときにuni パワータンクを常に使っているので、自宅にはストックがあるのにそこまで気が回らなかった。

家の中でも家族の予定を書き込むカレンダーにはuni パワータンクを付けてある。家人はきたきつねのペン類のストック場所が分からないので、今回はカレンダーについているペンを持ってきて貰った。

続きを読む "入院生活に便利なボールペン"

| | コメント (0)

2020年12月26日 (土)

文房具が沢山あるのに使えないという話

Tombow_mono_ct

小さな文具店を開けるくらいの種類の文房具を持っているのに、使いたい時に探すのが大変で、とうとう見つからなかったということがよくある。

今回も書類を書いていて、間違ったので修正テープを探したとこころ、あれだけ沢山ある修正テープを入れた箱をどこに入れたかわからなくて、使えなかった。

そもそも最近は、Macを使っているので、書類を手書きすることがほとんど無いので、机の引き出しには修正テープは入れていないのが失敗のもとだった。

仕方がないので、白いマスキングテープを切って書類の間違った場所に貼り付け、コピーをとって書き込むということになってしまった。

修正テープを探すのを諦めて、一個買ってきた。

昔、書類を手書きで作っていたときには、修正テープが無い頃は、修正液を使っていた。

修正液は乾くのに時間がかかるので、急いでいるときには修正液を塗って直ぐその上にメンディングテープを貼って、それをコピーして修正するというのが普通だった。

テープを貼ると修正液の凸凹が平滑になるので、コピーをした時にあたかも修正しましたというのが分からないという利点もあった。

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

今年も年賀状を書き始めた

Nenga2021

老人になってからいつ年賀状を止めようかと迷っていて、今年も年賀状を出すことにした。

裏面は毎年同じパターンの野鳥の写真とつぶやきを印刷して、宛先の住所と名前、署名と一言は万年筆で書くことにしている。

宛先の住所氏名まで印刷するのは事務的すぎて好きではない。年賀状を貰って手書きの部分が全く無いのはダイレクトメールのように感じないのだろうか。

粗忽なきたきつねは必ず間違えるので、修正用の道具は準備してある。今回も5枚目に郵便番号を間違って、修正。

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

きたきつねの文房具日記のこれから

1996年から文房具のホームページ「きたきつねの文具館」を作ってきたけれど、タイムリーな更新が大変なので2006年からブログ中心に変えてから14年近くになる。記事は現時点で2,200件を超えていて、年間150件強になる。

どちらもたいして読まれていないけれどよく続いたものだ。時系列にその時の話題を取り上げて来ているために、記事が多くなると自分で記録として活用するのが難しくなってきているのは困ったものだ。

何事も持続することは難しいようで、ホームページの時と同じように、ブログが流行り始めた頃は雨後の筍のように多くの文房具系ブログができてきたが、継続しているものは少数になってきて、ほとんどが消えてしまったか、休眠状態に入っている。

原因は、作成者の熱意が無くなってしまったものが一番多いかもしれない。高齢になって作成者がいなくなったり、無料のブログサービスが終わったことも原因にあるだろう。

ホームページにしてもブログにしてもWeb上の情報は、管理者の都合でいつ消えるかもしれないので資料としての価値が低いのが問題だ。

SNSは、流行っているけれどフローな情報で、かつ細切れな情報なので時間の経過とともに探すことが難しくなるので、資料としての価値はあまりない。

きたきつねの文房具日記もこれからどうなるのか、どうするのか考える時期にきたのかもしれない。

| | コメント (2)

2020年4月18日 (土)

グレー軸のペン

Gray_pen

モノクロ文房具に触れたので、机の上のペン立ての中から黒以外のグレー軸のペンを探してみたところ6本見つかった。アルミ色を除いているので、5%程度になる。

古い文房具が入っている宝箱を探せばもう少しあると思う。

グレー色のインクのペンも10本ほどあったけれど、ほとんどがマーカーだった。

グレー色の軸の筆記具は、色のバリエーションが多様すぎて難しいのかもしれない。

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

パイロット:ドクターグリップ CL プレイボーダー

Dr_grip_cl_1

よく行く文具店でドクターグリップ CL プレイボーダーの0.3mmが191円で売っていたので、買ってきた。

発売当時はリング状の内グリップが交換できるというので、気になっていたけれど、現物を見て買わなかったものだ。

最初プレスリリースの商品の写真を見たときは、リング状の内グリップが金属製で位置を変えることでバランスが調節できるのかと期待していたけれど、単なる軟質プラスチックのリングだったのでガッカリした記憶がある。

女子中高生狙いの単純なカラフルペンだった。

今回は、安かったので、時間があるときに、旋盤で金属リングを作って遊んでみようということで買ってみた。意外といけるかもしれない。

続きを読む "パイロット:ドクターグリップ CL プレイボーダー"

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

【第9回OKB48選抜総選挙】結果発表

2019年10月1日から12月31日まで実施された文具王主催の第9回OKB48選抜総選挙の結果が最近発表された。

今回も三菱鉛筆のジェットストリーム スタンダードが9連覇となった。2018年12月発売で初登場のゼブラのブレンが2位と大健闘している。

ゼブラのブレンが年末に年間500万本売り上げたと発表しているから、年末の第10回OKB48選抜総選挙が楽しみだ。

きたきつねの愛用の三菱鉛筆のパワータンクは24位と前回の34位から大躍進している。

10位以内を見てみると、油性が2種、ゲルが8種(ブレンとフリクションを含む)とゲルが優勢の傾向で、油性については前回3種で1種減少、前回3種あった水性が10位以内から消えてしまたのが惜しまれる。

メーカー別では三菱鉛筆が4種、ゼブラが3種、パイロットが2種、ぺんてるが1種となっているのも面白い。

以前、投票数とポイントの関係について書いたことがあるけれど、今回もこの点については不明のままだ。

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

リサイクルショップで買い物

Recycle_201912_1

用事で出かけた帰り道にあるリサイクルショップに寄ってみた。

ワゴンを漁っていると、30年以上まえに大流行したプラスのチームデミの台湾製のコピー商品(110円)があった。これも発売が終了している理想科学工業のプリントゴッコに付いていたゴッコクリーナー(11円)、血液の分析に使うガラスの毛細管(33円)も買ってきた。

それにしてもガラスの毛細管は何に使えばいいんだろう?

ゴッコクリーナーは界面活性剤が入ったクリーナーで、プラスチックや金属の汚れが綺麗に取れるはず。

チームデミの偽物は、当時台湾、香港などから各種でていたから、だれか集めているかもしれない。

続きを読む "リサイクルショップで買い物"

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

第9回OKB48総選挙の中間発表

TBSラジオの12月18日のアフターシックスジャンクションの中で総合プロデューサーの古川さんが第9回OKB48総選挙の10月1日~11月30日までのWeb投票の中間集計結果についてコメントしていた。

8年連続でセンターになっている三菱鉛筆の「ジェットストリーム」にゼブラの「ブレン」が肉薄しているということだ。

昨年度は「ジェットストリーム」が2位以下を大きく引き離していたので、昨年と違う結果になるのか楽しみなところだ。

「ブレン」は、従来からあるスラリと同じエマルジョンインクを使っているのに突然上位に躍り出てきたのは、やはり筆記振動を抑える機能が評価されたということになのだろうか。

きたきつねはやはり機能だけでなく従来のボールペンと違ったデザインもユーザーに受け入れられたのだと思う。

「ブレン」の躍進は「ジェットストリーム」は低粘度のインクが人気なだけで、多くのユーザーはボールペンとしてのデザインを好んでいるわけではないことを象徴しているような気がする。

続きを読む "第9回OKB48総選挙の中間発表"

| | コメント (0)