日記・コラム・つぶやき

2019年8月18日 (日)

3Dプリンターで文房具

文具王が編集長の文房具の奥深い魅力を伝えるWebマガジン「文具のとびら」は、文房具に関するいろいろな情報が満載なので楽しく見ているが連載の中に文具トークライブユニット「ブング・ジャム」の対談コーナー「月刊ブング・ジャム」があってその中で「Vol.29 これが未来の文房具だ!(その4)」が非常に興味深かった。

文具王が昨年ドイツに行った時の話で、ステッドラーの「LIKE YOU」という3Dプリンターを使って作られた万年筆の話だ。

店舗やネットペン先、軸、キャップ、色、柄とか組み合わせてフルカスタムのオリジナルの万年筆が作ることのできるということだ。

最近の3Dプリンターの低価格化と高性能化は目覚ましいものがあって、素材もプラスチックだけでなく金属の成形もできるようになっているから文房具の世界にも筆記具だけでなく色々なものにカスタム化が始まるかも知れない。

イギリスではすでに3Dプリンターで文房具を商品化する動きがあるようだ。

日本では大手メーカーはこのような動きに取り組まないと思うから、先進的なショップが先陣を切るような気がする。

日本で文房具のカスタマイズを3Dプリンターを応用するとすれば、やはり筆記具が一番とっかかりやすいだろう、万年筆はだと普及が難しいと思うので、ボールペンかシャープペンシルが取り組みやすいのかもしれない。

文房具関連で言えばタイムレコーダーや紙折り機のメーカーのニッポー株式会社小型の3Dプリンターを発売していて、 文房具カスタマイズ製造アプリを作らないだろか。

続きを読む "3Dプリンターで文房具"

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

文房具レスキュー

Midori_mini_stat

近所の全国チェーンのスーパーに夕飯の材料を買い物に行った時に、入り口のワゴンの見切り品の中にミドリのミニ文具が投げ込まれていた。

店晒しも可愛そうなので少しだけセスキューしてきた。

ミニクリーナーが216円だった以外は、全て108円だったので、全部で756円だった。

田舎に立地している食品スーパーで売れる感じの商品ではないから、売れずに見切り処分になったのだろう。

安く買えるのは嬉しいけれど、本部一括仕入れで、店舗の立地や地域性も考えずに売れといわれても困ったのだろう。なんだかよくある話のようだ。

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

「ブングテン28」に参加してきた

Bunguten28_0

東京都豊島区の雑司が谷地域文化創造館で開催された「ブングテン28」に参加してきた。

最近はお客さんとしての参加だったけれど、去年の6月の「ブングテン26」以来久しぶりのワークショップでの参加になる。

ペーパーナイフを使った「テープ剥がしWORK SHOP」は2015年2月以来だから4年振りになる。

久しぶりなのでワークショップに参加してくれるひとがいるか心配だったけれど、最終的に12名が参加してくれた。

ブログを見てくれている人もいてペーパーナイフに関心を持って来てくれたのは嬉しかった。

続きを読む "「ブングテン28」に参加してきた"

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

なんと20年前のゲルボールペンのリフィル

Uni_k227_99_2

メモを取りたいと思って筆立ての中からボールペンを一本取り出して書こうとしたところ、インクが出ない。

きたきつねの筆立てには書けないボールペンは無いはずなのだけれどと思い中ならリフィルを取り出してみてみると、「99・07-K227」と刻印されていた。

なんと20年前のJIS規格ができる前に製造された三菱鉛筆のユニ・シグノのレフィルだった。それなら書けないのは当たり前だ。

それでもつい最近まで書けたから筆立てに入っていたといいうことだから、驚きだ。

途中で使えなくなったボールペンのリフィルはとってあるので、そちらの箱に移動した。

続きを読む "なんと20年前のゲルボールペンのリフィル"

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

ノーベル博物館のグッズを貰った

Nobel_museum_goods

こぎつねからスエーデンのノーベル博物館で売っているキーホールダーとカードケースを貰った。

キーホールダーはノーベル賞の受賞対象の6分野のピクトグラムが刻印されている。

カードケースは、表面にアルフレッド・ノーベルの自筆の遺言をプリントしてある。

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

三菱鉛筆本社のえんぴつロード

Mitsubisi_pcl_bench_1_2

先日、東京に出た時に、時間があったので大井町の三菱鉛筆本社の新社屋の横にできたえんぴつロードに置かれた鉛筆の製造過程を模したベンチを見てきた。

板から、板に溝を掘って、芯を入れ、板で挟み、六角形に削って鉛筆にするという六つの工程がベンチになっていた。

コンクリートベースに、座面は御影石のようだ。

8月20日に移転、業務開始になっているので、ベンチの写真はいろいろなところにでているので、最後の鉛筆のベンチだけ。

続きを読む "三菱鉛筆本社のえんぴつロード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

ミニチュア文房具ガチャ第2弾

Kenelephant_bungu2

つくば市の未来堂書店の文具売り場を見て歩いていたら、「本物そっくりなミニチュア文房具」の第2弾が置いてあったのを見つけた。

本来はガチャなのだけれど、カゴに入っていたので、できるだけ重い物を選んで二個だけ買ってきた。

家に帰って開けてみるとKING JIM「キングファイル」青とMAX「パンチDP-30」ピンクがでてきた。

なかなか良くできていて本物そっくりに見える。制作はケンエレファントという会社で、想像だけれど生産は海洋堂ではないだろうか。

続きを読む "ミニチュア文房具ガチャ第2弾"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

文房具レスキュー:ゼブラ「サラサグランド」

Resq_sarasagrand

先日、何時もは行かないホームセンターに行ったところゼブラの「サラサグランド」が」替芯付きで500円で売られていたので、悩んだ末に連れてきてしまった。

ホームセンターやスーパー向きではない商品だから仕方がないのだろう。

ホームセンターやスーパーの見切り品ワゴンには、比較的新しい文房具が並ぶことが多い傾向があるように感じる。

本部のバイヤーが流行りの文房具を仕入れたけれど、店舗のある地域の購買層と齟齬がでたのだろう。

続きを読む "文房具レスキュー:ゼブラ「サラサグランド」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

今日は11月11日

20181111

11月11日のお約束。

きたきつねは万年筆のライトユーザーなので、実際使ってきた万年筆は少ない。

最近一番使っているのは、真ん中のプレピー02。これで日記を書いている。

30年以上ワープロを使っているので原稿を手書きしていないけれど、それまで一番右のシェーファーが原稿を一番書いた万年筆で、ペン先が摩耗して最高の書き味になっている。今は長い休息をとってもらっている。

左端が年賀状の専用のプロフィット。ここ15年、12月だけしか出番がないけれど、とてもいい感じになっている。

他の2本は記念品で、手紙のサイン用だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

ノックボタンにクリップが付いているノック式ボールペン

Bp_clip_1

机の上の筆立てを見ていたらドイツのSchneiderのボールペン「Fave」が目に入ってきた。これは随分前に本郷三丁目のSCOSで購入したものだ。

「Fave」は、普通のノック式油性ボールペンだけれど、ちょっと面白いのはノックボタンにクリップが付いているところだ。

そういえば最近の国産ボールペンでもノックボタンにクリップが付いているものがいくつかあったはずと並べてみた。

OHTOの「HCV」は油性ボールペンで2013年発売で既に廃番になっている。

パイロットの「Juice up」はゲルボールペンで2016年の発売で、三菱鉛筆の「uni Signo RT1」はゲルボールペンで2013年の発売になる。

続きを読む "ノックボタンにクリップが付いているノック式ボールペン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)