2017年5月22日 (月)

ユニ パワータンク スマートが壊れた

Uni_pt_smt_b1

きたきつねは、三菱鉛筆の「uni POWER TANK(パワータンク)」を発売以来使い続けている愛用者の一人である。

殆どがスタンダードの「uni POWER TANK」で、バードウォッチングなどの野外での利用が多い。実際、ディパックには常時何本か入れている。

1本だけ「パワータンク スマート」を使っていたが、クリップの部分で割れが入ったので、テープで補強して使っていた。写真のマスキングテープは、飾りではなく補強。

昨日、野外で使っていた時に、とうとう反対側にも割れが入り、クリップが簡単に外れるようになってしまい、使えなくなった。実際には、クリップとレフィルが飛んで、草の中から探すことになった。

続きを読む "ユニ パワータンク スマートが壊れた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

ベトナムの筆記具

Flexoffice_4

文房具の国産メーカーは海外生産を拡大しているが、中国、インドネシア、インド、ベトナムなどでも地元メーカーが力を付けてきていて、無視できない水準になってきているようだ。

例えばボールペンなどは、チップやインクの製造は難しいようだけれど、軸のデザインや生産はそれほど難易度が高くないので、多様な製品が生産されている。OEMも盛んに行われているようだ。

昨年、ベトナムの工業製品メーカーのThien Long GroupのFlexOfficeブランドのボールペンとマーカーのサンプルを貰っていたのを忘れていた。

続きを読む "ベトナムの筆記具"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

DIMEの特別付録の万年筆

Dime_nano_fp_1

今日発売のDIME7月号の特別付録が「ナノ・ユニバース」とコラボの万年筆だった。

「ナノ・ユニバース」は渋谷のセレクトショップで、今年の3月にリブランドしたのに絡めての規格のようだ。

軸の色はグレー。金属部品を多く使っているので、カートリッジなしの状態で重量は15.7グラムと重めとなっている。

キャップを軸の後ろに付けた時のバランスは、きたきつね好みだ。

インクカートリッジはヨーロッパ共通規格になっている。誌面では「この特別付録・万年筆は、ボディーを細めにしているので、太めのタイプのものや、ロングタイプは使えない」という注意書きとコンバーターも使えないという記述がある。

続きを読む "DIMEの特別付録の万年筆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

ダイソー:万年筆H

Daiso_fph_1

ダイソーの文具コーナーに新しい万年筆が並んでいた。

中字の鉄ペンの万年筆で、透明軸になっている。ヨーロッパ・スタンダードのカートリッジを使えるようになっていて、黒インクのカートリッジが2本付属している。

重さは、カートリッジを付けた状態で、8.1グラムと、プラチナのプレピー万年筆と同じ位だ。

ペン先は丸ペンの様な形で、ちょっと小さめになっている。見たことのある形のペン先で、昨年8月に大阪の文紙MESSE2016の会場で見た立川ペンの「ラインマーカーA・T」と似ている。

続きを読む "ダイソー:万年筆H"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

uni KURUTOGA ADVANCE

Uni_adovance_1

最近、100円ショップばかりで買い物しているので久しぶりに文具店でシャープペンシルと油性ボールペンのリフィルを買ってきた。

油性ボールペンのリフィルは常備している「uni POWER TANK」の黒の0.7 mm。シャープペンシルは、3月下旬に新発売の「uni KURUTOGA アドバンス(ADVANCE)」。

「uni KURUTOGA ADVANCE」は、従来の「uni KURUTOGA」のデザインと機能を強化したもののようだ。

続きを読む "uni KURUTOGA ADVANCE"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

ダイソー:2mmシャープ鉛筆

Daiso_2mm_sh_1

ダイソーに新たに「2mmシャープ鉛筆」が追加されていた。これでダイソーの2mm芯のシャープペンシルは、4種類になった。

100円ショップの2mm芯のシャープペンシルにはバリエーションが増えていて興味深い。

クリップ(SUS)とチャックリング(真鍮)、芯削り(鉄)以外は、ABS樹脂らしい。HBの芯が6本入ったケースが付属している。

キャップには芯削りなっている。軸に芯の硬度を表示できる窓が付いている。

グリップは三角形になっていて、しっかりホールドできるようになっている。

続きを読む "ダイソー:2mmシャープ鉛筆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

カラーインクカートリッジ

Ink_cartridge_tube

セリアの電球型容器に手元のカラーインクカートリッジを詰めてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

浦沢直樹の漫勉 ながやす巧さん

NHKの浦沢直樹の漫勉のシーズン4の第四回は漫画界のレジェンドのながやす巧さん。

ながやす巧さんはきたきつねと同年だけれど、非常に自分の仕事に取り組む真摯さは頭が下がる。

作画風景を見ていて一番気になったのは、右手の人差指を全くペンに触れずに書いていることだった。ペンを親指、中指、薬指で保持して描いている。

下書きは 三菱鉛筆の心ホールダー 芯の硬度は不明。芯を削らずに描いているのも面白い。

スミ入れは、Gペンと丸ペン 線の太さで使い分けているわけでなく、気分で使っているようだ。サクラクレパス「ピグマグラフィック」も使っていた。

ベタ塗りは、ぺんてる「筆ペン」

続きを読む "浦沢直樹の漫勉 ながやす巧さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

浦沢直樹の漫勉 清水玲子さん

NHKの浦沢直樹の漫勉のシーズン4が始まった。第一回は少女漫画の清水玲子さん。

なんど見ても第一線で活躍する漫画家の制作風景は迫力があって、圧倒される。

いつものように道具が気になってしまう。

下書きは鉛筆とシャープペンシル、線入れはカブラペンと丸ペン。インクは映らなかったので不明。

鉛筆は、三菱鉛筆のHi-uniの硬度H、鉛筆削りを使っているようだ。シャープペンシルはゼブラのカラーフライトCのローズレッドに手製のグリップを付けているようだ。カラーフライトCは6角軸で金属クリップが特徴だ。

消しゴムはトンボ鉛筆のモノゼロが出てきた。全体を消すのに使う消しゴムは見落とした。

ホワイトは、修正液のミスノン W-400を細い筆で塗っていた。筆はターレンス水彩筆(?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

Seria:2.0mmシャープペンシル

Seria_20sharp_1

セリアに新しい2.0mmシャープペンシルが追加された。

木目調の軸が2種類とカラー軸が3種類。北星鉛筆の「大人の鉛筆」を意識しているのか、ノックボタンがクロムメッキのプラスチックで太い以外は非常によく似ている。

また、パッケージには「大人でも使いやすい」という言葉が印刷してある。

チャックの金具以外は全てプラスチックだ。

続きを読む "Seria:2.0mmシャープペンシル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧