紙製品

2019年8月 4日 (日)

恐竜研究者のフィールド・ノート

Fieldnote_1964_dino

国立科学博物館で開催中の特別展「恐竜博2019」の展示の中に恐竜研究者の化石発掘時に描いていたフィールド・ノート(野帳)が2冊みつけた。

フィールド・ノートは、普通見ることができないものなので、写真撮影可能なものは記録することにしている。

展示されているフィールド・ノートは、B6サイズくらいでコクヨの測量野帳よりも大きめで、用紙は5mm方眼のようだ。

一冊目は大きな鋭い鉤爪を持った恐竜ディノニクスの発掘調査隊のリーダのグラント・マイヤー博士が1964年に描いたフィールド・ノート。ディノニクスの左足化石の産状のスケッチのページが開いてあった。。

二冊目は、古生物学者ジョン・オストロム博士が1965年に描いたフィールド・ノート。ディノニクスの共食いの可能性を示す化石をスケッチしているページ。

続きを読む "恐竜研究者のフィールド・ノート"

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

ISOT2019 小林「自着テープ」

Isot2019_kobayashi_tape_

洋紙、板紙、加工紙の卸、加工販売の株式会社小林では「自着テープ」を紹介していた。

自着テープは、テープの接着剤塗工面同士を重ねて加圧すると、その部分だけが接着し、それ以外の部分はどんな生活物質にも接着しない不思議なテープということだ。

自着テープは40年くらい前から野菜結束用テープとして使われており、食品用ビニール包材、医療資材、産業関連資材の結束用やスポーツ用のテーピング用のテープなどに広く使われている新しいものではない。オフィス関連としては圧着はがき用紙などに使われている。

続きを読む "ISOT2019 小林「自着テープ」"

| | コメント (0)

ISOT2019 天野製作所「ソーティング・ノート」

Isot2019_amano_sortting_1

印鑑・印鑑ケースのメーカーの天野製作所では、書き込んだ情報を整理できる「ソーティング・ノート」を紹介していた。

「ソーティング・ノート」は、ノートとファイルがセットになっていて、ノートは一見すると上綴じのA5のリングノートだ。

そのノートは、中のページにルーズリーフ用の穴が空いていて、リングの部分から切り取れるようになっている。

ノートにいろいろな情報を記入し終わったページは、切り取って、タイトルを付けて専用のファイルノートに分類してとじて後から参照できることになる。

ルーズリーフなので、ページの差し替えができるので、情報の分類変更などが簡単にできるということになる。

続きを読む "ISOT2019 天野製作所「ソーティング・ノート」"

| | コメント (0)

ISOT2019 トキワメディアサービス「Pionero」

Isot2019_tokiwa_pionero

印刷・製本のトキワメディアサービスでは機能性ノート「Pionero」を紹介していた。

「Pionero」は、システム手帳やルーズリーフ用の複数の種類のリフィルを一冊に綴じたノートで、必要なリフィルのページをどこからでも綺麗に取り外すことができて、取り外さなかった部分はバラバラにならない特殊な製本技術を使っている。

リフィルをばらばらで持ち歩く必要がないという利点があるし、ノートの状態で書き込んでおき、後でバインダーに整理することもできる。

商品としては、いかにオリジナルのリフィルの組み合わせを作り出すかということで、つくり手の力量次第になるだろう。

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

FRAT#1 2109 ぷんぷく堂

Frat1_2019_48

街の小さな文具店でかつ一人文房具メーカーのぷんぷく堂では、競馬新聞用紙を使った「PASSPORT MEMO」を紹介していた。

競馬新聞用紙は、表面がなめらかで、両面印刷しても裏抜けしない競馬新聞用の特漉きの専用用紙で、筆記具を選ばずに使える用紙で以前からぷんぷく堂のレポート用紙を発売している。

「PASSPORT MEMO」は同じ用紙を使ったノートタイプのメモ帳となっている。

ぷんぷく堂は、一人文具メーカーだけれど、オリジナルの「あなたの小道具箱」で2017年に日本文具大賞のグランプリを受賞している実績がある。

| | コメント (0)

FRAT#1 2109 WRAPALLET

Frat1_2019_47

WRAPALLET(ラパレット)は東京の紙問屋富国紙業の紙製品ブランドということで、各種製品を紹介していた。

中でも、紙ブロックの「PALLET PAPER(パレット・ペーパー)」と「PALELET TEMPLATE(パレット・テンプレート)」に興味を持った。

PALLET PAPER」は195mmの正方形で300枚の紙ブロックで、特漉きのFSC森林認証紙「ダンデレードCoC」を使っているということだ。

この紙は、よく見ると漉き簀の跡が残るように作られていて、独特の風合いがある。この跡を付けるのは冬に作らなければいけないということで、北海道の江別の工場のOEMということだ。

続きを読む "FRAT#1 2109 WRAPALLET"

| | コメント (0)

FRAT#1 2109 神戸派計画

Frat1_2019_35

神戸発の「書く」をキーワードにした文房具ブランドの神戸派計画では、色々なサイズの方眼が選べるノート「recto(レクト)」を紹介していた。

A5のノートは1mmから8mmまでの8種類の方眼の用紙が選べる。方眼の線もある程度薄く、かつ見やすいレベルだ。その他6種類のサイズがあるようだ。

一般的にノートの方眼は、5mmが多いけれど、人によって好みの方眼があるから、選べるのはいいかもしれない。

図面を描く時には1mm方眼、文字を書く時には6mm方眼といった使い分けをすることになるのだろう。

続きを読む "FRAT#1 2109 神戸派計画"

| | コメント (0)

FRAT#1 2109 あたぼうステーショナリー

Frat1_2019_33

一人文具メーカーの「あたぼうステーショナリー」は飾り原稿用紙の新柄、ペネック、Pen4lderなどを展示していた。

自分の使いたいものを作るという基本姿勢はかわっていないようだ。

一人文具メーカーとしてのあたぼうステーショナリーは、2016年に日本文具大賞のデザイン部門で「飾り原稿用紙」でグランプリを受賞している。

一人文具メーカーは、欠品は販売機会を逸することになるし、製造ロットを多くできないし、在庫管理が大変だろう。

キャッシュフローが潤沢で、保管スペースが十分であればいいけれど、多くの場合はそう簡単に行かないだろう。

続きを読む "FRAT#1 2109 あたぼうステーショナリー"

| | コメント (0)

FRAT#1 2109 リプラグ

Frat1_2019_12_20190630145001

Re+g(リプラグ)」は広告の企画・制作のクリエータが立ち上げた紙文房具を中心としたブランドということだ。

今回は新製品のノート、キャンバス、スクラップブックの3つの機能を一冊にまとめた「Sara book」を紹介していた。

「Sara book」は左の上下に切り込みが入った台紙とゴムが付いた表紙を組み合わせて使うもので、無地、方眼、罫線などの台紙を追加できる。

ゴムで止めてあるだけなので、開閉も簡単で、自由に台紙を追加、組み換えができる。

店舗の売り場に並んでいるだけでは売れない商品になるようで、商品の特徴をどのように紹介していくかが問題になるだろう。

勝手に使い方を考えろといっても難しいので、具体的な使い方の提案をWebを使ってきめ細かくしていく必要があるだろう。

続きを読む "FRAT#1 2109 リプラグ"

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

半分に切ったキッチンペーパー

Kitchen_paper

万年筆のペン先や机の上にこぼしたインクを吸い取るのにティッシュペーパーを使うことが多いけれど、吸水量がちょっと足りない感じなので、きたきつねはキッチンペーパーを使っている。

キッチンペーパーのロールは長いので、カッターナイフで半分に切って使っている。半分にするとトイレットペーパーと同じ位のコンパクトにできて、机の上でも邪魔にならない。

トイレットペーパーは、低コストなだけで、水に溶けやすいし、盛大にパルプくずが出るので使いたくない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧