2017年5月22日 (月)

ユニ パワータンク スマートが壊れた

Uni_pt_smt_b1

きたきつねは、三菱鉛筆の「uni POWER TANK(パワータンク)」を発売以来使い続けている愛用者の一人である。

殆どがスタンダードの「uni POWER TANK」で、バードウォッチングなどの野外での利用が多い。実際、ディパックには常時何本か入れている。

1本だけ「パワータンク スマート」を使っていたが、クリップの部分で割れが入ったので、テープで補強して使っていた。写真のマスキングテープは、飾りではなく補強。

昨日、野外で使っていた時に、とうとう反対側にも割れが入り、クリップが簡単に外れるようになってしまい、使えなくなった。実際には、クリップとレフィルが飛んで、草の中から探すことになった。

続きを読む "ユニ パワータンク スマートが壊れた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

ベトナムの筆記具

Flexoffice_4

文房具の国産メーカーは海外生産を拡大しているが、中国、インドネシア、インド、ベトナムなどでも地元メーカーが力を付けてきていて、無視できない水準になってきているようだ。

例えばボールペンなどは、チップやインクの製造は難しいようだけれど、軸のデザインや生産はそれほど難易度が高くないので、多様な製品が生産されている。OEMも盛んに行われているようだ。

昨年、ベトナムの工業製品メーカーのThien Long GroupのFlexOfficeブランドのボールペンとマーカーのサンプルを貰っていたのを忘れていた。

続きを読む "ベトナムの筆記具"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

DIMEの特別付録の万年筆

Dime_nano_fp_1

今日発売のDIME7月号の特別付録が「ナノ・ユニバース」とコラボの万年筆だった。

「ナノ・ユニバース」は渋谷のセレクトショップで、今年の3月にリブランドしたのに絡めての規格のようだ。

軸の色はグレー。金属部品を多く使っているので、カートリッジなしの状態で重量は15.7グラムと重めとなっている。

キャップを軸の後ろに付けた時のバランスは、きたきつね好みだ。

インクカートリッジはヨーロッパ共通規格になっている。誌面では「この特別付録・万年筆は、ボディーを細めにしているので、太めのタイプのものや、ロングタイプは使えない」という注意書きとコンバーターも使えないという記述がある。

続きを読む "DIMEの特別付録の万年筆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

無料Webマガジン「文具のとびら」

文房具ブームが定着してきて日常的にマスコミにも取り上げられるようになってきていて、文房具にとって非常に良い環境になってきている。

そんな中で、新しく文房具の情報の無料Webマガジン「文具のとびら」が3月30日に始まった。コンセプトは「文具がもっと好きになる無料Webマガジン」ということだ。

「文具のとびら」の発行元は文房具業界紙の株式会社ステイショナーで編集長は高畑文具王ということになっている。

株式会社ステーショナーは、現在まで文具業界紙「旬刊ステイショナー」とフリーペーパー「Bun2」などの紙媒体を発行してきている。今回はWeb上による情報提供の場を広げるという試みのようだ。

Webの速報性と紙媒体では伝えきれないボリュームのある情報の掲載を狙っているのだろう。

続きを読む "無料Webマガジン「文具のとびら」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

ラジオライフ:文房具裏百科

Book_radiolife1704s

無線機、盗聴器を始め自衛隊、旅客機など盛りだくさんの裏情報が掲載されている雑誌の「ラジオライフ」の特集が「メンドウな仕事が楽になる! 文房具裏百科」だったので買ってきた。

第一特集の「最新優秀文具Best40」というのから始まるのだけれど、色々なブログから拾って来たのか最新というにはリサーチ不足で、ライターが使ったこともないのがミエミエ。

続く「100均文房具大図鑑」、本家とソックリを比較していて◯◯円お得という比較になっている。ちょっと無理がある。

第3特集は「個人情報ガード文房具」でこれはラジオライフらしい内容だ。

「凄いぞ!ハイテク文房具」、「アイデア文房具カタログ」、「ハイテクカンニングの旅」と段々と濃くなっている。

続きを読む "ラジオライフ:文房具裏百科"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

DAISO:ネイルツール

Daiso_nail_1

ダイソーでは大体文房具売場を中心に見ているのだけれど、ちょっと気分を変えてコスメの売り場を回ってみた。

ちょっと使えそうな「電動ネイルケア」、「ミニネイルアートブラシ」、「ドットペン」の3点を買ってきた。

「電動ネイルケア」は、単三電池をいれて使う回転ヤスリで、本来は爪先や甘皮を削るために使う道具だ。

文房具としては、ヤスリとしての使いみちよりは、消しゴムを着けて電動消しゴムにすることになるかもしれない。

続きを読む "DAISO:ネイルツール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

カラーインクカートリッジ

Ink_cartridge_tube

セリアの電球型容器に手元のカラーインクカートリッジを詰めてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

浦沢直樹の漫勉 ながやす巧さん

NHKの浦沢直樹の漫勉のシーズン4の第四回は漫画界のレジェンドのながやす巧さん。

ながやす巧さんはきたきつねと同年だけれど、非常に自分の仕事に取り組む真摯さは頭が下がる。

作画風景を見ていて一番気になったのは、右手の人差指を全くペンに触れずに書いていることだった。ペンを親指、中指、薬指で保持して描いている。

下書きは 三菱鉛筆の心ホールダー 芯の硬度は不明。芯を削らずに描いているのも面白い。

スミ入れは、Gペンと丸ペン 線の太さで使い分けているわけでなく、気分で使っているようだ。サクラクレパス「ピグマグラフィック」も使っていた。

ベタ塗りは、ぺんてる「筆ペン」

続きを読む "浦沢直樹の漫勉 ながやす巧さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

浦沢直樹の漫勉 清水玲子さん

NHKの浦沢直樹の漫勉のシーズン4が始まった。第一回は少女漫画の清水玲子さん。

なんど見ても第一線で活躍する漫画家の制作風景は迫力があって、圧倒される。

いつものように道具が気になってしまう。

下書きは鉛筆とシャープペンシル、線入れはカブラペンと丸ペン。インクは映らなかったので不明。

鉛筆は、三菱鉛筆のHi-uniの硬度H、鉛筆削りを使っているようだ。シャープペンシルはゼブラのカラーフライトCのローズレッドに手製のグリップを付けているようだ。カラーフライトCは6角軸で金属クリップが特徴だ。

消しゴムはトンボ鉛筆のモノゼロが出てきた。全体を消すのに使う消しゴムは見落とした。

ホワイトは、修正液のミスノン W-400を細い筆で塗っていた。筆はターレンス水彩筆(?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

GiftShow2017春:泰誠「低粘度油性ボールペン」

Taisei_pen_builder

マーカーやボールペンのOEMメーカーの泰誠のブースでは、「低粘度油性ボールペン」の組み立ての実演をしていた。

実演を見ていて思いついたのが、ボールペンの組み立てワークショップができないかということだ。

最近、観光地や商業施設などでアクセサリーや缶バッジを作るワークショップを企画している会社があるようだ。

文具店や雑貨店の店頭や子供の集まるイベントなどででボールペンの組み立てワークショップができそうな気がした。

続きを読む "GiftShow2017春:泰誠「低粘度油性ボールペン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧