2017年9月19日 (火)

9号のステープラ用つづり針

Staples_no9_1

古文具収集家のたいみちさんのコレクションの中から9号のステープラ用つづり針を送ってもらった。

9号のステープラ用つづり針は、現在使われていない規格になっている。日本でも戦後短期間9号針を使うステープラーが作られていたようだ。

以前から調べたいことがあって9号針を探していた。ブングテンでたいみちさんのコレクションにあることが分かったので、貰いたいとお願いした次第だ。

続きを読む "9号のステープラ用つづり針"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

セブンイレブン:by LoFt

Loft_carabiner_bp_1

セブンイレブンの文房具の棚の上に生活雑貨専門店「ロフト」の文房具のセットが並んでいた。セブンイレブンとロフトとのコラボレーションから生まれた新しい文具・雑貨ブランドで「by LoFt」というらしい。

以前ミニストップでスタビロの文具を並べていたけれど、同じようなコンセプトのようだ。

「by LoFt」の商品は、全てがオリジナル商品と言うわけでなく、大部分がNB商品のようだ。地域限定の商品もあるようだ。

カラビナ付きのボールペンがあったので、面白そうだったので買ってきた。三栄コーポレーションのOEM商品のようだ。

続きを読む "セブンイレブン:by LoFt"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

きたきつねの文具館

Bungukan_old

数日前twitterでステーショナリープログラムの和田さんが、1990年代に開設された文房具に関するホームページについてつぶやいていた。

きたきつねの文具館は、1996年3月にリンク中心のテストサイトを開設して、1998年8月から正式開設となっているようだ。その後、サーバーやトップページの変更などを行って現在の姿になっている。

探してみたけれど、開設当初のファイルが見つからないので、どのような状態だったか覚えていない。画像などのファイルのタイムスタンプを調べて見た限りでは左下のロゴだけが1996年3月になっているだけだった。

日本で最初にホームページが開設されたのが1992年で、ホームページが一般化するのは1995年以降からだから、きたきつねの文具館は古い方になるのだろう。

続きを読む "きたきつねの文具館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

ブングテン23に行ってきた

Bunguten23_1

東京都豊島区の雑司が谷地域文化創造館で開催されたブングテン23に参加してきた。

今年から会場の関係で年2回の開催になったのだけれど、5月のブングテン22には参加できなかったので、今回は是非参加したかった。最初は別のテーマでワークショップを開く予定だったけれど、準備が難しくなったので、以前と同じ「最適なホッチキスの針外し」にテーマを変更しての参加だった。

ホッチキスの針外し(リムーバー)はマイナーで、あまり注目されていないので、関心を持つ人は多くなかったけれど、多種多様なリムーバーに興味を持ってくれたのだ満足だった。

続きを読む "ブングテン23に行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

「刃物の日」に思う

今日は「刃物の日」

きたきつねの愛用文具の中で一番にしているコンデの「アピールカッター」は市販されなくなって久しくなっていて、今はそのコピー商品のニッケン刃物の「ペーパーナイフ ピールアンドカット」を使っている。

久しぶりにニッケン刃物のWeb Siteを見てみると、YouTubeに上げた「ペーパーナイフ ピールアンドカット」の実演映像があったので、見てみた。

「ペーパーナイフ ピールアンドカット」の本来の機能の数分の一しか使われていないのにがっかりしてしまった。

続きを読む "「刃物の日」に思う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

文房具レスキュー:uni クルトガ0.3

Kurutoga03_disc

所要で出かけた帰り道、ディスカウントストアがあったので寄ってみた。店内を巡っていると、ワゴンに三菱鉛筆のクルトガがどっさり入っていて199円の価格表示になっていた。

よく見ると、0.3ミリのシルバー軸がほとんで、ピンク軸の0.5ミリが数本混じっていた。クルトガの0.3ミリは、持っていなかったので1本だけ保護してきた。

クルトガの0.3ミリが発売された時に、なぜ0.3mmを選んだのか疑問に思っていて、売れるかなと思っていたが、ディスカウントに流れてきたということはシルバー軸に余剰在庫があるということなのだろうか。

続きを読む "文房具レスキュー:uni クルトガ0.3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

100円ショップの文房具考

きたきつねは100円ショップが大好きで、自宅の徒歩圏にダイソーとセリアができたので、週に2、3回は行っている。特に最近は貧乏になったのでさらに100円ショップ好きに拍車がかかっている。

100円ショップの商品は、初期は日用雑貨を中心だったけれど、どんどん商品の種類が増えてファッション、ホビーにまで商品の幅が広がっている。

きたきつねにとっての100円ショップの文房具は、付箋紙、テープ、用紙類などの消耗品類を中心に愛用品が多い。それと意外に変わった物を発見する喜びもある。

100円ショップの文房具は、初期はバッタ物や中国製の中小メーカーのものばかりでそれほど品質が良いわけでなかった。その後、100円ショップが店舗数が増え、メージャーになるにつれて商品の淘汰が進んで粗悪品は見られなくなってきた。

続きを読む "100円ショップの文房具考"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年7月31日 (日)

ダイソーのカーボン柄インテリアシートで測量野帳をデコってみた

Daiso_carbon_deco_1

100円ショップのダイソーのインテリアコーナーで、カーボンシート柄の塩ビシートがあったので、買ってきた。

本物のカーボンシートは高価で買えないが、フェイクでもカーボンシート柄はなんとなく先端的な印象がある。

早速、測量野帳の表紙に貼ってみた。シートには裏糊がついているので、裏紙を剥がしながら表紙に貼って隅を処理して完成。

続きを読む "ダイソーのカーボン柄インテリアシートで測量野帳をデコってみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

ふみの日の文房具柄の切手

Fuminohi2016

今日ふみの日の切手が発売になった。今回は、文房具柄ということで買ってきた。記憶では過去に文房具が切手になったことはないと思う。

やはり文房具ブームが定着したということなのだろうか。

52円切手は、「付けペン」、「テープ」,「消しゴム」、「鉛筆」、「ゼムクリップ」の5種類。

82円切手は、「洋形封筒」、「クレヨン」,「万年筆」、「色鉛筆」、「長形封筒」の5種類。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

はさみを突き返された

Hasa250_1

居間の電話機の横の筆入れに刺しておいたハサミを、かみさんが「こんな切れないハサミはいらないし、100均のハサミの方がまし」と返してきた。

実は、きたきつねもフィルムが切れないので厄介払いしたつもりだったので、残念だ。

戻ってきた理由が、きたきつねと全く同じで、パンの袋に付いている点数券を切り取ろうとすると、全く切れないのでイライラしたらしい。

このハサミも先の方でポリ袋をチマチマ切るぶんにはいいのだけれど、袋の中央にある点数券はザクっといきたいから、それは無理なことだった。

続きを読む "はさみを突き返された"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧