2017年4月23日 (日)

無料Webマガジン「文具のとびら」

文房具ブームが定着してきて日常的にマスコミにも取り上げられるようになってきていて、文房具にとって非常に良い環境になってきている。

そんな中で、新しく文房具の情報の無料Webマガジン「文具のとびら」が3月30日に始まった。コンセプトは「文具がもっと好きになる無料Webマガジン」ということだ。

「文具のとびら」の発行元は文房具業界紙の株式会社ステイショナーで編集長は高畑文具王ということになっている。

株式会社ステーショナーは、現在まで文具業界紙「旬刊ステイショナー」とフリーペーパー「Bun2」などの紙媒体を発行してきている。今回はWeb上による情報提供の場を広げるという試みのようだ。

Webの速報性と紙媒体では伝えきれないボリュームのある情報の掲載を狙っているのだろう。

続きを読む "無料Webマガジン「文具のとびら」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

GiftShow2017春:泰誠「低粘度油性ボールペン」

Taisei_pen_builder

マーカーやボールペンのOEMメーカーの泰誠のブースでは、「低粘度油性ボールペン」の組み立ての実演をしていた。

実演を見ていて思いついたのが、ボールペンの組み立てワークショップができないかということだ。

最近、観光地や商業施設などでアクセサリーや缶バッジを作るワークショップを企画している会社があるようだ。

文具店や雑貨店の店頭や子供の集まるイベントなどででボールペンの組み立てワークショップができそうな気がした。

続きを読む "GiftShow2017春:泰誠「低粘度油性ボールペン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

GiftShow2017春:mt「黒板テープ」

Mt_black_board

カモイ加工紙のデザイン加工されたマスキングテープmtは、社会現象と言っていいほど普及していて、これを真似たマスキングテープはファンシーショップや100円ショップまで浸透している。

新製品として昨年夏に発表した「黒板テープ」を展示していた。日本理化工業が2015年にマスキングテープを使った「テープ黒板」を発売しているから後発になる。

当時噂話で日本理化工業がカモイ加工紙に依頼したけれど断られたというのを聞いたけれど、チョークを扱う日本理化工業とカモイ加工紙がコラボすれば非常に面白い効果が得られるのにと思った。

なんだか残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

GiftShow2017春:ヤマト「テープノフセン」

Yamato_tapenofusen

糊のヤマトでは、「テープノフセン」(320円+税)が面白いと思った。

以前から売られている15 mm幅のメモックロールテープに専用カッターを付けたもので、筆入れやカバンに入れて持ち歩けるように考えられたものだ。

テープカッターのデザインがいい感じだ。つめかえ用メモックロールテープは3巻で340円+税なのでカッターの価格が半分以上になる感じだ。

テープカッターはマスキングテープにも使えるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

GiftShow2017春:デザイン養生テープ「YOJO TAPE」

Grapha_yojotape

カモ井加工紙のマスキングテープmtがヒットして、次々と色々なメーカーから発売され、100円ショップでも買えるようになっている。

今回、小屋女子DIYカフェのブースで工事現場で使われている養生テープに色々なデザインを印刷した「YOJO TAPE」を見つけた。

養生テープは、工事現場で塗装のマスキングや引っ越しの際の壁や床の養生に使われる緑、青、透明などの色の弱粘着のポリのテープだ。貼り剥がしができて、家具や床材などを傷めず、のり残りがないという特徴がある。

続きを読む "GiftShow2017春:デザイン養生テープ「YOJO TAPE」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

新春文紙フェア2017:オートの新製品3種

Ohto_eau

オートのブースで面白いと思った新製品は、「ノックローラー・オー[O]」、「フラッシュドライゲル/油性ソフトインク・リフィル」、「スライドクリッパー・ソフト」の3種類だった。

「ノックローラー・オー[O]」は珍しいノック式の水性ボールペンで、キャップ無しでもドライアップしない新開発のノンドライ水性リフィルを使っている。

ボールは従来からの京セラのセラミックボールを使っているので、錆びずに安定した筆記ができる。

軸の前側は真鍮製で前重心になっているのも特徴になっている。重さが40グラムを超えてちょっと重い感じがする。

続きを読む "新春文紙フェア2017:オートの新製品3種"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

新春文紙フェア2017:寿堂紙製品工業「バナナペーパー」

Banana_paper

寿堂紙製品工業では「バナナペーパー」に注目した。

バナナペーパー」は、「一本の木も切らずに、環境と貧困問題を同時に解決し、先進国でも使うことができる質の高い紙」で、バナナの茎の繊維を日本の和紙の古紙に混ぜて漉いた紙となっている。

バナナは、木ではなく一年で再生するので、森林保護につながるということだ。現在、バナナの茎の繊維は、アフリカのザンビアで生産されていて、地元の雇用も創出できているフェアトレード製品だ。

それほど大量に供給できるわけではないが、一つの商品としては面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

新春文紙フェア2017:シードの消しゴム

Seed_yogore

シードのブースでは、「ビニル素材汚れ消しゴム」、「GレーダーBK/GレーダーWT」、「はにわ&土偶ケシゴム」の新製品があった。

シードは、消しゴムを応用した家庭やオフィス向けの製品を作っているけれど、ホームセンター系での扱いは弱いようだ。

今回新製品になる「ビニル素材汚れ消しゴム」は、ビニル製の床や合皮の製品の汚れ落としを目的とした研磨剤を含まない消しゴムになる。

「ビニル素材汚れ消しゴム」は、形状が既存の「アナタス」と同じ金型を使っているようだ。

続きを読む "新春文紙フェア2017:シードの消しゴム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

新春文紙フェア2017:サンビー「keyin」と「航空機マグネット」

Sanby_keyin_1

スタンプのメーカーのサンビーのブースでは、パソコンのキーボードのキートップを模した「keyin(キー印)」と「航空機マグネット 日本の翼コレクション」に注目した。

キートップ型の浸透印で、印面はオリジナル印面をオーダーするタイプのものだ。キートップ文字はA-Zの26文字とESCの27種類から選べる。

「keyin」はサンビーが製造しているわけでなく、DESIGNROOMが企画製造販売で、サンビーが浸透印部分を供給していて代理店ということらしい。

続きを読む "新春文紙フェア2017:サンビー「keyin」と「航空機マグネット」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

新春文紙フェア2017:マグエックス「マグネットフック ゼロスライド」

Magx_zero_slide

マグネットのメーカーのマグエックスのブースで注目したのは、直径40mmのマグネットで6kgの耐荷重を実現した「マグネットフック ゼロスライド」だ。

サンケーキーコムから直径36mmで耐荷重6kgの「超強力マグネットフック(業務用)」はあるけれど、どうみても工場で使う印象のデザインで、オフィス向きではない。

その点、「マグネットフック ゼロスライド」は見た目にも使い勝手からも洗練されている。壁に着けた時の滑りを止めるために工夫を加えている。

直径30mmのものもあって、こちらは4kgの耐荷重がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧