2018年1月17日 (水)

新春文紙フェア2018:日本理化学「紙の黒板 ノートブック」

Chalkboard_note_1

ダストレスチョークやキットパスの東京理化工業の3月の新製品として「紙の黒板 ノートブック」が展示されていた。

B4、A4、B5、B6の4サイズの4種類で、開くと2倍のサイズの黒板になる。持ち運びできる黒板ということだろう。

いつでもどこでも使える黒板なので、レストランの日替わりメニューとか今流行のインスタグラムにも使えるかもしれない。

続きを読む "新春文紙フェア2018:日本理化学「紙の黒板 ノートブック」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

新春文紙フェア2018:寺西化学「GANKO ボールペンキ」

Magic_ball_paint_1

マジックインキやラッションペンの製造販売している寺西化学工業は、最近耐光性、耐水性、耐摩耗性のペイントを使って鉄板やコンクリートなど工事現場での利用をターゲットに産業用の筆記具ブランドの「GANKO」シリーズを展開している。

今回、面白いと思ったのは「GANKO ボールペンキ」だ。ペン先に金属チップと金属ボールのボールペンになっていて、従来のフエルトのペン先に比べ耐摩耗性がある。

耐光性、耐水性のある水性インクを使っているのも特徴になるだろう。

続きを読む "新春文紙フェア2018:寺西化学「GANKO ボールペンキ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

新春文紙フェア2018:呉竹「白筆ペン」

Zug_cartoonist_white_

呉竹では、新製品として「ZIG Cartoonist 白筆ペン」を紹介していた。

イラストのハイライト用に白の水性顔料インクを使った筆ペンだ。他の筆ペンと同様カートリッジ式になっている。

このペンは、もともと呉竹の関連会社の株式会社 東山(旧:東山工業株式会社)が「墓石筆ペン」の白の筆先を極細にしたものだ。

墓石筆ペンの白をイラストレーターが使っていことから呉竹のマンガ用品として発売することになったようだ。

墓石筆ペンを始めてみた時に面白いものがあるものだとしか思っていなかったのは、考えが甘かった。反省!

続きを読む "新春文紙フェア2018:呉竹「白筆ペン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

新春文紙フェア2018:OHTOのガチャックの進化

Bunshi_ohto_gacha_1

OHTOのブースでは、1月発売のガチャックの新製品に注目した。

ガチャックは1981年の発売以来オフィスで紙とじの定番となってきたが、綴ることのできる紙の枚数によってクリップ(ガチャ玉)に大中小の3種類あって、それぞれ専用のガチャックが必要だった。

新製品の「3WAY GAHCHACK」は、従来3種類必要だったガチャックが一台のガチャックで3種類のガチャ玉が使えるというものだ。

既存のガチャ玉は、3種類それぞれ大きさが違うので使えないので、新しく同じ幅で綴る厚さの違うガチャ玉を作りそれを使えるようにしたということになる。

続きを読む "新春文紙フェア2018:OHTOのガチャックの進化"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

新春文紙フェア2018

今年最初の文房具の見本市の新春文紙フェアに行ってきた。初めての出展もあって昨年よりも5社多い56社が参加していた。

会場は、柳橋の共和会館の1階から5階の5フロアーで展開されていた。

昨年の見本市などで知っているものもや発売済みの商品もあったけれど、春発売の新製品にも出会うことができた。

プレスリリースや業界紙だけではわからない情報も直接話を聞くことができて有意義だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

2017年Bun2大賞

Bun2_2017_12

つくば市の書店で文房具情報のフリーペーパー「Bun2」の12月号を貰ってきた。

今号はBun2が毎年実施しているあなたが選ぶベスト文具「2017年Bun2大賞」の投票結果が掲載されていた。

ISOTで今年も日本文具大賞が選ばれているけれど、こちらはメーカーがエントリーした商品を選考委員会が選んでいる。選定された商品は業界の視点が強くなる。

Bun2大賞の場合は、Bun2に掲載された商品の中から読者ハガキなどをもとに選んだ45 点をノミネートして、その中から読者の投票で選ぶということになる。

そのため選ばれた商品はユーザーの視点によるもので、実際の市場の好みが反映されているのだろう。

続きを読む "2017年Bun2大賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

ラピスラズリの岩絵具を作ってみた

Bunguten25_12

ブングテン25に初参加の文具と雑貨の店トナリノさんのワークショップ「岩絵の具をつくろう&プチ日本画体験」に参加してみた。

いつもは自分でワークショップを開いているので、面白そうなワークショップになかなか参加できなかったけれど、今回は一般参加なので初めてワークショップに参加できた。

ワークショップ向けに開発した道具で粗粉砕したラピスラズリを三段階で細かく粉砕していくのだけれど、

続きを読む "ラピスラズリの岩絵具を作ってみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

ブングテン25に行ってきた

Bunguten25_1

東京豊島区の雑司が谷地域文化創造館で開催された文房具ファンが独自開催の「ブングテン25」に行ってきた。

同時に第7回OKB48総選挙の握手会も開催されていた。

ブングテンも少しづつ認知されてきたので、参加者が回を追うごとに増えてきている。

普通の文具店では見かけることのない珍しい文房具を見て情報交換したり、手作りのワークショップに参加したりして一日楽しめるだろう。

たい木木(たいみち&木木屋)さん達は「文具の版のぺたぺた会」では、古い文房具の広告やカタログに使った木版や金属の版にインクを着けて押すワークショップもにぎわっていた。

続きを読む "ブングテン25に行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

ゼブラ創業120年の筆記具展

Moriichi_zebra120_1

東京にでたついでに京橋の文具店「モリイチ」の二階のギャラリースペース八重洲文具室で開催中の「ゼブラ創業120年の筆記具展」を見てきた。

会期が10月28日までなので滑り込みセーフ。

会場には中間テストを終えた中学生の二人組と大学生が一人が中央のテーブルでなにやら作業をしていた。

会場で「見える見える」のゼブラクリスタルなどの懐かしいテレビCMが放映されていて非常に懐かしかった。昔は文房具、特に筆記具のテレビCMが沢山あったような記憶があるのだけれど、記憶違いかな。

続きを読む "ゼブラ創業120年の筆記具展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

ベトナムのFlexOfficeブランドのボールペン

Flex0ffice_bp_2017

今年の5月にベトナムの工業製品メーカーのThien Long GroupのFlexOfficeブランドのボールペンとマーカーを紹介した。

7月のISOT2017でも新しいサンプルを貰っていたけれど、整理できていなかった。ようやく文字サンプルを作ることができた。

使ってみたけれど、油性ボールペンはきたきつねの好みの滑らかさだった。

続きを読む "ベトナムのFlexOfficeブランドのボールペン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧