イベント

2019年11月17日 (日)

ブングテン29に参加しました

Bunguten29_2

雑司が谷地域文化創造館の音楽室で開催されたブングテン29にワークショップで参加してきた。

文房具好きが集まりって共同開催するブングテンは2011年1月の第1回から会場を変えながら今回で9年目の29回になる。ここで知り合った仲間も多い。今回は初参加が二組もあって、さらに仲間が増えてきた。

ワークショップを実施していたので、他の展示をじっくりと見ることができず、同時開催のOKB48選抜総選挙握手会には行くこともできなかった。

準備中に一周りして、今回の一番はたいみちさんの「文房具のカタログや資料の展示」で明治から昭和の文房具のカタログや業界紙などが展示されていた。

一番古い資料は1901年のH.S.CROCKER COMPANYのカタログで、118年前のものだ。じっくり見ることができなかったけれど、今ある文房具のほぼ全てのものが100年前から存在してるのが分かって興味深い。

続きを読む "ブングテン29に参加しました"

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

ブングテン29でワークショップを実施します

Bunguten29_workshop

東京の雑司が谷地域文化創造館で11月17日に開催されるブングテン29にテープ剥がしのワークショップをします。是非いらしてください。

ブングテンは2015年まで年四回だったのですが、会場の関係で2016年から年二回になって4年、文房具好きの仲間と会える数少ない機会です。

今回は初出展の仲間もいて非常に楽しみです。

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

三菱鉛筆uni商品研究会 特別展示2019 in 品川

Uni_limex

大井町の三菱鉛筆株式会社の本社で「uni商品研究会」に行ってきた。例年は有楽町の交通会館での開催だけれど、本社の方がスタッフの負担が少ないだろう。

年一回の商品研究会は、発売前の新製品や参考出品などを手にとって見ることができるいい機会になる。

今回は、きたきつねの以前から考えていたことが、間違いでないことがわかったのは収穫だった。

これまでにない製品としては、株式会社TBMの石灰石とポリオレフィン樹脂でできた素材「LIMEX(ライメックス)」とコラボした軸を使ったボールペンが発売されるということだ。

LIMEXは、石灰石50%を含んだポリオレフィン樹脂で構成された素材で、製造工程で水を使わず、プラスチックを50%削減できるエコな素材ということだ。

LIMEXは、炭酸カルシウム80%、高密度ポリエチレン20%の台湾のロンミンのストンペーパーと全く違った素材で、比重が軽く、印刷適性に優れていて、特許が成立しているということだ。

続きを読む "三菱鉛筆uni商品研究会 特別展示2019 in 品川"

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

UFUの紫外線硬化接着剤「LED-Light Booster」

Uhu_booster

8月29日から始まった「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2019」のステッドラーのブースで、国内総代理店として発売を初めたドイツの接着剤メーカーUHU GmbH & Co. KG(ウフ)接着剤を紹介していた。

その中で発売予定の紫外線硬化接着剤「LED-Light Booster」を紹介していた。

ポリマーの容器に入った液体状の接着剤と容器の後部に取り付けられている紫外線LEDライトが組み合わされた製品で、使用時は紫外線LEDライトを外して使うようになっている。

紫外線硬化型の接着剤は、国内でも何種類か発売されていて特別なものでなくなってきているが、「LED-Light Booster」は単純な紫外線硬化接着剤ではないようだ。

「LED-Light Booster」がこれまでの紫外線硬化接着剤と違う点は、不透明なプラスチック、金属、木材、セラミックなどの接着が可能ということらしい。

当たり前かもしれないけれどPE、PP、およびPTFEは接着できない。もちろんパテや充填剤としても使える。

続きを読む "UFUの紫外線硬化接着剤「LED-Light Booster」"

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

Charles M. Schulzの筆記具

Schulz_peanuts_1

先週、東京スカイツリーに行ったときに展望デッキと展望回廊で「FIRST BEAGLE IN SKYTREE® ! -アストロノーツスヌーピーと宇宙を知ろう-」が開催されていた。

スヌーピーはアメリカのコミック「ピーナッツ(PEANUTS)」でチャーリー・ブラウンの飼い犬で、作者は故Charles M. Schulz(1922-2000)で日本でもファンが多い。

展示物を見ていたところコミックの原稿(複製)と筆記具が展示されていた。

下描きを青インクで描いていたようだ。

続きを読む "Charles M. Schulzの筆記具"

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

恐竜研究者のフィールド・ノート

Fieldnote_1964_dino

国立科学博物館で開催中の特別展「恐竜博2019」の展示の中に恐竜研究者の化石発掘時に描いていたフィールド・ノート(野帳)が2冊みつけた。

フィールド・ノートは、普通見ることができないものなので、写真撮影可能なものは記録することにしている。

展示されているフィールド・ノートは、B6サイズくらいでコクヨの測量野帳よりも大きめで、用紙は5mm方眼のようだ。

一冊目は大きな鋭い鉤爪を持った恐竜ディノニクスの発掘調査隊のリーダのグラント・マイヤー博士が1964年に描いたフィールド・ノート。ディノニクスの左足化石の産状のスケッチのページが開いてあった。。

二冊目は、古生物学者ジョン・オストロム博士が1965年に描いたフィールド・ノート。ディノニクスの共食いの可能性を示す化石をスケッチしているページ。

続きを読む "恐竜研究者のフィールド・ノート"

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

レザーでチタンの印鑑を彫る

Isot2019_laser_stamp

文房具ではないけどISOT2019で見てすごいと思ったのは、モテギのチタンの印鑑をレザーで彫刻する装置だった。

チタンを彫るのは難しいと聞いていたけれど、どんどん技術が進歩していることに感心することしきり。

値段もずいぶん安くなってきているようだ。

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

キングジム・フェア

Kingjim_fair2019

キングジム・フェアが開催されていたのは知っていたけれど、行ったことがなかった。

久しぶりに秋葉原散策を兼ねて行ってきた。

ベルサール秋葉原入り口の前には、ペンモ、ショットノートなど在庫処分のワゴンセール。

会場内は、現行品を20%OFFのお得な価格で展示・販売していた。

特に新製品の紹介する場ではないようで、在庫処分の特価品が欲しいとき以外は、時間があればいく程度よかったようだ。

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

夏の文紙フェア2019 タカクラ印刷「Piani」

S_bunshi2019_takakura_1

糊・粘着加工が得意なタカクラ印刷では箔押し転写シート「Piani」を紹介していた。

「Piani」は、パターンだけでが転写されるので、シールと違い透明の部分が残らないので、書き込みができるのが特徴になる。

箔押し転写ということで、図柄は11種類あり、全てメタリックカラーで、ゴルド、パープル、ブルーなど6色提供されている。

転写部分は非常に薄くスケジュール帳などに貼っても厚みがでない。

 

続きを読む "夏の文紙フェア2019 タカクラ印刷「Piani」"

| | コメント (0)

夏の文紙フェア2019 ステッドラー日本「トリプラス」と「シャープペンシル925」

S_bunshi2019_staedtler_1

ドイツの筆記具メーカーのステッドラー日本では、鉛筆、色鉛筆、ボールペン、マーカーなどの筆記具を紹介していた。

三角軸のカラーマーカーの油性の「トリプラス パーマネント」を新発売、従来の水性の「トリプラス ファインライナー」、「トリプラス カラーペン」に新色を追加して、価格も150円から100円に値下げしたということだ。

店舗ではまだ旧価格のところもあるようだ。一時ユーロ高になった時に値上げしたままだったので安くなって競争力がでてくるだろう。

シャープペンシルの925シリーズに「925 15」を追加していた。アルミ軸の「925 25」を除き、プラ軸のシリーズは全てのノックカバーに窒息防止穴が付いたということだ。

続きを読む "夏の文紙フェア2019 ステッドラー日本「トリプラス」と「シャープペンシル925」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧