2018年7月22日 (日)

夏の文紙フェア2018:OHTO「bloom 3 IN 1」

Ohto_bloom_3in1_1

OHTOの新製品の中で一番気になったのは、「bloom 3 IN 1」はシックなカラーの細軸の多機能ペンだ。

多機能ペンが各社から発売されているけれど、「bloom 3 IN 1」のような軸の直径が8.4mmで油性ボールペン黒・赤、シャープペンシルの3種類の多機能ペンはなかったのではないだろうか。

軸の素材は真鍮で、適度な重量感と剛性がある。軸が細いので、レフィルは金属軸の4C規格となっている。

軸の色は4色で、価格は定価2,500円(税抜き)ということだ。

細いけれど適度な重量感があって使いやすい印象だった。

続きを読む "夏の文紙フェア2018:OHTO「bloom 3 IN 1」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

夏の文紙フェア2018:「3M コマンドフック 壁紙用」

3m_command_fuck_wall_1

壁に傷を付けずにしっかり貼れてきれいには剥がせる3M(スルーエム)のコマンドタブ関連商品は優れた商品だけれど、表面がザラザラした壁紙には上手く粘着できなかった。

表面がザラザラした壁紙に使える「コマンドフック 壁紙用」がでるということだ。

原理としては、幅の広い透明な粘着シートを使い壁紙との粘着面積を大きくすることで粘着力を稼ぐというものだ。

フックの耐荷重は500グラムとなっている。

もちろん透明粘着シートもきれいに剥がすことができるらしい。

続きを読む "夏の文紙フェア2018:「3M コマンドフック 壁紙用」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

夏の文紙フェア2018:「スコッチ 速く接着する工作のり」

3m_paste_1

住友3Mでは紙同士を10秒で接着できる新しい紙工作用のり「スコッチ 速く接着する工作のり」(20グラム入り)を紹介していた。

アクリル樹脂系の液状タイプののりで、見た目は木工用ボンドと同じ白いエマルジョンで、乾くと透明になる。

一番の特徴は10秒で実用強度がでるので、乾くまで待たなくて良いことで、10秒あれば位置の微調整も可能だ。

紙用だけれど、一方が紙であれば、牛乳パック、ガラス、PETボトル、金属、皮革、ゴムなどと接着できるということだ。

ダンボールとPETボトルを接着したサンプルが置いてあった。PETボトルには水が入っていて、工作用としては強度があるようだ。

続きを読む "夏の文紙フェア2018:「スコッチ 速く接着する工作のり」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

夏の文紙フェア2018:OLFA「キッター」

Olfa_kitta_1

今回の文紙フェアで一番の新製品はOLFA(オルファ)の子供向けカッター「キッター Kids-cutter」だと思った。ISOT2018の日本文具大賞の機能部門グランプリを受賞したのはうなずける。

子供や刃を折るのが怖い人が安全に使えるカッターナイフという問いに出したOLFAの答えがこれだ。

キッターは、カッターナイフ本体と専用のスタンドのセットで、一見したところ普通のカッターに見えるけれど、違いは中の刃にある。

刃が、特殊な構造でプラスチックのカバーに覆われていて、使い始めは刃が全く出ていない。だから刃を交換する時に安全に交換できることになる。

続きを読む "夏の文紙フェア2018:OLFA「キッター」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

文具知識能力検定問題集Ⅶ

Bunken_7

都合が悪くて今年のISOT2018に行くことができなかった。ISOTの第1回から28回まで連続参加記録が29回で切れてしまった。

今回のISOT会場で「文具知識能力検定問題集Ⅶ」(864円)が発表・発行になった。

直後に手に入れることができなかったけれど。ようやく入手できた。

文房具ブームが広がっていることから、文具知識能力検定を受験する人が増えているということで、問題集へのニーズも高いようだ。

「文具知識能力検定問題集」はこれまで第6号まで発行されていて、初期はモノクロ印刷だったけれど、第4号からカラーになっている。

今回の第7号は、第1号から3号までを再編集し、さらに新しい問題を加えた総合版になっている。

続きを読む "文具知識能力検定問題集Ⅶ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

ブングテン26 たいみちさんの「変なアンティーク・ヴィンテージ ホッチキス」

Timichi_stapler_1

ブングテンを主催している輸入・廃番文房具コレクターのたいみちさんが展示していた「変なアンティーク・ヴィンテージ ホッチキス」は、興味深いものばかりで驚きだった。

特に、全く見たこともないものを中心に写真を撮らせてもらったので、紹介したい。

これまで全く見たことがなく、想像を絶する面白い使い方のステープラーがあった。

見た目はプライヤータイプに見えるのだけれど、針は見えないし、紙を挟んでも何もできない。

続きを読む "ブングテン26 たいみちさんの「変なアンティーク・ヴィンテージ ホッチキス」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

ブングテン26総ざらい

自分もワークショップをするので、始まってからは他の出展内容を見ることができないから、準備を終えた会場を回ってみた。

プログラム順に紹介してみたい。

Bunguten26_5

文具プランナー 福島槙子さんの「マステ持ち歩き帳をつくろう&世界の“ねこ文具”展示」のワークショップと展示。

マスキングテープを貼るのに剥離紙を使うというアイデアは面白い。世界の猫をデザインした文具、切手など猫好きは多いので沢山あって、何でもそうだけれど、集め始めると際限がなくなって、収納場所が大変だろう。

続きを読む "ブングテン26総ざらい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

ブングテン26に参加してきました

Bunguten26_1

東京都豊島区の雑司が谷地域文化創造館で開催された「ブングテン26」にワークショップで参加してきました。

回を重ねる度てきたので、知名度が上がり、参加者が徐々に増えてきていている感じで、開場前に待っている人がでてきました。

最後まで人が途切れることなく、ワークショップも多くの参加者がいたようです。

きたきつねのワークショップにも予想以上の方が参加してくれました。やはり人がたくさん来てくれると楽しいものです。

きたきつねの文房具日記を見てくださっている方ともリアルで会うことができました。

続きを読む "ブングテン26に参加してきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

ブングテン26でワークショップをします

_26

雑司が谷で2011年に始まったみちくさ市ブングテン」の第26回が6月17日に開催されます。
きたきつねの文具館もワークショプで参加することにしました。
ワークショップの内容は、測量野帳の表紙を木目に着せ替えするというもので、一度経験すると色々と応用できるようになるでしょう。
日時:6月17日(日) 11:00-16:00 ※雨天決行
場所:雑司が谷地域文化創造館
東京都豊島区雑司が谷3-1-7 千登世橋教育文化センター内 (所在地等)
第2練習室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

皇女和宮の雛かざりの中の文房具

Kazu_hina_shihou_0

国立歴史民俗博物館の所蔵の皇女和宮のお雛様の雛飾りの中にミニチュアの文房具があった。

皇女和宮は幕末14代将軍徳川家茂に降嫁したことで知られていて、雛人形を多く所持されていたらしい。

その中の一部が国立歴史民俗博物館に収められていて、毎年春に特別展示されている。

雛飾りは、数センチの精巧なミニチュアで80点ほどあるが、その中に文房具があったので、撮影してきた。

続きを読む "皇女和宮の雛かざりの中の文房具"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧