2019年6月24日 (月)

カプセルトイ:クロマトアート

Gacha_chromato

立ち寄った先にあったガチャポンにサイエンスエンターテイメントのペンで描いた絵に水をたらすと、いろいろな色が現れる「クロマトアート」があった。

サイエンスエンターテイメントは、「クロマトアート」の他「水耕栽培」、「UVビーズ」などのカプセル入りの科学実験遊びのガチャを造っているようだ。

「クロマトアート」は、吸着力の違いにより成分を分離するペーパークロマトグラフィーの原理を使ったもので、インクの中の色素が紙の上で分離する模様を楽しむことができるおもちゃだ。

染料系の水性インクとコーヒーのフィルターペーパーがあればインクの色素成分を目で見えるようにできる。

同じ名称のインクでもメーカーによって使われている色素が違うのがわかるので、インク沼の住人は試して見る価値があるだろう。

子供向けだけれど産業総合研究所のサイトに簡単なペーパークロマトグラフィーの方法がある。

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

Seria:オリジナルボールペンとシャープペン その2

Seria_original_pen_6

セリアのオリジナルペンの口金について書くのを忘れていた。

ペン軸と透明パイプの間に紙を描いたり印刷したものを入れるための隙間がある。そのため、組み立てる時にうまくずれないように口金を締める必要がある。

オリジナルペンの口金は、透明パイプに当たる部分が丸く加工してあって、口金をペン軸にねじ込むと透明パイプの中心が出るようにできている。

口金のパイプに当たる部分をパイプの内径と同じにしても良いけれど、その場合加工精度が求められる。丸くすることで加工精度が少し悪くても問題なく組み立てられるので、非常に良くできていると思う。

続きを読む "Seria:オリジナルボールペンとシャープペン その2"

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

Seria:オリジナルボールペンとシャープペン

Seria_original_pen_1

Seriaの文房具コーナーでみつけた新製品の「オリジナルボールペン」と「オリジナルシャープペン」。

これはペンの軸が二重になっていて、外側の透明な軸の下に好きなキャラクターの絵や柄の紙を入れることでオリジナルの筆記具を作ることができる製品になる。

パッケージの中に作り方と入れることのできる紙のサイズ見本があって、簡単に作れるようになっている。写真やマスキングテープを使っても面白いと思う。

軸の内径が太いので、ちょっと加工すればゲルボールペンのリフィルも入れることができそうだ。

続きを読む "Seria:オリジナルボールペンとシャープペン"

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

半分に切ったキッチンペーパー

Kitchen_paper

万年筆のペン先や机の上にこぼしたインクを吸い取るのにティッシュペーパーを使うことが多いけれど、吸水量がちょっと足りない感じなので、きたきつねはキッチンペーパーを使っている。

キッチンペーパーのロールは長いので、カッターナイフで半分に切って使っている。半分にするとトイレットペーパーと同じ位のコンパクトにできて、机の上でも邪魔にならない。

トイレットペーパーは、低コストなだけで、水に溶けやすいし、盛大にパルプくずが出るので使いたくない。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

DAISO:定規のマスキングテープ

Daiso_mt_rule_1

定規を印刷したマスキングテープを見つけると買うようにしているのだけれど、ダイソーのマスキングテープに定規を印刷したものが3種類追加されたので、使い勝手がよさそうなごく普通のデザインのテープを買ってきた。

この定規のマスキングテープは、野帳やバインダーに貼って野外調査の時、対象物の横に置いて写真を撮ったり、買い物に行った時に、小物のサイズを測ったりするのに使っている。丸いものや不整形のものの寸法を測るのに使っても良いだろう。

mm単位で使う分には十分な精度あるようだ。

続きを読む "DAISO:定規のマスキングテープ"

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

ゲルボールペンのリフィルのパイプの断面

Gel_ballpen_refill_pipe

ゲルボールペンの軸とリフィルの着せ替えで遊んでいる。だからきたきつねの筆立てに立っているゲルボールペンは、軸とリフィルが入れ替わっていてグチャグチャになっている。

リフィルの外形寸法はJIS規格で作られているので、同じ規格を採用したメーカーの軸は交換可能なのだからこんな遊びができる。

リフィルをみていると、ボールの径の違いによってパイプの内径が違うものがあるのに気がついた。

手元にあるリフィルをボール径とパイプ内径を可視化してみた。0.3mmには0.28mm、0.4mmには0.38mmが含まれている。

きたきつねは、ゲルボールペンは細書が好みなので、太いものが少ない。また、パイロットのゲルボールペンのリフィルは他社と違う規格なので持っていないので、比較できなかった。

続きを読む "ゲルボールペンのリフィルのパイプの断面"

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

SERIA:注入器と先細ピンセット

Seria_craft_tweezers_injector_1

セリアはクラフト系の商品に力を入れていて、次々と新商品が追加されている。ダイソーもクラフトにも力を入れ始めているけれど、セリアに比べるとちょっと外している感じがある。

100円といっても仕事でつかうのではなく趣味で使う範囲やお試しでつかう分には十分な機能をもっている。

注入器は、紫外線硬化レジン(UVレジン)をシリコンモールドの細かな部分に注入する道具で、注射針の代わりに先がプラスチックになっている。針と注射器が一体になっているので、強く力を入れて針が飛ぶようなことはない。

この注入器は、万年筆のカートリッジやコンバーターにインクを注入するのに使えるのではいかということで買ってきた。

続きを読む "SERIA:注入器と先細ピンセット"

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

「インクが長持ちするボールペン」のリフィルをゲルボールペンの軸に入れてみた

Writo_meter_refill_1

「インクが長持ちするボールペン」のリフィルを見ていたら、長さは違うけれどペン先周辺と太さがゲルボールペンにリフィルに似ているので、国産のゲルボールペンの軸に入れられないかと思いついた。

どちらかというとパイロットのリフィルに近いようだけれど、ペン先のチップの径は2.3mmと三菱鉛筆、ゼブラ、ぺんてる、プラチナ、OHTOなど多くのメーカーのものと同じになっている。

長さが、118mmと多くのメーカーの111.5mmよりも6.5mm長くなっている。ということはリフィルの長さを短くするだけで使えるのではないかということで、加工してみた。

続きを読む "「インクが長持ちするボールペン」のリフィルをゲルボールペンの軸に入れてみた"

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

油性ボールペンのリフィルをゲルボールペンの軸に入れる

Oil_to_gelbp_1

国産の油性ボールペンのリフィルは、多くの場合外径が3.0mm(+0.2mm、-0.1mm)が多く、ゼブラのスラリのように4.0mmのものも少数ある。長さはノック式で98.2±0.3mmになっている。

ゲルボールペンのレフィルは、国産で一番太いもので、外径6.1mm±0.15mm、細いもので5.5mm±0.15mmになるから、油性ボールペンのリフィルを外径をおおよそ6mmにすれば実用上は使える。長さは111±2mmになる。

リフィルの太さ変換には、ホームセンターで手に入る内径4mm✕外径6mmの塩ビ透明チューブと内径3mm✕外径6mmの耐油塩ビチューブが使える。

これらのチューブは、量り売りで10cm単位で購入することができて安価だ。

ノック式油性ボールペンの太さ変換方法を基本にすれば応用できるだろう。

続きを読む "油性ボールペンのリフィルをゲルボールペンの軸に入れる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

ミドリの「パッとメモ」を作る

Patto_memo_1

ミドリから新しいページがすぐに開くことのできる新しいリングメモの「パッとメモ」が発売された。

「パッとメモ」はリングノートの側面を糊付けしてあって、メモを書いたら1ページはがすことで、次に使う時に新しいページが直ぐに開くことができるという。

メモの側面を糊付けするというシンプルな方法というのは非常に優れたアイデアの製品だと思う。

シンプルな方法ということは、簡単に自作できるということでもある。

ということで、手元にあったToDo Listがあったので「パッとメモ」を自分用に作ってみた。

続きを読む "ミドリの「パッとメモ」を作る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧