カスタマイズ

2021年2月21日 (日)

Seria:電動ネールケアーセット

Seria_elec_nail_care_3

久しぶりに100円ショップでの買い物で失敗してしまった。

セリアのコスメコーナーで「電動ネールケアーセット」があったので、文房具をカスタマイズするときの回転ヤスリとして使えないかと思って買ってみた。

早速電池を入れようとして、電池ケースがネジ止めされていて、ドライバーが必要というところで不安になった。

新品のアルカリ電池をいれて、動かしてみたところ、一番小さなヤスリではなんとか爪を削ることができたが、完全にパワー不足で少し負荷がかかると止まってってしまった。

一番大きなヤスリなどはものに触れると止まってしまった。

続きを読む "Seria:電動ネールケアーセット"

| | コメント (0)

2021年2月19日 (金)

Can★Do:オリジナルボールペン

Cando_orig_bp_1

キャンドゥの「オリジナルボールペン」は透明軸の中に好きなデザインや手描きの絵柄の紙を入れて世界に一つのボールペンを作るためのキットだ。

この種の筆記具がこれまでもあるけれど、それほど流行したというものは無かった。

そういえば2003年にZEBRAからこの「オリジナルボールペン」と同じような「X-MODE(クロスモード)」というボールペンとシャープペンシルが発売されたの思い出した。

「X-MODE」は、付属の柄が印刷されたパイプを使うか、当時普及し始めたインターネットから図柄をダウンロードして印刷したものを軸に貼って使うという新しいコンセプトの筆記具だった。

図柄をダウンロードするとか1本1,000円という値段もあって、あっという間に廃番になってしまった。

最近はマスキングテープやシールなど多様な素材が簡単に手に入るようになっているので、カスタマイズのハードルは下がっているから、作る人はいるのだろう。

続きを読む "Can★Do:オリジナルボールペン"

| | コメント (0)

2021年2月 2日 (火)

DAISOのブックカバーをぴったりサイズに加工する

Daiso_book_cover_1

冬はカモメのシーズンなので新しく購入したカモメの識別図鑑を野外に持ち出す前にブックカバーを着けることにして、ダイソーでA5用の塩ビのブックカバーを買ってきた。

ぴったりサイズかと思っていたが、随分大きいし、上の部分が空いているので、使いづらい。

仕方がないのでサイズを調節することにした。布のブックカバーであれば縫い縮めることができるけれど、溶着した厚みのある塩ビシートを縫うわけにもいかず、接着も難しい。

仕方がないので、以前クリアーブックのポケットの溶着で上手くいったハンダゴテを使う方法を試してみることにした。

用意したのは、25W のハンダゴテ、板2枚、半透明のクッキングシート、油性マーカー。

続きを読む "DAISOのブックカバーをぴったりサイズに加工する"

| | コメント (0)

2020年12月24日 (木)

測量野帳を輪ゴムの栞を付けてみた

Field_note_bookmark_2

きたきつねはバードウォッチャーなのでフィールドで鳥の記録をとるのに測量野帳を愛用している。

野帳を使っていると、移動しながら鳥を見つけてはポケットから野帳を取り出し、書き込むページを開くのがとても面倒なのだ。

ペンを挟んだりするのだけれど、そうすると野帳が膨らんで傷んでしまう。布の栞もいいけれど、引き出すのが面倒だった。

輪ゴムを栞の代わりに使ってみるとこれが非常にいい感じなので、現在も使い続けている。

輪ゴムをマスキングテープで固定するだけで、非常に簡単なのだけれど、止める位置が重要なのだ。

続きを読む "測量野帳を輪ゴムの栞を付けてみた"

| | コメント (0)

2020年12月10日 (木)

コンデジ用の小型忍者レフを作る

O_ninja_ref_1

ガラスのケースの中をデジカメで撮ろうとすると、周りの照明や背景、自分の手やカメラが写り込んでしまうことがある。

ガラスへの映り込みを防ぐことのできる忍者レフというのが市販されている。

きたきつねも自動車の窓用のシェードを使って忍者レフを自作して、夜景や飛行機の窓から撮影に使っている。

忍者レフは非常に良いのだけれど値段が高いのと、一眼ミラーレスや一眼レフを使うためなので携帯するには大きめになっている。

きたきつねは外出時はコンパクトなコンデジを使っているので市販の忍者レフは、コンデジで使うのには大きいし、使う時に目立ってしまう。

そこでちさなバックに入れて持ち運べるコンパクトな忍者レフを作ってみた。

続きを読む "コンデジ用の小型忍者レフを作る"

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

DAISO:mtリメークシート

Daiso_mt_remake

ダイソーのリフォームコーナーにカモ井加工紙の「mt REMAKE SHEET」(300円)が入荷していた。

ダイソーやセリアのリメークシートは、きたきつねがノートや野帳、筆立て、小箱などの着せ替えによく使っている。

リメークシートは、簡単に切ることができ、貼り剥がしができるのが特徴で、大きさが45cm×90cmとか15cm×200cmなどのサイズが有り非常に便利な素材だ。

「mt REMAKE SHEET」は27cm×90cmの大きさの大きなマスキングテープの技術を応用したもので、厚みがあって隠蔽性も高いので雑貨のリメークに便利なようだ。

「mt REMAKE SHEET」は40種くらいの柄の展開があるようだけれど、ダイソーの店舗によって柄の展開は異なるようだ。

2店舗回ったけれど、一ヶ所は15種ほど、もう一店舗は30種ほどだった。小規模店舗だと置いていない可能性もある。

| | コメント (0)

2020年11月29日 (日)

DAISO:「デザインカラーゴム」と「ピタッとゴムメーカー」でブックバンドを作る

Daiso_rubber_band_1

ダイソーの手芸コーナーに15mm幅のゴムバンドの「デザインカラーゴム」と「ピタッとゴムメーカー」があったので買ってきた。

以前は幅の細い下着用やマスク用のゴム紐しかなかったけれど、最近弁当箱をとめるためのゴムバンド用に「デザインカラーゴム」と「ピタッとゴムメーカー」が追加された。ゴムバンドの色は青と赤しかないけれど、売れ行き次第では他のデザインのものも増えるかもしれない。

「デザインカラーゴム」と「ピタッとゴムメーカー」を使ってブックバンドを作ることにした。

ブックバンドと言っても弁当箱用のゴムバンドと同じなので特別なことはなにもない。

続きを読む "DAISO:「デザインカラーゴム」と「ピタッとゴムメーカー」でブックバンドを作る"

| | コメント (0)

2020年11月23日 (月)

SERIA:モニター用小物テーブル

Moniter_table_1

最近は新型コロナの第3波の気配で、遠出は避けて近所のダイソーとセリアばかり。

セリアのクラフトコーナで「モニター用小物テーブル」を見つけたので、買ってきた。

机の上が混雑気味なのでiMacの上も活用することにした。

モニターの裏側の形状に上手く対応するように、角度の微調整もできるように調節ネジがついている。

透明なので目立たないし、非常によくできている。マスキングテープでデコレーションすることもできる。

続きを読む "SERIA:モニター用小物テーブル"

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

ゲルボールペンの互換性に関するまとめ

ゲルボールペンのリフィル(替芯)にもJIS規格があって、同じ規格のリフィルはメーカーが違う本体(軸)に入れて使える。

国産メーカーではパイロットが独自規格を採用しているので、それ以外のメーカーのゲルボールペンのリフィルはほぼ互換性があるので、好みのインクのやボール径のリフィルを使いやすい本体に入れて使える。

きたきつの机の上の筆立てに入っているゲルボールペンは本体とリフィルのメーカーが殆ど違ってしまっている。

ボールペンレフィル(替え芯)互換表(2009年4月 7日)
エラベルノのレフィルを見ていたら(2017年11月 2日)
エラベルノのレフィルを見ていたら その2(2017年11月 3日)
軸とレフィルがグチャグチャのゲルボールペン(2017年11月 8日)
ぺんてるエナージェルのレフィルをエラベルノに入れる(2017年11月12日)
無印良品:詰め替えるペン。(2019年1月28日)
ゲルボールペンの軸はカスタマイズに適している(2019年2月 6日)

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

ボールペンのリフィルの改造についてのまとめ

油性ボールペンはJIS規格が古くからあるのでリフィル(替え芯)の規格が統一されていてメーカーが違っても互換性が高い傾向があるけれど、ゲルインクボールペンはJISがあるけれど一部メーカーのリフィルの規格が違っていて互換性がないことがある。

日本筆記具工業会がボールペンのリフィルの互換表を提供している。

互換表にない軸とリフィルを組み合わせて使いたい場合には、自分で改造することになる。きたきつねの文房具日記では、これまで何種類かの軸とリフィルについて改造をした記事を書いてきたので、まとめてみた。

無印のボールペンをジェットストリームにする 2008年8月 9日
無印のボールペンをジェットストリームにする2 2008年8月11日
普通のボールペンをジェットストリームにする 2008年9月30日
ジェットストリーム中芯をノック式中芯に 2008年10月 2日
アクロボール-シグノ多機能ペン 2009年5月25日
無印の「低重心ボールペン」 2010年1月 9日
PILOT Opt.をZEBRA Surariにする 2011年4月20日
SCOS:シュナイダー FAVE ボールペン 2012年9月25日
uni PowerTankの替芯をPARKER互換リフィルに改造する 2015年11月22日
ぺんてるエナージェルのレフィルをエラベルノに入れる 2017年11月12日
オートのリバティーにアクロボールのレフィルを入れる 2017年11月29日
オートのリバティーにジェットストリームのレフィルを入れる 2017年11月30日
ファーバーカステルの直液式のローラーボールペンのレフィル 2018年12月15日
油性ボールペンのリフィルをゲルボールペンの軸に入れる 2019年2月15日
「インクが長持ちするボールペン」のリフィルをゲルボールペンの軸に入れてみた 2019年3月22日
ブレンにジェットストリームの0.28のリフィルを入れてみた 2020年2月18日
ジェットストリームの0.28のリフィルをスラリのリフィルに真面目に改造 2020年3月 4日
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧