カスタマイズ

2019年12月26日 (木)

DAISOのコンパスカッターにNTカッターのデザインナイフの替刃を使う

Circle_cutter_b_7

DAISOのコンパスカッターで遊んでいるのだけれど、オルファのデザイナーズナイフの替刃で小さな円が綺麗に切れなかった

刃の角度が30度なのが良くないかと思い、45度のNTカッターのデザインナイフの替刃で試してみたけれどやはり小さな円が綺麗に切れなかった。

色々調べてみると、刃の出る長さが長いために、小さな円を切る時に力がかかって刃が捻れて真円にならないことが分かった。

そこで、コンパスカッターの刃を納める部分を削って刃の出る長さを6mmまで短くして、針も押し込んで同じ長さにして円を切ってみたところ、綺麗な円を切ることができた。

続きを読む "DAISOのコンパスカッターにNTカッターのデザインナイフの替刃を使う"

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

Seriaの「ふしぎなクリアジェル」とDaisoの「ふしぎなジェル」

Seria_fusigi_jele_3

100円ショップの玩具売場にあるふしぎなクリアジェル(セリア)ふしぎなジェル(ダイソー)を机の上やキーボード、ヤスリの削り屑取りなどのゴミ取りに愛用している。

相当ゴミを含んでしまったので、そろそろ交換の時期になってきた。

最近は工作に凝っているので、細かなゴミがたくさん出るのでクリアジェルは大活躍している。

卓上クリーナーは、消しゴムの消しくずが対象なので、紙やすりの削りカスのような細かなゴミはフィルターが荒いので外にでてくる。

続きを読む "Seriaの「ふしぎなクリアジェル」とDaisoの「ふしぎなジェル」"

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

DAISOのコンパスカッターの替刃にオルファのデザイナーズナイフの替刃を使う

Circle_cutter_b_4

DAISOのコンパスカッターを改造で遊んでいて、オルファのコンパスカッターの替刃が使えることが分かった。

コピーの替刃が使えるのは当たり前なので、他の刃が使えないか考えてみた。

手持ちのオルファのデザイナーズナイフ替刃が沢山あるので、これが使えないか試してみた。

オルファのデザイナーズナイフ替刃は、長さ25mm、幅4mm、厚さ0.38mmなので、DAISOのコンパスカッターの刃の部分のサイズを測ってみたけれど、そのままでは入らない。 

続きを読む "DAISOのコンパスカッターの替刃にオルファのデザイナーズナイフの替刃を使う"

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

クリアーブックのポケットを二分割に

Clear_pocket_seal_1

きたきつねは、美術館や博物館の展覧会の入場券などをA5のクリアーブックに入れて保存しているのだけれど、入場券は細長いのでポケットの中で動いてしまって収まりが悪いのが気に入らなかった。

そこでポケットの中央で熱でシールして分割してみることにした。

専用のシーラーは売っているけれど、仕事で使うには良いのかも入れないけれど、個人が思いつきで使うには高価だ。

いろいろ考えた結果、工具箱の中にあるハンダゴテでシールしてみることにした。

ハンダゴテ(18W)、ベニヤ板、クッキングシート、木の定規(木の板)、両面テープと全て手元にあるものでできそうだ。

クッキングシートはシリコンでコーティングされているので、PPのポケットが熔けてハンダゴテやベニヤ板に着くのを防ぐことができる。

続きを読む "クリアーブックのポケットを二分割に"

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

ガチャの「ちびた鉛筆」

Chibita_gacha

ホームセンターの入り口にガチャの機械が並んでいて、その中にエポック社の「ちびた鉛筆」があった。

全10種類あって他にシークレットで赤青鉛筆があるようだ。もちろん全部プラスチックなので書けない。

短くなった鉛筆(約3.5cm)のフィギュアでボールチェーンが付いていて、筆入れのファスナーの引き手などに付けてマスコットにできるようだ。

ボールチェーンは、簡単に外れるのできたきつねはシリコンチューブを使ってハズレ止めを作っている。

続きを読む "ガチャの「ちびた鉛筆」"

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

DAISOのコンパスカッターを直径10mm以下の円を切り抜きできるように改造

Circle_cutter_s_2

ダイソーのコンパスカッターは最小10mmの円を切り抜くことができるけれど、より直径の小さい円を切り抜くには改造が必要になる。

小さな円を切り抜くには、針の位置をずらすのが一番簡単な方法で、針を引き抜いて、針が付いていた部品の内側に止めることで針の位置を変えることにした。。

マスキングテープで針を固定して瞬間接着剤で仮止めしてから、紫外線硬化樹脂(UVジェル)で固定することにした。

直径が小さな円を切るには、針と刃の先の位置ができるだけ真っ直ぐになったほうが、刃がブレずに真円に近い円が切れるので、針の位置をずらした。

続きを読む "DAISOのコンパスカッターを直径10mm以下の円を切り抜きできるように改造"

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

貫通タイプの化粧ナットを作る

Circle_cutter_c_18

ダイソーのコンパスカッターを改造した時に針を固定するネジに使った「貫通タイプの化粧ナット」も作ってみた。

紫外線硬化樹脂(レジン)は、ちょっとした工作に非常に便利で、紫外線を照射するまで硬化しないので、作業に余裕があって良い。それに少量でいい場合が多く、100円ショップで売っているレジンで十分なことが多いのも良い。

シードの「イロプラ」ヒノデワシの「おゆまる」で型取りして、型にレジンを流し込んで、紫外線を照射すると小さなプラ部品の複製も簡単にできる。

貫通タイプの化粧ナットは、ローレットが付いているので、適当なものを探して見るとプラスチックの画鋲があったので、使うことにして「イロプラ」で型を取った。

続きを読む "貫通タイプの化粧ナットを作る"

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

DAISOのコンパスカッターの替刃

Circle_cutter_c_15

ダイソーのコンパスカッターは刃の交換ができるのだけれど、替刃は販売されていないようだ。

替刃がないということは、刃が切れなくなったら使い捨てにするということだろうか。折角改造したコンパスカッターが使えなくなるのは困ったものだ。

ダイソーのコンパスカッターはオルファのコンパスカッターの模倣した製品なので、手元のオルファのコンパスカッターの替刃を見てみると替刃が使えそうだ。

ダイソーのコンパスカッターを分解してみるとオルファのコンパスカッターの替刃と一部違いがあるけれど非常に似ていた。

続きを読む "DAISOのコンパスカッターの替刃"

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

コンパスカッターで紙に穴を開けずに切り抜く

Circle_cutter_c_11

ダイソーのコンパスカッターの針の長さを調節できるように改造してラベル紙の一枚切りできるようになったので、今度は紙に針の穴を開けずに紙を切り抜く方法を考えてみた。

オルファの「コンパスカッター」では針の先に穴あき防止プレートが用意されていたり、NTカッターの「円切りカッター」では、針先に付属の円盤状の固定具がある。

円盤状のものに針先を刺してコンパスカッターを回せば紙に針穴が開かないことになる。

まず針先を差し込む円盤状の部品を作ることにした。

 

続きを読む "コンパスカッターで紙に穴を開けずに切り抜く"

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

DAISOのコンパスカッターの針の長さを可変にできるように改造

Circle_cutter_c_1

ダイソーのコンパスカッターは紙を丸く切り抜くのに便利な道具で、ロングセラーの商品だろう。

ただコンパスカッターは針の長さは固定されていて、紙の切る厚さをコントロールできない。

針の長さを変えることができると、ラベル紙の表面の紙だけを一枚切りすることができたり、少し厚めの紙を切ることができるようになる。

NTの「薄物円切りカッター C-1500P」のように市販品もあるけれど、1,000円以上するから、文房具アクティビストとしては110円のコンパスカッターを改造して目的のものを作らなければいけないだろう。

最初にコンパスカッターの固定されている針を取り外す。

続きを読む "DAISOのコンパスカッターの針の長さを可変にできるように改造"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧