カスタマイズ

2020年3月17日 (火)

Seria:精密細工ヤスリ 0.8mm

Seria_micro_file_1

セリアのDIYコーナーは時々不思議なものが並ぶことがあるので見逃せない。

今回は極細のダイヤモンドヤスリ「精密細工ヤスリ」を見つけた。

直径0.8mmの円筒ヤスリで、シャープペンシルなどの改造に使えるだろう。

同じような極細のヤスリは普通1,000円くらいすると思うので、110円はとんでもなく安い。

この種の商品は、一瞬で無くなって、再入荷しないことが多いので、見つけたら買うしか無い。

続きを読む "Seria:精密細工ヤスリ 0.8mm"

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

ジェットストリームの0.28のリフィルをスラリのリフィルに真面目に改造

Blen_jtst028_4

先日、三菱鉛筆のジェットストリームの0.28のリフィルをゼブラのスラリのリフィルに変換してブレンに入れてみたけれど、リフィルを無理やり作ったのでなんとも不格好な代物になってしまった。

よく考えてみたら、リフィルのパイプ全部をスラリと同じ太さにする必要がなくて、ブレンの軸に入れて使うことができるように改造すればいいことに気がついた。

これまでも、ボールペンのリフィルの改造と同じことだった。

材料の入った箱を探してみると、外径4mmの塩ビパイプがあったので、これを使うことにした。スラリの使い終わったリフィルがあればいいのだけれど、探してみたけれど見つからなかった。

続きを読む "ジェットストリームの0.28のリフィルをスラリのリフィルに真面目に改造"

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

ブレンにジェットストリームの0.28のリフィルを入れてみた

Blen_jtst028_1

ジェットストリームの0.28のリフィルを見ていたら、ブレないボールペン「ブレン」の軸に入れてみたくなった。

ブレンに入っているスラリのリフィルは、エマルジョンインクということもあって、パイプ径が4mmと他のJISと違う寸法になっているのと、ブレンの軸の内部がちょっと特殊な構造になっているので、普通の改造では難しいことがわかった。

ジェットストリームのリフィル(SXR-203-28)のパイプ径が3mmなので、太さ4mmに、長さを111mmにする必要がある。

外径4mmで内径が3mmに近いものを材料箱を探してみると、外径4mm、内径3mmのアルミパイプが見つかった。

今回はアルミパイプを使うことにして、ジェットストリームのパイプ内径を3mmなのだけれど、ポリエチレンなので微妙太くなっていて、アルミパイプに入らないので、太くする必要があるので、旋盤を使って内径を3.2mmにした。

続きを読む "ブレンにジェットストリームの0.28のリフィルを入れてみた"

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

ゼブラ:Kado2

Zebra_kado2_1

つくばの書店の中の文房具売場にゼブラの新製品の「Kado2(カドカド)」(550円)があったので買ってみた。

カドカドは六角軸のボールペンで、表面にcmとinの定規が印刷されている。

長さが139.6mm、太さは10.6mmで、軸はアルミで、アルミだけだとバランスが悪いので、軸の中に鉄製の筒を入れているようだ。重さは19gとなっている。

インクは0.7mmボールのエマルジョンインクでブレンと同じスラリのリフィルを使っている。ゼブラはエマルジョンインクを前面にだして行くのだろうか。

ゼブラは、最近500円くらいの値頃感のあるいい感じのボールペンを出しているようだ。

続きを読む "ゼブラ:Kado2"

| | コメント (2)

2020年2月 6日 (木)

パイロット:ドクターグリップ CL プレイボーダー

Dr_grip_cl_1

よく行く文具店でドクターグリップ CL プレイボーダーの0.3mmが191円で売っていたので、買ってきた。

発売当時はリング状の内グリップが交換できるというので、気になっていたけれど、現物を見て買わなかったものだ。

最初プレスリリースの商品の写真を見たときは、リング状の内グリップが金属製で位置を変えることでバランスが調節できるのかと期待していたけれど、単なる軟質プラスチックのリングだったのでガッカリした記憶がある。

女子中高生狙いの単純なカラフルペンだった。

今回は、安かったので、時間があるときに、旋盤で金属リングを作って遊んでみようということで買ってみた。意外といけるかもしれない。

続きを読む "パイロット:ドクターグリップ CL プレイボーダー"

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

タケノコ現象が起こったセロハンテープを直す

Cellotape_1

ブングテンのワークショップで使うサンプルに貼るためにセロハンテープを探しだしたところ、めったに使わないので、テープがずれるタケノコ現象が起きていた。

テープディスペンサーに全く入らないほど、タケノコ状に膨らんでしまっていた。

サンプル分はハサミで切って間に合わせて、そのままにしてあった。放置しておくのは気分が悪いので元に戻すことにした。

タケノコ現象を直すのは、平らなところにテープを置いて重しを載せて時間をかけて元に戻す方法しかない。

作業テーブルの上にテープを置いて、重さが均等にかかるように板を載せ、部屋の中を探して5kgほどの重しを載せて放置しておいた。

続きを読む "タケノコ現象が起こったセロハンテープを直す"

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

接着剤の瓶詰め

Bottle_adhesive_1

工作や修理作業には接着剤が必要だけど、一度に使う量はごく僅かなことが多いので、使い切る前にチューブの中で硬化して使えなくことが多い。

特に空気中の水分で硬化する瞬間接着剤は、開封して使用途中で置いておくと直ぐに使えなくなる。

また、セメダインのSUPER XシリーズやボンドのSUシリーズの多用途弾性接着剤も空気中の水分で硬化するので、環境によっては直ぐに使えなくなってしまう。

きたきつねは、瞬間接着座や多用途弾性接着剤を乾燥剤を入れた瓶に保管している。ガラス瓶と金属の蓋が一番水蒸気を通さないし、蓋の裏のプラスチックも外気に当たる面積がごく僅かなので乾燥状態を維持できる。

乾燥剤は、ホームセンターで売っている生石灰を使った家庭用乾燥剤を使っている。シリカゲルでもいいと思う。

こうしておくと、瞬間接着剤でも開封して1年以上経っても使うことができている。

未使用のもので金属チューブのものは大丈夫だけれど、プラスチックパッケージのものは硬化してしまうことがあるので、瓶に入れてある。

続きを読む "接着剤の瓶詰め"

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

DAISOのコンパスカッターにNTカッターのデザインナイフの替刃を使う

Circle_cutter_b_7

DAISOのコンパスカッターで遊んでいるのだけれど、オルファのデザイナーズナイフの替刃で小さな円が綺麗に切れなかった

刃の角度が30度なのが良くないかと思い、45度のNTカッターのデザインナイフの替刃で試してみたけれどやはり小さな円が綺麗に切れなかった。

色々調べてみると、刃の出る長さが長いために、小さな円を切る時に力がかかって刃が捻れて真円にならないことが分かった。

そこで、コンパスカッターの刃を納める部分を削って刃の出る長さを6mmまで短くして、針も押し込んで同じ長さにして円を切ってみたところ、綺麗な円を切ることができた。

続きを読む "DAISOのコンパスカッターにNTカッターのデザインナイフの替刃を使う"

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

Seriaの「ふしぎなクリアジェル」とDaisoの「ふしぎなジェル」

Seria_fusigi_jele_3

100円ショップの玩具売場にあるふしぎなクリアジェル(セリア)ふしぎなジェル(ダイソー)を机の上やキーボード、ヤスリの削り屑取りなどのゴミ取りに愛用している。

相当ゴミを含んでしまったので、そろそろ交換の時期になってきた。

最近は工作に凝っているので、細かなゴミがたくさん出るのでクリアジェルは大活躍している。

卓上クリーナーは、消しゴムの消しくずが対象なので、紙やすりの削りカスのような細かなゴミはフィルターが荒いので外にでてくる。

続きを読む "Seriaの「ふしぎなクリアジェル」とDaisoの「ふしぎなジェル」"

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

DAISOのコンパスカッターの替刃にオルファのデザイナーズナイフの替刃を使う

Circle_cutter_b_4

DAISOのコンパスカッターを改造で遊んでいて、オルファのコンパスカッターの替刃が使えることが分かった。

コピーの替刃が使えるのは当たり前なので、他の刃が使えないか考えてみた。

手持ちのオルファのデザイナーズナイフ替刃が沢山あるので、これが使えないか試してみた。

オルファのデザイナーズナイフ替刃は、長さ25mm、幅4mm、厚さ0.38mmなので、DAISOのコンパスカッターの刃の部分のサイズを測ってみたけれど、そのままでは入らない。 

続きを読む "DAISOのコンパスカッターの替刃にオルファのデザイナーズナイフの替刃を使う"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧