メーカー

2020年4月 5日 (日)

MIDORI:ペンカッター

Midori_slim_cutter_1

先日二ヶ月に一回のつくば市の文具店巡りの時にみつけたミドリの細身のペン型のカッターナイフ「ペンカッター(PEN CUTTER)」を買ってみた。

ペンで描くように切り抜きができる直径が約10mmの丸い鉛筆のようなカッターナイフだ。

刃の角度が普通のカッターナイフと同じ45度の幅6mmの極細刃を使うようになっている。刃の厚さは測ってみた所0.31mmと普通のカッターナイフの0.38mmよりも薄いようだ。

刃の出し入れはストッパーが付いたスライダーで、簡単に刃が出ないようになっている。

実際に切り抜きに使ってみたが細かな部分の切り抜きが楽にできた。消しゴムはんこなどに使ってもいいようだ。刃の角度が30度のアートナイフと同じくらい細かな切り抜きができて、より刃先が安定している印象がある。

続きを読む "MIDORI:ペンカッター"

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

セリアにゼブラのブレンが登場

Seria_blen

一週間ぶりにセリアにいったところ、筆記具売り場の三菱鉛筆のジェットストリームの横にゼブラのブレンが並んでいた。

ゼブラは以前からサラサなどを100円ショップに出しているから、不思議ではない。しかし、ブレンは2018年12月に発売だからまだ一年少ししか経っていないし、500万本以上売れているのに100円ショップにでてくるというのは、なにか問題があったのかと思ってしまう。

2019年のOKB48で一一位、二位が100円ショップの売り場に並んでいるのは興味深い。

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

三菱鉛筆のボールペンの形

Uni_ball_series_1

机の上の筆立てにある三菱鉛筆のボールペンをuni-ball oneを比較してみた。

最近はストレート軸の傾向のようだ。

横顔を見てみるとクリップの違いがハッキリとわかる。クリップも含めバランスはやはuni-ball oneが良い。

続きを読む "三菱鉛筆のボールペンの形"

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

三菱鉛筆「uni-ball one」続き

Uniball_one_1

プレスリリースを見て楽しみにしていた三菱鉛筆の「ユニボール ワン(uni-ball one)」は発売日から少し経ってしまったけれど、田舎でもなんとか入荷したようで買うことができた。

実際手にしてみると質感はほぼ予想通りのものだった。期待していたオープンワイヤーのクリップは、ちょっと予測とは違っていて、とてもいい感じに仕上がっている。

軸のシンプルな一本の丸棒に見えているけれど、ちゃんとグリップ部分が滑り止めになるソフトな素材を使っている。

新インクを使ったリフィルは三菱鉛筆のこれまでと同じJIS S6061-K寸法となっている。

続きを読む "三菱鉛筆「uni-ball one」続き"

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

新春文紙フェア2020 クルーズ「CREW'S BOY」

Crews_boy

オフィス用品・店舗関連用品の輸入商社の株式会社 クルーズでは、エアー緩衝材製造機の「CREW'S BOY」と新しいコンセプトの「クルーズクリップ」を紹介していた。

「クルーズ ボーイ(CREW'S BOY)」は、最近KING JIMから発売されたエアクッションメーカー「エアフィット」と類似のもので、違いは電源がAC電源と充電池の両方が使えるようにになっているところだ。

充電式ということで電源のない、屋外やイベント会場などでも作業できるという利点がある。価格も88,000円と「エアフィット」より安い設定にしている。

続きを読む "新春文紙フェア2020 クルーズ「CREW'S BOY」"

| | コメント (0)

2020年1月29日 (水)

三菱鉛筆「uni-ball one」

Uniball_one

三菱鉛筆の新しいラインのゲルボールペン「uni-ball one(ユニボール ワン)」が2月26日発売になると発表された。

「ユニボール ワン」は新開発の濃く、発色の良い新開発のゲルインクを使っているということだ。「ユニボール ワンインク」というらしいけれど、インクはもっといい名前があるのではないか。

きたきつねが注目したのは、軸とクリップのデザインで、ストレートなシンプルな白い軸とオープンワイヤーのクリップが組み合わされている。

特にクリップは、三菱鉛筆の最大の欠点だったけれど、オープンワイヤーのクリップはバインダークリップとしても機能するから便利になった。

続きを読む "三菱鉛筆「uni-ball one」"

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

新春文紙フェア2020 VELOS「挟んでフック」

Velos_long_clip_2

クリップやピン、マグネットなどのメーカーのベロスではワイヤーWクリップの応用製品の「挟んでフック」を紹介していた。

ダブルクリップの持ち手の片側をフックに替えたもので、クリップを止められるところであればどこにでもフックが付けられるものだ。

クリップなので付け外しが簡単にできる。

サイズがLとMの二種類あって、耐荷重がそれぞれ2kgと1kg。

面白い商品だけれど、パッケージだけで使い方を訴求できないのではないか。

続きを読む "新春文紙フェア2020 VELOS「挟んでフック」"

| | コメント (0)

2020年1月26日 (日)

新春文紙フェア2020 共栄プラスチック「たけものさし」

Orions_b_scale

名札、定規、下敷き、アクリルケースなどのプラスチック製品を製造している共栄プラスチックでは国産の厳選した真竹と孟宗竹を使った「たけものさし」を紹介していた。

たけものさし」目盛りはレーザーの焼入れした10cmと15cmの竹の物差しで価格がそれぞれ880円、1100円となっている。

竹の物差しは、温度による目盛りの狂いが少ないし、手触りも柔らかいけれど、いくら国産の竹を使っているといっても価格が高すぎるような気がした。

製造原価から定価を決めることによる市場のニーズとのミスマッチはよくあることで、売れなければ意味がないだろう。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

新春文紙フェア2020 プラチナ万年筆「CURIDAS」

Curidas0

プラチナ万年筆は新製品のノック式万年筆の「キュリダス(CURIDAS)」を紹介していた。発売予定日は2020年2月28日で定価は7,700円ということだ。

ノック式万年筆といえばパイロットの「キャップレス」だったので、プラチナ万年筆としては初めてのノック式になる。発売前なので写真の撮影はできなかったので、プレス資料を拝借した。

ノック式の万年筆では一番問題となるペン先収納時のドライアップを、収納空間を極力狭く、気密性を高めることのできるシールの素材を採用しているとうことだ。

調べてみると発売前だけれど神戸のナガサワ文具センターに「キュリダス」の詳細な紹介記事があるので、そちらを参照して欲しい。

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

新春文紙フェア2020 寺西科学工業「Magic Knock」

Magic_knock

寺西科学工業では、ノック式油性マーカーの「マジックノック(Magic Knock)」を紹介していた。

ノック式油性マーカーは既存の製品もあって特に目新しいものではないけれど、油性マーカーのマジックブランドの製品のラインナップに是非ということなのだろう。

アルコール系のインクを使っていて、カートリッジが二本入というところが売りといえるくらいかなと思う。

最近、シャッター機構のない水性マーカーがゼブラから発売されているけれど、油性の場合はドライアップが避けられないのでシャッタ機構が必須だろう。

シャッター機構の付いたノック式マーカーは、100円ライターやチャッカマンを製造している株式会社東海が1989年に発売したノック式サインペン、ラインマーカー「ベスタオスト」が世界初の製品だった。

その後、特許が切れてノック式マーカーやラインマーカー(蛍光ペン)が発売され、更にシャッター機構の改良も進められてきている。

 

続きを読む "新春文紙フェア2020 寺西科学工業「Magic Knock」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧