2020/04/08

昨日のスーパームーンと今日の月

20200408_0

今日の午前中に天文学的満月だったので、今晩の月は月齢が15日を過ぎている。

昨日と同じ条件で撮影して大きさを比較してみたところ、確かに昨日の夜の月のほうが大きかった。流石スーパームーン!

実際はそれほど差が出ないようで、撮影した時の月の高度の違いが大きいようだ。高いほうが大きく見えるらしい。

薄い雲がかかっていたので、今日の月は少しオレンジ色に見えている。

| | コメント (0)

ブルーベリーの花が咲いた

20200408_2

今日は旧暦3月16日の「満月」、「潅仏会」、「忠犬ハチ公慰霊祭」。

一日お籠り。

庭の雑草が伸びてきたので、刈払機で一気に刈り倒して短時間で終了。腰が痛くてかがめないので、集草はかみさんがやってくれた。

庭のブルーベリーの花が沢山咲いていて、今年も豊作になりそうだ。ジャムが作れると良いけれど。

| | コメント (0)

2020/04/07

スーパームーン

2020407_0

今日は「鉄腕アトムの誕生日」、「世界保健デー」、「労働基準法公布記念日」。

今晩の満月は、月と地球の距離が最短になるので、大きく見えるスーパームーン。明日の未明午前3時36分に最大となるけれど、起きていられる元気はない。老人と子供は早寝早起きが基本。

政府は新型コロナウイルス感染症蔓延に対して緊急事態宣言を出した。地域は限定されているけれど、日本全国の色々なものやコトが止まることになる。零細中小の会社の被る被害は相当なものだろう。失業者もでるだろう。大恐慌にならなければいいと思う。

午前中は、NPOの会報の発送作業。人が集まらないかと心配したけれど、みんな同じことを思ったようで多くのひとが来てくれた。

手のアルコール消毒、窓を開け換気を図るなどできるだけの予防策を取って作業した。

帰りに霞ヶ浦西浦中岸をパトロールしてきた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/04/06

今日の飛びもの エクセル航空のEurocopter AS350 Ecureuil/AStar(JA358Y

20200406_8

ふなばし三番瀬海浜公園上空をエクセル航空のEurocopter AS350 Ecureuil/AStar(JA358Y)が通過した。

| | コメント (0)

今日の飛びもの 新日本ヘリコプターのBell 206L-3 LongRanger II(JA9845)

20200406_7

ふなばし三番瀬海浜公園上空を新日本ヘリコプターのBell 206L-3 LongRanger II(JA9845)が通過。

| | コメント (0)

三番瀬でも空振り

20200406_1

今日は「春の全国交通安全運動」、「コンビーフの日」、「寒の戻りの特異日」。

天気が良くて、潮がいい感じなので、ふなばし三番瀬海浜公園にでかけた。

着いたときはちょうど干底だったので、痛い足を引きずりながら、干潟を歩き、望遠鏡でスキャンしてみたが、期待したシギ・チは空振りで、ダイゼンとミヤコドリ以外目立ったものはいなかった。

地元の人に聞いたところによると先週は、ホウロクシギ、ソリハシシギ、コチドリなどがいたらしい。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/04/05

メールの話

20200405_1

今日は「小笠原返還記念日」、「デビューの日」、「横町の日」。

新コロナウイルス感染症の影響で、牛久市の小学校は始業式と入学式は実施されるけれど、8日から19日まで臨時休校になってしまった。ピカピカの一年生はちょっと寂しいみたい。

一日引きこもり。

以前から気になっていたことがある。それはプライベートで使っているメールアドレスに勤め先や所属団体のものを使うことだ。

退職したりするとメールアドレスが使えなくなって、メールだけでつながっていた人は連絡できなってしまうのだ。

きたきつね位の年齢になると、友人もそれなりの年齢のひとが多くなるので、フリーメールを使うことを知らないひともいるのだろうし、パソコンやスマホを使わない人がいるから仕方がないかもしれない。

でも、仕事だけで付き合っているならば連絡できなくなっても特段問題はないけれど、仕事と関係なく友人の場合は音信不通になると困る場合がある。

最近も一人メールで連絡できなくなってしまった。まあそれほど親密に付き合っていたわけでないし、必要があれば住所は知っているので連絡は取れるけれど、残念だ。

 

| | コメント (0)

とりぱん26

岩手の自然と鳥をテーマにしたとりのなん子さんのコミックの最新巻「とりぱん 26」がでた。

講談社の週刊漫画誌「モーニング」にとりぱんの連載が始まったのが2005年4月からで、コミックの出版が2006年3月だからもう15年になっている。

最初の頃に比べてどんどん自然に関する観察力が上がっていて、ネタ探しもあるだろうけれど細かなことが見えるようになってきている。

ひとの脳は良くできていて、関心のないものは見えていても無視するようにできていて、逆に関心を持てば色々なものが見えてくるようになっているのが不思議だ。

表現もイメージで描いていたのが、よく見てから省略しているので曖昧なところが無くなってきているのがわかる。

自然は毎年同じことを繰り返してるようだけれど、実際には全く同じではないので、題材には事欠かかずにこれからも連載は続くのだろう。

 

| | コメント (0)

2020/04/04

桜舞い散る里山散歩

20200404_1

今日は二十四節気の「清明」、七十二候の「燕来る」、「沖縄県誕生の日」、「交通反戦デー」、「トランスジェンダーの日」。

黒姫山のアイルランド系日本人のC.W.ニコルさんが直腸がんで亡くなった。79歳。合掌。

足の調子が悪かったけれど、先週行けなかった里山散歩にでかけた。

里山は、最近いわれている「人が密集しているところ」、「人との距離が近いところ」、「換気が悪いところ」の3密とは全く無縁の場所なので、気分が良い。

サシバが帰ってきたのではないかと期待したけれど見ることができなかった。

池の堤防のソメイヨシノは散り始めていたけれど、まだ十分花を楽しめた。シュレーゲルアオガエル鳴き声とウグイスさえずりを聞きながら、スミレの花が咲き、ヤマザクラの花びらがヒラヒラと舞っていている道を進むと足の痛みを忘れてしまった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/04/03

牛久自然観察の森で春を楽しむ

20200403_1

今日は「日本橋開通記念日」、「清水寺・みずの日」、「悪天の特異日」

朝まで低温で久しぶりに霜が降りた。その後南風が吹いて気温が上がり18度を越えた。日較差は16度以上になった。

珍し系の鳥が出たようだけれど、人混みは避けて休養日にした。

それでも運動不足なので、牛久自然観察の森に夫婦で散歩に行ってみた。ネイチャーセンターは閉館しているようで、予想通り人にはほとんど出会わずゆっくり春を感じて散歩。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«一日閑居