2019/05/22

高倍率コンデジのデジタルズームを試してみた

20190522_8
1000mm

散歩用にパナソニックのLIMIX DC-FZ85を使っている。

1/2.3型 高感度MOS センサーを使った35mm換算で20mmー1200mmの焦点距離の60倍ズームのコンデジだ。iAズームで120倍(2400mm)まで、デジタルズームで340倍(6796mm)、iAズーム+デジタルズームで489倍(9780mm)ととんでもない倍率の写真が撮れるらしい。

デジタルズームは光学レンズで撮影した画像の一部を切り出しているだけで、高倍率になっても本来のレンズの性能を超えることはない。

どれくらい使えるものか試してみることにした。

手持ちで1000mm、2000mm、3000mm、4000mm、5000mm、6000mm、6796mmの焦点距離でコアジサシの巣を撮影してみた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

荒天の後の波崎・銚子に行ってみた

20190522_2

今日は「国際生物多様性の日」、「ガールスカウトの日」。

大雨と風で海も荒れていたので何かきていないかと思って波崎・銚子方面にいってみた。港にハシボソミズナギドリの大きな群れが入ったこともあるので、変わった海鳥を期待したけれど空振り。

波崎新港の消波ブロックにメリケンキアシシギとキアシシギ並んで入っていた。遠かったのできたきつねのカメラでは色の差が分かる程度にしか撮れなかった。

コアジサシのコロニーを見に行ったところ友人がいて、メリケンキアシシギがいるというので案内してもらった。

見下ろしだけれど近い距離で見ることができた。

メリケンキアシシギの脚はキアシシギよりもがっしりしていて、鱗模様が見える。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/05/21

充電式クリーナーはサイクロンが良い

20190521_2

マキタの充電式クリーナーを使うのが習慣になっている。

掃除の効果が可視化できるのでサイクロンユニットを付けたのが大正解のようだ。

ゴミがサイクロンに溜まってくるので、掃除が楽しい。

普通のゴミだけでなく、猫が二匹いると想像以上に毛が抜けているようだし、人も頭髪が抜けている。

» 続きを読む

| | コメント (0)

激しい雨

20190521_1

今日は二十四節気の「小満」、七十二候の「蚕起きて桑を食う」、「小学校開校の日」。

朝から雨で、午後3時に時間雨量が29mmの激しい雨になった。これほど強い雨は珍しいのでは無いだろうか。

こんな日は、家で静かに探鳥会用の鳥のリストの改訂版を作ったり、鳥見のデーターをExcelに入力したりと静かに作業。

今年はあまり遠出していないので、年間記録種は183種で昨年よりもずいぶん少ないけれど、無理せず楽しむことにしよう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/05/20

今シーズン最後の霞ヶ浦西浦中岸パトロール

20190520_1

今日は「世界計量記念日」、「東京国際空港開港記念日」、「東京港開港記念日」、「ローマ字の日」。

5月も下旬になってシギ・チの渡りも終盤になってきたので、土浦市手野から霞ヶ浦お箸までの湖岸線の霞ヶ浦西浦中岸パトロールにでかけた。

居残りのユリカモメやカモが少数残っていた。多分何か障害があって遠くまで移動できなかったのだろう。

田村のアシ原でコジュリンの鳴き声が聞こえたので探したけれど、見つからなかった。このエリアでコジュリンの記録があるのだろうか。

シギ・チはほとんど見当たらなかった。やはり今シーズンのパトロールは最後になるようだ。沖宿の人工浅瀬にアオアシシギがいたけれど、首のあたりの羽が欠けていた。何かに襲われたのではないだろうか。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/05/19

野鳥の会支部の総会

20190519_1

今日は旧暦4月15日の満月、「ボクシング世界チャンピオン誕生記念日」。

朝から日本野鳥の会茨城県の総会で隣町の阿見町中央公民館にでかけた。

会員の集いで阿見野鳥クラブの代表の「阿見町の野鳥」という講演を聞いた。阿見町は霞ヶ浦に面した自然豊かな街で、これまで165種の野鳥が観察されているということだ。

最近、雑木林が40ha皆伐されて大規模な太陽光発電所ができたという問題も起きているということだ。

隣町なのに近くの乙戸川と霞ヶ浦しか見に行っていないので、時間を見つけて回ってみようと思う。

| | コメント (0)

2019/05/18

久しぶりに里山散歩

20190518_1

今日は「国際親善デー」、「18リットル缶の日」。

里山散歩を二週連続で休んでしまったので、三週間ぶりの里山散歩。

雑木林の木々葉が茂り、冬に綺麗に刈り払ったアシ原も緑が一気に濃くなって初夏の装いになっていた。

里山は鳥の繁殖期に入っていて、縄張りを主張する鳥のさえずりや餌を運ぶ親鳥が目立っていた。モズやエナガのように繁殖を終えた鳥たちは巣立ち雛を連れて静かに林の中を移動していた。

鳥の子育てが終わるとバードウォッチングが難しくなって、昆虫と植物の観察が中心になるのだろう。

久しぶりにサシバを見ることができた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/05/17

出かけるモチベーションが上がらない

20190517_1

今日は「生命・きずなの日」、「世界電気通信記念日」。

天気が良いのだけれど、出かけるモチベーションが上がらないので、休養日。

自転車でちょっとだけ散歩。

| | コメント (0)

2019/05/16

日本の渡り鳥観察ガイド

バーダー誌でお馴染みのYoung Gunsが書いた「日本の渡り鳥観察ガイド (BIRDER SPECIAL)」が発行されたのですぐに買ってあったけれど、ようやく読み終わった。

6章構成で、最新の調査・研究の成果を盛り込んで渡りと渡り鳥の基礎から渡り鳥の観察スポットの紹介までを解説した渡り鳥に関する情報が詰まったこれまでにない画期的な本になっている。

日本のバードウォッチングもレベルが上ってきたということで、識別図鑑だけでなく、より詳細な資料がでてくるようになってきたということだ。

きたきつねは第2章の日本周辺の鳥の渡りルートが非常に良かった。従来の言われてきたルートに新しい知見が加わっていて、経験的に知っていたルートを検証できた。

珍しい鳥を探すためには渡りのルートと時期が分かることが重要だ。それにしても日本は渡りの重要なコースに入っていることがよく分かる。

「環境別、渡り鳥探しのポイント」、「人気の渡り鳥の出会いガイド」、「分類別、渡り鳥おすすめ観察スポット」などビギナーのバードウォッチャーにとっても有益で、必携の一冊になるだろう。

| | コメント (0)

読書と

20190516_1

今日は七十二候の「筍生ず」、「旅の日」。

たまには電車の写真ということで、常磐線の上野東京ライン「品川行き」。特養ホーム建設のため線路沿いの立木が伐採されたので見通しがよくなったので、いい感じに撮れた。

読書とやり残していた工作を完成させた。

夕食は、買ってきたほうれん草入りの皮で焼餃子を作った。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«波崎・銚子方面パトロール