« はねトび | トップページ | 教育の平等と公平 »

2004/05/12

寛永通宝は・・・・

 今日のトリビアは、「江戸時代に鋳造された「寛永通宝」が昭和28年12月31日まで通用していた」というやつだった。
 「寛永通宝」は一厘として使うことができたそうだ。一厘は、一銭の十分の一、一円の千分の一だから、戦後のインフレでは事実上は使われなかったと思うが、300年以上も通貨として使えたというのは驚異だった。
 一銭以下のお金は昭和28年に法律で使えなくなったそうだ。子供の頃、1円、と10円の紙幣を使った記憶がある。でも、銭の単位のお金はおじいさんが持っていたのを見たことはあるが、実際使ったことはない。
 戦前の葉書は、一銭五厘だったと聞いたことがあるが、その時に「寛永通宝」が使われていたのだろうか。それとも単に「寛永通宝」を持っていれば一厘の価値があるということだったのだろうか。
 毎週、「トリビアの泉」を見るために急いで帰ることにしている。役に建たない知識が増えるのは、大好きだ、実に面白い。

|

« はねトび | トップページ | 教育の平等と公平 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寛永通宝は・・・・:

« はねトび | トップページ | 教育の平等と公平 »