« モズの巣立ち | トップページ | イスラエル民衆の良心 »

2004/05/17

ダイエットで不況?

 アメリカでは今「ローカーボンダイエット」がブームになっているそうだ。炭水化物の摂取を極端に減らし、肉等のタンパク質をたっぷり取るという方法らしい。インスリンが不足している糖尿病者が意図せずに激ヤセするメカニズムと同じらしい。
 ブームが行き過ぎて、パスタやパンの売り上げが落ち、メーカーの株価が低迷していて、会社更生法を申請する会社も出ているという。
 二億人の17%がこのダイエットを経験しているということだけれど、なんだか気味悪い。「パンなしハンバーガー」というものも売られているようだ。肥満が問題になっているアメリカでダイエットは不可欠のようだが、何事も行き過ぎは問題だろう。
 ビュッフェでローストビーフを食べ過ぎて追い出された夫婦がいたらしいが'、炭水化物を食べないからといってローストビーフを食べ放題するというのは、どうもめちゃくちゃだ。
 「ローカーボンダイエット」は「低炭水化物ダイエット」とか「ローカブダイエット」などと呼ばれて日本でも実践している人がいるらしいし、薬もあるようだが、無闇に実践するのはいかがなものだろう。太ってもいない若い女性が挑戦するのが心配だ。

|

« モズの巣立ち | トップページ | イスラエル民衆の良心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイエットで不況?:

« モズの巣立ち | トップページ | イスラエル民衆の良心 »