« 駆け足の旅 | トップページ | カシオQV-10 »

2004/06/21

梅雨どきの台風

 梅雨の最中のはずなのに、台風6号が九州、四国、本州を通り抜けた。この時期の台風は、日本にくることはなく、気圧の影響で大陸に向かうのが普通のはずだ。
 やはり地球環境の変化の影響なのだろうか。自然のバランスがどこかで狂ってきているのではないか。室戸岬で風速54m/sを記録したようだが、いつも自然の力は想像を越えてしまう。
 それにしても、台風で荒れた海を見に行って高波にさらわれた人がいるらしいが、危ないから近寄るなといわれなくても、普通は危険は予測されるはずで近寄らないと思う。野次馬根性が理性に勝ってしまう人が必ず数%はいるのだろう。
 このあたりは、風が吹き、雨が少しばかり強く降ったくらいで、ほとんど影響がないが、屋根が飛んだり、家屋が浸水したりと被災された人も多く出たのだろう。災害に対する供えは日頃からしているはずだけれど、いつもそれを越えて被害が出てしまう。
 台風のコースだけをみていると、夏にならずに秋風が立ち始めたりしたら、大変なことになるなどという馬鹿なことを考えずに寝るとしよう。

|

« 駆け足の旅 | トップページ | カシオQV-10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨どきの台風:

« 駆け足の旅 | トップページ | カシオQV-10 »