« 梅雨に歌えば | トップページ | 疲れる一日 »

2004/06/09

聖火は?

 アテネで採火された聖火が、世界をリレーしている。昨日東京から2008年のオリンピック開催予定地の北京に移動して、今日北京市内を駆け抜けた。
 そのニュースを見てふと気になった。それは、いま移動中の聖火は、採火された時と同じ火なのだろうかということだ。
 採火の時点の火は、間違い無くアテネの太陽熱を集めて着火したものに違いない。でもそれが聖火容器に移され、容器の中で燃え続けているわけだが、最初の火と同じなのだろうか。だんだん考えて行くうちに、春日三球・照代の漫才ではないが「地下鉄をどこから入れたかを考えると寝られない」感じになっってきた。
 本当は聖火はオリンピックの象徴だから、消えずに存在することが重要で、同じだろうと同じでなかろうとどうでもいいのだろうけれども、厳密に考えるとどうなんだろう。
 今晩寝られるだろうかというのは、ウソで、多分、布団に入ったら、一瞬で寝てしまうのだろう。

|

« 梅雨に歌えば | トップページ | 疲れる一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖火は?:

« 梅雨に歌えば | トップページ | 疲れる一日 »