« 北海道開拓と道産子 | トップページ | 夏の里山を歩く »

2004/07/15

突然の嵐

 雑用を粛々とこなしていたら、午後三時過ぎに窓を打つ雨音に振り向くと、強い雨が降っていた。久しぶりの雨でこれで畑作物の救いの雨になったと思っていたら、南西方向から雷がやってきた。窓の外が時折明るくなり、雷が何度も落ちていた。
 距離があったので、パソコンは止めなかった。夕立ちにしては風もあり、強い雨だった。後で、東京電力の雷情報を見てみると、下館、下妻方向と柏、取手方向の二方向から、雷雲を伴った雨雲が移動してきたようだ。帰る頃には、雨も上がっていたが、局地的には相当強い雨が降ったようだ。新潟のような洪水にならなくてよかった。
 今日から、九州福岡で博多山笠の追い山が始まった。長谷川法世さんの「博多っ子純情」を見たり博多出身の友人の話を聞いたりして、男の祭りを一度見てみたいと思っているが、なかなか果たせていない。以前、博多の中州にいった時に時間があったので櫛田神社の辺りを散歩したことがある。その時、物凄い人出があって、勇壮な祭りと聞いていたので、それほど大きくない神社で驚いた記憶がある。でも、町っ子が毎年楽しみにしていて、親から子供に、孫に連綿と続いている祭りは素晴らしい。熱気の中に一度入ってみたいものだ。
 それにしても、三菱自動車のリコール隠しのニュースが毎日途切れることが無い。さらに、三菱車が急に出火するようになってしまった。これまで三菱車は走行中に出火していたけれどニュースにはならなかったけれど、リコールで注目されてからニュースとして取り上げられるようになったということだろうか。それとも、三菱車の欠陥が急に顕在化して火を吹くようになってしまったのだろうか。何れにしても不可解で、三菱車に乗っているので気が気でならない。
 もう一つ気になるのは、警察官や教師のハレンチ事件が毎日起っていることだ。警察官や教師だからということで、特別にニュースとして取り上げられていることではないような気がする。五十歳代の警察官がデジカメで女子高生のスカートの中を撮るなどということが起ること自体おかしいと思う。でも実際に起っているのだから、原因はなんなんだろう。もともとそのような性癖か趣味があって、常習的にやっているというか、特に理由もなく衝動的にしてしまったのかが問題だろう。全国の警察官のなかで一番モラールが高い東京警視庁の警察官も事件を起こしているというのを見ると、裏金事件も含めて警察官の職場としての警察の中に問題があるのではないだろうか。

rainth.jpg

 

|

« 北海道開拓と道産子 | トップページ | 夏の里山を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突然の嵐:

« 北海道開拓と道産子 | トップページ | 夏の里山を歩く »