« 精神的セクハラ | トップページ | 北海道へ »

2004/10/16

秋の一日

041016.jpg天気になるはずだったが、朝から曇りで、とても寒い一日となった。午前中は探鳥会のお手伝いで、土浦市の宍塚大池にでかけた。

谷津の入り口でカケスやモズが鳴いていた。気温が低いので昆虫の動きが鈍いので、バッタ類を簡単に掴むことができて、良く観察することができる。ホオジロはまださえずっている。池は水抜き中で、カモが少ないのが残念なところだ。それでもマガモを枯れた蓮の間に見つけた。林の中では、アカゲラが鳴いて、カラの混群に出会うことができた。

里山は秋の実りの季節を迎えていて、ドングリが沢山落ちているし、色々な野草が実を着け、キノコ類も傘を開いていた。アケビの実が口を開けて、中の半透明のジェリーに包まれた種を見せて下がっていた。早速、一つもぎ取って、中身を口に入れると、口の中一杯に甘味が広がった。適当に口の中で種を転がせて、勢い良く種を吹き飛ばした。欲張って種近くまでなめると、エグ味がでてくるので、適当にしなければいけない。毒味をしてから参加者に実をもいで渡した。皆で甘い、甘いと大喜び。

探鳥会というよりは自然観察になってしまったが、非常に楽しかった。

|

« 精神的セクハラ | トップページ | 北海道へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の一日:

« 精神的セクハラ | トップページ | 北海道へ »