« 台風接近中 | トップページ | 紅葉前線 »

2004/10/09

台風の爪痕

041009.jpg9日の朝、テレビをつけると台風が関東にどんどん接近している。このところ出かけようとすると台風が絡んでくるようだ。午後一時の札幌行きの飛行機に予約を入れてあるが、怪しいので早めの羽田行きの高速バスに乗った。

9時半に羽田に着いて運行表示板を見ると総べて満席で、チェックインカウンターは長蛇の列だった。みんな考えは一緒で、午後になれば台風の影響で欠航は避けられないということで、早めの便に乗ろうときているのだろう。これはまずいと思い、場内整理のスタッフに聞くと空席待ちしてくれという。まともに並んだら空席待ちのカードを貰うのに一時間くらいかかりそうだったので、田舎のおじさんで滅多に飛行機に乗らないので、どうすればいいのか判らないというと、カウンターにいってカードを作ってくれた。これが9時40分。

急いでセキュリティーゲートに向かうと、一カ所だけ人が少ないところがあったので、さっとすり抜け、10時発のゲートに向かった。空席待ちカウンターに着いたのが9時43分で、直ぐ手続きをして待機していると、数分後に呼び出しがあって滑り込みセーフとなった。千歳空港は暖かで、防寒の用意をしてきたのに肩透かしの感じ。

友達との待ち合わせまで時間があったので、北海道大学の正門を入って、札幌にいる娘に電話すると、開口一番「おとうさんん台風を連れてこないでよ」という、「北大の中の樹はひどいことになってるよ」というので、前方を見るとエルムの大木が折れていた。クラーク像のところで回りを見ると大木が折れたり、直径30cm以上の枝が大量に折れて落ちた跡があった。ポプラ並木は有名なので報道されているが、それ以外の樹も被害は大きいようだ。ポプラ並木は大型のクレーンを入れて、植え直しの工事をしているそうで、近くに行けないようなので行かなかった。

久しぶりの友達と会って、迎えのバスで定山渓温泉へ向かった。予定通り午後一時の便で来た友人は、若干遅れたようだけれど間に合ったが、3時過ぎからは全便欠航となったようだった。定山渓は札幌市内よりも寒いようで紅葉が始まっていた。ゆっくり温泉につかって、宴会モードに突入した。二次会、三次会となって、私は一時過ぎに離脱したが、数人は朝まで語り明かしたそうだ。

二十年振りにあった友達もいたが、昔のまんまで、なんの違和感もない。十年毎に集まっているが、次の十年となると誰かが欠ける可能性もあるので、次回は五年後にということになった。場所を相談していると盛り上がって、北京で開催ということになったが、どうなることやら。ひょっとすると本当になるかもしれない。

|

« 台風接近中 | トップページ | 紅葉前線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風の爪痕:

« 台風接近中 | トップページ | 紅葉前線 »