« 久し振りにヤフオク | トップページ | 関東風? »

2005/01/12

ハシブトガラスが減ると

050112「寒い寒い」といっていると、気分も寒くなってくるので、言わないようにしようと思うのだけれど、なかなか思うようにできない。

午後研修で話をすることになっていたので高速バスで東京にでた。渋滞しているという情報があったが、首都高は比較的流れていて、ほぼ定時についてしまった。それで、ちょっと上野公園に行ってみた。

東京名物のハシブトガラスが芝生の上で何か一生懸命食べていた。東京のハシブトカラスは栄養が良いようで羽根の艶が非常にいい。石原都知事がカラスの捕獲作戦を指揮するようになって、だいぶ都内のカラスが減ってきたようだ。天敵のハシブトガラスが減ると、ドバトなどが増えて別の問題が起るかもしれない。生態系のバランスというのは、あさはかな人の頭では予測できないのかもしれない。

研修は、五十人ほどで、一時間ほどパワーポイントで話しをした。寝ている人いなかったし、半分くらいのひとは分かってくれたみたいだ。話しが終わった後も質問があったし、まあ成功というところだろう。帰り支度をしていたら、昔、同じ職場だった若い人が近づいてきて、「まだ鳥を見てるんですか」と聞いてきた。「もちろん」ということで、少し話をした。彼に会ったのは、十五、六年前で、彼がまだ大学を出たばかりだったから随分になる。M大学の野鳥サークルの出身者で、谷津干潟の側に住んでいるのに、全く鳥を見ていないらしい。まあ若い内は、子供も小さいし、仕事も楽しいだろうから鳥もお休みでいいのかもしれない。

今日は旧暦師走三日で、三日月がでるはずだけれど、気がついたときには沈んだ後だった。気がついた時は午後9時近かったのだけれど、月の入は午後7時前くらいだから見えるはずはなかった。

|

« 久し振りにヤフオク | トップページ | 関東風? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハシブトガラスが減ると:

« 久し振りにヤフオク | トップページ | 関東風? »