« 関東風? | トップページ | 『唐招提寺展』を見に »

2005/01/15

カモを数えに

050115今日は茨城県内のガン・カモ一斉調査の日で、仲間と霞ヶ浦の担当地区に出かけた。天気予報では、雪ということだったが小雨で一安心した。

今年は去年と違う地区で、最初は陸上自衛隊武器学校の中の湖岸から始めた。7、8年前に調査にいった時は、衛兵が直ぐに入れてくれたけれど、今回は事前の申し入れがないということで、しばし待たされ、入場申請書のようなものを書かされて、入場許可証をもらい見張りが一名ついた。付いてきたのは、なでしこジャパンの荒川さんに似た女性の自衛官で、雨の中を自転車で来た。とても寒そうだった。

湖岸でカモを数えて入場許可証を返して、湖岸を移動しながらカチカチ、カチカチとカウンターで数を数えて行った。昔、一ケ所で6000羽以上もいて、カウンターを押す指が痛くなったことがあったが、今回は多くても数百で楽だった。それよりも風で波がでて、カモが波の間で見えたり、見えなかったりするのを数えるのが大変だった。カモは9種類、約5,300羽ほどだった。記録を見てみると、去年よりも少なめだった。雨は強くなったり弱くなったりだったけれど、風が強くなって体が冷えてしまった。

終了後、昼食ということで、大勝軒系統のラーメン店『麺屋 ゆう』の荒川沖店に行ってみた。特選しなそば(680円)というのを頼んでみた。スープは魚系の濁ったもので、それほど癖のないが、ただ少し塩分が強いような気がした。魚系といっても、カタクチイワシのいりこは使っていないようで、サバ節と何かを使っているような気がした。

麺は中太のストレート麺で、麺との絡みを考えるとスープが濃いめなのだろう。トッピングは、海苔、チャーシュー、煮卵半分、シナチク、ネギで、チャーシューは良く煮えて、適度な脂があって旨かった。それにしても、冷えた身体には暖かいものはいい。最高の調味料だったのかもしれない。ラーメンはチェーンでも名の通ったところは、一定の水準をクリアーしていて、外れは少なくなったようだ。

それにしても、味の感じ方には人によって個性があるもので、美味しいものは美味しいと感じるが、それがベストであるかどうかは意外に違うものだ。きたきつの感じてる塩加減も感じ方がずいぶんと違うようだ。味覚というのは、食習慣や体調によっても変わるので、絶対値はないのかもしれない。

日本テレビの『世界一受けたい授業!!』で斉藤孝さんが三色ボールペンを使った読書とスケジュールの話をしていた。赤、青、緑の三色ボールペンを使う理由が分かった。「黒」は停止、停滞だから使わないというのが面白かった。色と音で脳内超整理できるというのだから一度挑戦してみよう。

|

« 関東風? | トップページ | 『唐招提寺展』を見に »

コメント

寒い中カウントご苦労様でした.
そのあと家に来てお茶を飲みケーキを食べていった関西弁の人もいました.

投稿: 俊(とし) | 2005/01/16 10:44

ライフリスト430種到達の黒丸関西弁のお方がお邪魔したようですね。彼は不死身のスーパーマンです。

去年は宍塚大池の探鳥会と重なってMさんに叱られてしまいました。

投稿: きたきつね | 2005/01/16 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カモを数えに:

« 関東風? | トップページ | 『唐招提寺展』を見に »