« 人生いろいろ | トップページ | ハルユタカのラーメン »

2005/01/28

とんでもない闇給与

050128太陽が暖かい。庭の紅梅が満開になった。午前中は昨日の会議の続きで、睡魔と戦い抜いた。オフィスの階段のところが午前中良く陽が当たるので、階段に座って日向ぼっこをしたくなった。

大阪市が職員の過剰な福利厚生や手当の見直して180億円削減するというニュースが出ていた。終戦後に公務員の給料が安くて、生活が苦しかった時代に作られた慣行が、給与水準が上昇してしまってからも残っていたということだろう。それにしても、とんでもない闇給与だ。一般市民から見るととんでもないことだけれど、職員は長い間既得権になってしまって、無感覚になっているのだろう。

大都市は戦後のごたごたから復興するために、民間が育つまでということでいろいろな組織を作ってきたが、経済性を考えない事業や赤字を垂れ流す第三セクターなど見直しすること無く60年も引っ張ってきているものが多い。

首長も問題を先送りし続けてきたために、抜き差しなら無くなってしまった。今回のように問題が広く社会に公表されなければ是正できなくなってしまっている。警察の闇金作りも根は同じかもしれない。

|

« 人生いろいろ | トップページ | ハルユタカのラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とんでもない闇給与:

» ステップ1−3 手当の役割 家族手当は男女差別? 大阪市の過剰手当 [成果主義を自分の味方につける法]
■ステップ1 まず時代の流れと人事のしくみを正しく理解する 11 人事評価は、どこの会社でも悩みのタネ 12 これまでの目標管理は上手く機能しない 13 給... [続きを読む]

受信: 2005/01/31 00:02

« 人生いろいろ | トップページ | ハルユタカのラーメン »