« 今日は東京 | トップページ | 今日は啓蟄 »

2005/03/04

歩道は湿った雪で

050304天気予報の通り、目がさめると外は雪が降って、数センチ積もっていた。気温がプラスなので、道路の雪は融けていたので、車は走ることができる状態だった。歩道は湿った雪でベチョベチョで歩き難いこときわまりない。高速バスは止っているようだった。

今日も東京で打ち合わせがあるので、駅までかみさんに送ってもらいJR、地下鉄を乗り継いで半蔵門にでかけた。東京はそれほど雪は積もっていなかったが、融けかけの雪が歩道で固まって滑る、滑る。けが人がでたようだ。打ち合わせに時間がかかって昼にしっかり食い込んでしまった。弁当を食べながら、最後の意見交換をして散会になった。外に出ると雪は止んで雨になっていた。

いろいろと買い物があったので、市ヶ谷駅まで歩いて秋葉原にでかけた。秋月で足付きの単3ニッケル水素蓄電池、電球型蛍光灯、千石で単4ニッケル水素蓄電池、電池ケース、隣のジャンク屋でIEEE1394のの変換アダプタ、LANケーブルの延長アダプタなどを買った。足付きの単3ニッケル水素蓄電池は、昔から使っているブラウンの充電式シェーバーの電池が劣化して使えなくなったので、自分で交換するためで、帰って交換に成功した。

末広町のリバティーでチョコQの鳥を探したが、偏りがひど過ぎて、欲しいものは高くなり過ぎ。タイムスリップグリコの『YS-11』、サッポロビールのキャンペーングッヅ『クラーク像』など値段が下がっていたので買って来た。秋葉原の表通りはどんどん変わってしまって、電気街ではなくなっている。まだ裏通りは昔の電器屋があるけれど、何かを作るということもなくなったので、ちょっとした修理部品を買うくらいになってしまった。

050304_1秋葉原から山手線のガードに沿って御徒町方向に歩いていると、『フォーク酒場 F』というのがあった。昔、歌声喫茶や歌声酒場というのがあったが、フォーク酒場というのは面白そうだ。きたきつねも高校生の時にフォークグループを組んでいたので、懐かしい。今でもフォークギターは持っているが、最近は全く弾くことがない。いいつも弾きたいと思うけれど、押入れの奥から引っぱりだして、チューニングして、片付けることまで考えると、気力がなくなる。

050304_2さらに歩いていると、大きな紳士靴と小さな紳士靴の専門店があった。最近の若い人足が大きくなっていて27、8cm位の人が多くなっているようだ。それでも30cmを越えるような人は、靴を探すのが大変だろう。同じように、24cm以下のひとは普通の靴屋であう靴を探すのは大変だろう。そういえばうちの娘も、26cmくらいの靴を履いているので、苦労しているようだ。それにしても面白い店があるものだ。

050304_3御徒町の近くの金物屋の店頭にネズミ捕りが売っていた。古いビルが多いし、飲食店も沢山あるのでネズミとゴキブリの天国なのだろう。地下鉄のホームで待っていると、日中にドブネズミが線路の横を堂々とお散歩しているのを見たことがあった。ちゃちなパチンコ式のネズミ捕りでは迫力が足りないのだろう。ネズミ捕りにかかったネズミを、カゴに入れたまま水を張ったバケツに漬けて殺すのだけれど、あまりやりたくない。

|

« 今日は東京 | トップページ | 今日は啓蟄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩道は湿った雪で:

« 今日は東京 | トップページ | 今日は啓蟄 »