« Apple入ってる | トップページ | 街歩き »

2005/06/05

31歳のウミネコ

青森県八戸市の蕪島で、31歳のウミネコが確認されたというニュースが、河北新報にでていた。これまでの記録は28歳11カ月が最年長記録だったようだ。それにしても、野鳥の生存率は非常に悪いと聞いたことがあるので、すごい記録だと思う。

なぜ年齢が判るかというと、蕪島では生まれたヒナに足輪を着けて記録しているからで、足輪の番号で何時、どこで着けたかが判る。継続は力というけれど、すごいです。

最近は光学機器の性能が良くなって、鳥を捕まえなくても足輪の番号を読むことができたりする。時折、カラーの足輪が着いていたり、フラッグが着いていたりした鳥を見ることがある。白鳥などは番号の付いた首輪をしていることがある。国際的なネットワークがあるので、日本のバンディングセンターになっている山階鳥類研究所に聞くと、どこから来たか教えてくれるはずだ。

鳥に足輪を着ける調査(鳥類標識調査)を「バンディング」といって、法律で禁止されているカスミ網を使うので、ちゃんと技術が認められて、環境省の許可がないとできない。何度か現場を見せて貰ったけれど、大変な作業で、腰痛もちのきたきつねには無理なことが判ったので、それ以来遠慮している。

|

« Apple入ってる | トップページ | 街歩き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/4424416

この記事へのトラックバック一覧です: 31歳のウミネコ:

» うみねこ31歳 [十日市秀悦 de はづのへ放送局@東京版]
青森と言えば、そう、うみねこも有名でした。そのうみねこネタを一つ。八戸市の蕪島で、何と31歳のウミ [続きを読む]

受信: 2005/06/12 00:08

« Apple入ってる | トップページ | 街歩き »