« メガライナー | トップページ | 串田孫一死す »

2005/07/09

国際 文具・紙製品展

050709一年に一度の文房具のビックイベント「国際 文具・紙製品展」が東京ビックサイトで開催されているので、こぎつねと一緒に早起きしてでかけた。

今年から「東京国際ブックフェア」が同時開催ということもあって、10時半頃に到着したが大分混雑していた。昨年から全文連が抜けてしまったので、三菱、パイロット、コクヨなどの大手メーカーが抜けてしまったので寂しい。ヨーロッパのメーカーがほとんどなかったけれど、アジアのメーカーが色とりどりの文房具を持ってきていたが、ちょっと物足りない感じだった。

何人かの知り合いと待ち合わせして、沢山ある新製品の中でどれだけ残るのだろうかと思いながら会場を巡った。

数年前に本を出したときに担当してくれた編集者が来ているというので、「東京国際ブックフェア」に行ってみた。こちらは新刊本が2割引くらいで買えるというので、会場は混雑していて前進するのが大変だった。洋書とCDのバーゲンコーナーでちょっと本を探してみたが、自然科学系はすくなくて欲しいものはなかった。

「国際 文具・紙製品展」の会場に戻って、最終日の4時過ぎから始まる中国メーカーの投げ売りをチェックして、幾つか面白そうなものをピックアップして購入した。日本では売っていない、四角い芯のシャープペンシルとか、グリップが光るボールペンなどを手に入れた。

時間になったので、全国から集まった文房具仲間とオフ会の会場に向かった。恒例になっている水上バスに乗って日の出桟橋に向かった。水上バスを待っている間に雨が降り始めてしまった。外に出ることができないのが残念だった。日の出桟橋に、漫画「ワンピース」にでてくる「ゴーイングメリー号」が停泊していて、子供達が雨の中で記念写真を撮ってもらっていた。フジテレビが開催する夏休みのイベント「お台場冒険王2005」という夏休みのイベントで水上バスととして就航するようだ。日の出からゆりかもめで会場のある新橋でむかった。

会場で話に花が咲いた頃、恒例になっている持ち寄り文具を巡ってのジャンケン大会が始まった。文房具ファンの持ってくるものなのでレアな文具があって、それを巡ってみんな熱くなってジャンケンに燃えた。宴会終了後、若い人たちは喫茶店で文房具談義をするということだったが、年寄りは帰ることにして、心地よい疲れを感じながら帰宅した。

|

« メガライナー | トップページ | 串田孫一死す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際 文具・紙製品展:

« メガライナー | トップページ | 串田孫一死す »