« 利口なカラス | トップページ | アオバズクの夫婦 »

2005/07/02

ゆきだるま温泉

050701昨日までの梅雨空がウソのような天気になった。各地に出されていた警報、注意報が全て解除となった。午前中は洗濯、掃除にして、午後から安塚区の「ゆきだるま温泉」に行くことにした。

国道405号、といっても所々細い道で、周囲は棚田ばかりで40キロ制限だけれど、制限速度以上出すのはちょっと無理といった道路を通って、安塚区に入った。途中、「ゆきだるま物産館」で手作りのクルミの入ったジェラートを食べて、「ゆきだるま温泉」に到着した。

温泉は、循環濾過、加温しているけれど、泉質が良かった。露天風呂にゆったりつかって、気が付くと一時間近く入っていた。洗い場のカランから砂が出てきたが、昨日までの雨で砂が流れ込んでいたのだろう。

館内の食堂で夕ご飯を食べることにした。メニューを見ると「木久蔵ラーメン」というのがあった。日テレの「笑点」で木久蔵師匠が「木久蔵ラーメン」といっていたが、売っているのを見たことが無いので、驚いたが食べる気にはならなかった。それにしても山の中で海鮮丼も何だし、石焼きビビンバを食べた。

せっかくここまで来たのだからと、ホタルで有名な大島区に行ってみることにした。案内書を見ると保倉川沿いにホタルが見られる場所が沢山あるということだ。

050701_2通行止めがあって迂回路を抜けたところに、「ほたる見台」という看板がでていた。近くの酒屋にいって聞いてみると、直ぐ近くということで、日暮れを待つことにした。

この地区では、「蛍の舞」というお酒を地区限定で売っていた。昔使っていた二升五合瓶にラベルを貼って置いてあった。なんでも倉庫から出てきたものらしい。瓶の口にはねじが切ってあって、ガラスの蓋がついていたらしい。

暗くなってきて、林の中でポツリ、ポツリと光り始めた。しばらくすると、沢山のホタルが舞い始めた。ゲンジボタルとヘイケボタルが混じっていて、とてもきれいだった。昨日は雨上がりに、大量のホタルがでたらしい。今年は雪解けが遅れたので、7月中旬まで見られるということだ。今年は沢山ホタルを見ることができて非常に満足だった。

|

« 利口なカラス | トップページ | アオバズクの夫婦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆきだるま温泉:

« 利口なカラス | トップページ | アオバズクの夫婦 »