« 社会の劣化 | トップページ | 秋が急ぎ足で »

2005/09/28

つくばの高速バス

050928昨日は、知り合いの紹介で彫刻家の峰田敏郎さんと御一緒することになった。上越教育大の教授で1996年まで上越市におられたということで、旧交を暖める席に紛れ込ませていただいた。北海道に9名集まった中に北海道関係者が4人という、北海道率が高い。峰田さんは、北海道の岩見沢に12年居られたということだ。それほど飲まなかったのだけれど、ビール、冷酒、ワインと飲んで帰って、ちょっと横になったつもりが、目が覚めたら午前2時だった。そのまま寝ることにした。

午後、久し振りに東京に出た。上越新幹線は結構混んでいて、自由席は90%くらいの乗車率だった。銀座の伊東屋本店の入口はカランダッシュの水彩色鉛筆のフェアーをやっていた。

つくばTXで帰ろうかどうしようか迷ったが、結局高速バスにした。バス乗り場に行くと、出発3分前のつくばセンター行きが待っていた。乗車すると中は半分ほどしか乗っていない。以前だとほぼ満席だったはずだから、つくばTXの影響は大きいようだ。それでも、つくばTXの乗車人員は計画よりも少ないらしい。

|

« 社会の劣化 | トップページ | 秋が急ぎ足で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つくばの高速バス:

« 社会の劣化 | トップページ | 秋が急ぎ足で »