« 雪は降り続くよいつまでも | トップページ | LOHAS問題 »

2005/12/24

クリスマスイブに

051224_1早朝6時に除雪車の音で目が覚めた。随分手間取っているようで、何度もエンジンをふかす音がする。一晩で25、6cm積もったようで、これまで除雪車が押しつけた雪が壁になっているので、除けなければならない雪が多いのだろう。

ラジオ体操をして、洗濯機を動かしている間に、朝食をとってから、カッパを着て駐車スペースの除雪に向かった。捨てた雪が高く積もってしまって、スノーダンプで雪を捨てに行く場所が無くなってきた。消雪溝があるのだけれど、水が流れていないので、捨てることができない。

体を動かすと厚くなるので、ダウンジャケットはやめて、ゴアテックスの薄いカッパにしたけれど、汗をかいてしまった。

今日も中越では停電が起こっているようだ。寒波、雪、停電とくれば、老人や病人にとって非常に厳しい状況になるのではないだろうか。

051224_2午前中は年賀状を書いて、できた分を持って郵便局にでかけた。雪が積もった街の中心部にでるのは初めてで、広い道路は適時排雪しているはずだけれど、道路の両側は2m近い雪の壁になっていた。

途中、ロータリー除雪車とダンプカーで排雪作業をしているところに出会ったが、排雪しなければ道幅が半分になってしまう感じだ。歩道が通りにくいのか、老人が車道を歩くので、狭い道がさらに狭くなって怖かった。

散髪にいくチャンスを逃していて、少ないなりに頭髪が見場が悪くなってしまったので、帰り道にあるチェーンの低料金散髪に行ってみることにした。カットだけだと1,365円、カットと顔剃りで1,575円、シャンプー・ブローのフルコースだと1,890円という低料金だ。

店内は比較的混んでいて、スタッフは全員二十代のようだった。椅子に座ると、あとは流れ作業というか、カット、顔剃り、シャンプー・ブローが完全分業になっていた。それも、顔の上の部分と下の部分、襟足とそれぞれ別の人だった。顔の下の部分はT字のカミソリを使っていた。

早い早い、始まって三十分まではかかっていなかったと思う。一応髪の毛が短くなったというだけの感じだった。近所の散髪屋に行けば4,000円以上になるので、最近は十分1,000円とか総合調髪1,500円という低料金の店を目にすることが多くなったような気がする。

051224_3お歳暮を一件贈り忘れていたので、ジャスコに寄ったけれど、予約したクリスマスケーキを受け取る人が次々ときていた。レジも大混雑のようだった。家庭でのクリスマスパーティーはもう日本の生活の中に完全に定着している。

冷凍庫にとりモモ肉があったのを思い出したので、クリスマスティナーはとりモモのガーリック焼きにした。冬至カボチャを食べるのを忘れたので、カボチャを付け合わせにくわえた。ご飯もガーリックライスにしてみた。ケーキはカロリーオーバーになるので中止した。

一人きりのクリスマスというのは、数十年ぶりかもしれない。天気予報と違い、今晩も大粒の雪が津々と降り続いている。


|

« 雪は降り続くよいつまでも | トップページ | LOHAS問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスイブに:

« 雪は降り続くよいつまでも | トップページ | LOHAS問題 »