« 北斎展 | トップページ | 犯罪報道の劇場化 »

2005/12/05

かっぱの街牛久

051205下を向いて歩いていると、色々なものが目に入ってくる。下水道のマンホールの蓋もそのひとつだ。

マンホールの蓋も、街によって色々と違うものだ。先日通過した牛久市は、かっぱが蓋の上で踊っていた。上越市は、二羽の白鳥になっている。東京都は区によって違うようだ。

ところで、長く暮らしたつくば市はといえば、蓋の模様がどうだったのか全く記憶にない。気になって調べてみると、何の変哲もないどこにでもあるような幾何模様だった。秋田の大曲市(今の大仙市)の隣町の大森町は、カラーの雉だったのを覚えているから、つくば市の蓋はただのマンホールの蓋としてしか認識していなかったのだろう。

全国各地、色々な模様の蓋があるので、気になるが、移動中だったりして撮影できないことが多いのが残念だ。でも世の中には、ちゃんとコレクションしてくれている人がいるので、それはそちらに任せることにしよう。

そう、思い出した。カッパ伝説のある牛久沼は、沼と沼を囲む土地が牛久市ではなくて、竜ヶ崎市というのが不思議だ。牛久市は牛久沼の近くにあるというだけで、隣接もしていない。

|

« 北斎展 | トップページ | 犯罪報道の劇場化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かっぱの街牛久:

« 北斎展 | トップページ | 犯罪報道の劇場化 »