« こんなところまで雪 | トップページ | 堀江社長が逮捕 »

2006/01/22

雪の次の日

060122_1夜半過ぎに雪が止んだようだった。木に雪の花が咲いている。気温が低いので、雪がさらさらだった。

散歩道の途中の公園には、昨日の日中に子供達が作った雪だるまやお城が残っていた。雪の量が多かったので、いつもは泥まじりの雪だるまも真っ白だった。

ニュースでは、各地で雪道で転倒してけが人が出ている。常識的には、滑り止めのない靴で雪や氷の上を歩くことはできないことは判ると思うけれど、いつもと同じサンダルで外に出て転んで骨折する人がいるのではないだろうか。それと、雪や氷の上ではしっかり足を踏み締めないといけないので、高齢者がいつものように摺り足で歩くと滑ってしまうのだろう。

060122_2道路は凍ってカリカリになっていて、車が通るとガリガリと音がしていた。こんな日にチェーンも付けずにノーマルタイヤで走る人の気が知れない。凍結した道路をいつもと同じ速度で運転しているようだ。スタッドレスタイヤでも、凍結した路面では万全ではない。

雪や氷の怖さを知らないということは恐ろしいことだ。朝子供を学校に送った帰り道で、パトカーが止っていて、その先に乗用車が中央分離帯に乗り上げていた。凍結した路面でスピンしたのかも知れない。

それでも天気がよいので、どんどん気温が上がり、日の当たる場所の路面は融け始め、白く乾いてきた。午後には日陰を除いて道路は平常になったようだ。でも、歩道はまだ雪が沢山残っている。

|

« こんなところまで雪 | トップページ | 堀江社長が逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の次の日:

« こんなところまで雪 | トップページ | 堀江社長が逮捕 »