« 堀江社長が逮捕 | トップページ | 江戸の性談 »

2006/01/24

カナダでBSE

朝から猛烈に寒い。日が照っていても、バス停で待っていてもコートを突き抜けて寒さが刺さってくる。道路にはまだ雪が残っているところもあるし、氷も張っている。新潟は昨日は猛吹雪だったけれど、今日も雪が降っているようだ。でも、湿度が高いので、これほど寒く感じない。

今日も一日会議で、内容のない話を聞いているのは非常に疲れる。

昨日、カナダでBSEに感染した4頭目の牛が見つかったというニュースがあるが、同じ日に北海道で22頭目の感染牛が見つかっている。カナダでは、日本の数十倍以上の飼養頭数と長年肉骨粉を使ってきたはずで、感染牛が日本よりも少ないのは良く判らない。アメリカはまだ2頭だからもっと不思議だ。

アメリカは、去年の秋までBSE問題でカナダからの牛肉の輸入を禁止していたけれど、日本の輸入解禁を前に輸入を再開している。たった3頭の感染牛で禁輸だったのだから、これも良く判らない。

アメリカからの牛肉から危険部位が見つかったということで、輸入停止になったけれど、アメリカが日本に輸出するための国内規制は自主規制であって法律になっていない。アメリカ人は法律は守るけれど、自主規制などは関係ないと思っているし、それに罰則もないのだから、そんな規制を守るわけがない。

|

« 堀江社長が逮捕 | トップページ | 江戸の性談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カナダでBSE:

« 堀江社長が逮捕 | トップページ | 江戸の性談 »