« 60豪雪の写真 | トップページ | 「皇帝ペンギン」のDVD »

2006/01/07

七福の湯

060107今日は七草粥を食べる日とラジオでアナウンサーがいっているが、新暦の1月7日は寒の入りが済んだばかりで、春はまだ遠い感じがする。旧暦の7日は、新暦2月4日で、今年はちょうど立春になる。

「せりなずな ごぎょうはこべらほとけのざ すずなすずしろこれぞななくさ」とお経のように覚えている。最近はスーパーで七草セットというのを売っている。ついでにレトルトのおかゆも売っていた。

午前中は吹雪模様だったので、昼食を食べて雪が小降りになったところを見計らって、車を掘り出しに駐車場にいった。二晩放置しておくとしっかりと雪にうまっている。雪を捨てる場所がないので、春になれば融けるのにと思いながら、流雪溝まで雪をスノーダンプで運んだ。何度も往復するうちに汗をかいてしまった。

今晩から明日にかけて大雪になるという予報なので、灯油と食料を仕入れにでかけた。除雪が間に合わないので、道が狭くなって、圧雪なので非常に走りづらい。みんな慎重に時速20キロくらいで走っている。

灯油が1リットル73円とまた値上がりしていた。4日分の食料を買い込んで戻った。職場の同僚から、雪が降り出す前に近くのスーパー銭湯に行こうという誘いの電話があったので、でかけることにした。自宅の風呂は、お湯の量が少ないので、随分長い時間は行っているつもりでも体が温まらないので、時々温泉に行くのだけれど、この雪ではちょっと行く気がしない。

スーパー銭湯は「七福の湯」といって、初めていったけれど駐車場は一杯でなかなか人気があるようだ。下駄箱に長靴を預け、券売機で券を買って中にはいると、休憩所があって食事もできるようになっている。

浴室は広くて、温度の違うお風呂、サウナ、スチーム風呂、露天風呂などがあった。ラジウム、トルマリン、麦飯石、備長炭などの風呂に入って、小一時間暖まった。最後にスチーム風呂に入ったけれど、のぼせてしまった。やはり、お湯の量が多いと体が芯まで温まって、外に出ても寒さを感じない。時々行くことにしようと思った。職場にもファンがいるようで回数券をもって、通っている人がいるらしい。

どうも天気予報がはずれたようで、雲の切れ間から夜空が見えているし、雨量レーダーを見ても切れ切れの小さな雪雲しかないようだ。


|

« 60豪雪の写真 | トップページ | 「皇帝ペンギン」のDVD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七福の湯:

« 60豪雪の写真 | トップページ | 「皇帝ペンギン」のDVD »