« 雪で家がつぶれた | トップページ | 賽の神 »

2006/01/14

一斉雪下ろし

060114_3二十年振りの一斉雪下ろしが始まった。屋根の上に人が上って鉄製のスノーダンプやスコップで雪を下の道路に落とし始めた。

雨が強くなってきたけれど、みんな黙々と雪を落としている。町屋は屋根が長いので、雪を運ぶのが大変なので、雪を落とすのに滑り台を使っている。雁木の下を歩いていると、屋根の下に長いものが収納されていたけれど、それが滑り台だったのだ。

二十年も使っていないので、捨ててしまったのだろう、昨日あたり作った新しいものも何カ所かで使っていた。雪が重くて大変だろう。面白いのは、雪を完全に取り除いてしまわずに、10cmくらい雪を残している。たぶん、雪を完全に取り除くと滑って危ないからだろう。

060114_4道路はみるみるうちに雪の山で塞がれていく。昔は、このまま春を待ったのだろう。明日はダンプカーで排雪することになる。

物好きだから、雨の中を昨日雪下ろしが終わった南本町の様子を見に行ったけれど、もう排雪が進んでいて、ダンプカーが行き来して危ないので、直ぐに帰ってきた。

|

« 雪で家がつぶれた | トップページ | 賽の神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一斉雪下ろし:

« 雪で家がつぶれた | トップページ | 賽の神 »