« 勢いでカラオケ | トップページ | 朝日池 »

2006/02/17

DNA複製の謎に迫る

朝から雪が降って、一日で20cmほど積もったが、気温が低いので雪が軽く、これまで重い雪を思えばなんということはない気がする。面白いのは、夜中から朝までの気温はプラスで、日中の気温がマイナスという逆転が起こったことだ。

ちょっと勉強しようと思って読み始めた武村政春さんの「DNA複製の謎に迫る」(講談社ブルーバックス)をようやく読み終えることができた。最初は何となく判ったけれど、後半は難しくなって苦戦した。生命の基本のDNAが複製するプロセスは、間違いや欠落を修正することもできて、実に巧妙にできている。十億回に一度くらい間違いが出るらしいけれど、それが生命体の多様性を生み出しているようだ。

一週間の疲れがどっとでて、風呂に入ったら猛烈に眠くなってしまった。

|

« 勢いでカラオケ | トップページ | 朝日池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DNA複製の謎に迫る:

« 勢いでカラオケ | トップページ | 朝日池 »