« PSEマークは何だかよく判らない | トップページ | 坂口謹一郎博士とつばきの祭典 »

2006/03/25

高田測候所

060325_3今日は蓮如忌。浄土真宗中興の祖の蓮如聖人が亡くなった日になる。一応、きたきつねの家は代々浄土真宗ということになっているので、合掌。

高田の街にでる用事があったので、高田測候所まで行ってみた。小さいけれど、大正10年設立の歴史のある測候所だ。

先日、地元の飲み会で、面白い話を聞いた。大昔、高田測候所の天気予報が当たらないので、子供達は、ちょっと不安なものを食べる時に「高田測候所 高田測候所 高田測候所」と唱えると当たらないといっていたそうだ。一冬過ごしてみて、日本海側の冬の天気は変わりやすく、気象レーダーやひまわりなどが無い時代には、天気予報は非常に難しかったのだろうと思う。

高田測候所のデータを見ていると、昨日と今日で、20cmあった積雪量が7cmまで減った。明日中に0になるのではないだろうか。

|

« PSEマークは何だかよく判らない | トップページ | 坂口謹一郎博士とつばきの祭典 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高田測候所:

« PSEマークは何だかよく判らない | トップページ | 坂口謹一郎博士とつばきの祭典 »