« ウエディングケーキ | トップページ | 松尾貴史の閃き »

2006/03/05

海鳥の死体が大量に漂着

060305天気が良くなって、比較的暖かな一日だった。隣の家の紅梅が満開に近づいている。何故か沢山のスズメが梅の木に集まっている。

オホーツク沿岸で、ウミガラス、ハシブトウミガラスやウミスズメなどの海鳥の死体が大量に漂着しているというニュースがある。国後、択捉でも漂着しているらしい。どうも油汚染によって死亡したのではないようだ。死後相当日数が経っているらしく、流氷の中からも発見されているらしい。

このニュースを聞いて直ぐに考えたのは、11月に中国の松花江上流の吉林省で起った化学工場の爆発事故のことだった。この事故でベンゼンやニトロベンゼンを含む汚染物質が大量に流れ出し、ハルピン市など流域の水道が使えなくなっている。さらに汚染物質がアムール河に流れ込み、ウラジオストック等も上水が取水できなくなった。

この汚染物質が、日本海、オホーツク海に流れ込んで汚染物質を取り込んだまたはそれで死んだ魚を食べた海鳥が死亡したのではないだろうか。そうでなければこれ程大量の海鳥が死亡することは考えられないのではないだろうか。もしそうであれば、日本に流れてくる流氷は、アムール河の水が凍ったものだといわれていているから、北海道沿岸の漁業に影響がでてくるのではないか心配になってきた。


|

« ウエディングケーキ | トップページ | 松尾貴史の閃き »

コメント

タイトルを拝見して、油汚染かと思いました。
海鳥だけなんでしょうか。ちょっと検索してみます。

投稿: | 2006/03/06 05:16

私も油汚染かと思いました。
化学物質汚染ならすごく心配です。

投稿: てらむら | 2006/03/06 10:42

柊さん てらむらさん

油汚染ではない個体がずいぶんいるらしいです。
爆発事故の影響というのは、あくまでもきたきつねの仮説ですのでご注意下さい。

さらに仮説をつなげると、先日千葉で大量にランディングした70頭のイルカは、もしかしたら松花江の爆発事故の影響だったりしてとさらに想像が広がります。

柊さん

蛇足ですが、今住んでいる上越市に「柊」という小料理屋があって、料理も酒も旨いですよ。

投稿: きたきつね | 2006/03/07 12:53

昨日のニュースでは、オホーツク沿岸でさらに数千羽の海鳥の死体が上がっているらしいです。

海岸に打ち上げられていない死体もあると思うので、実数は数倍になるのではないでしょうか。

死因をちゃんと調べて欲しいものです。鳥インフルエンザであれば注意が必要ですし、薬物汚染であれば海産物への影響が心配です。

投稿: きたきつね | 2006/03/17 22:48

今日の北海道ニュースで、成分的に「C重油」らしいと報道が。工場などから流出したものではなく、タンカーなどから漏れたものでは、とのことでした。はやく、対策を講じてほしいものですね。

投稿: ミニどら。 | 2006/03/23 22:35

ミニどらさん

「C重油」らしいですね。でも、これほど大量に鳥が死ぬほどの量が流れ出したとしたら、他にも影響がでているのではないかと思うのですが、ちゃんと調査して欲しいものです。

投稿: きたきつね | 2006/03/24 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海鳥の死体が大量に漂着:

« ウエディングケーキ | トップページ | 松尾貴史の閃き »