« ヒッチハイクばあさん | トップページ | 秋葉原散歩 »

2006/03/10

鮪の卵の薫製

ココログは夕方に復帰したようだけれど、一日近く障害が続くというのは困ったものだ。それでなくても日によっては混んでいて書き込みができない時があるのだから、何とかしてほしい。

日経新聞の「私の履歴書」は毎日興味深く読ませてもらっている。今月は生化学者の早坂修氏だ。今日は早坂氏が1949年に、米国留学に向う飛行機で服部時計店の服部正次社長とあった時の話は、ホリエモンと対照的で面白かった。昔の経営者はしっかりとした倫理観を持っていたということだろう。

久し振りというか2週間振りに仲町にでかけた。日本酒が旨いので、ちょっと飲み過ぎてしまった。鮪の卵の薫製というのを始めて食べたけれど、塩味がちょうど良い加減でこれが酒に合う。多分、珍味中の珍味なのだろう。

上越に来てからは、もともと飲酒の習慣がないのだけれど、日本酒ばかりで、ビールを飲まなくなった。特に、よく酒場ででてくるアサヒのスーパードライは不味のでさらに飲む気がしない。

|

« ヒッチハイクばあさん | トップページ | 秋葉原散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鮪の卵の薫製:

« ヒッチハイクばあさん | トップページ | 秋葉原散歩 »