« 鮪の卵の薫製 | トップページ | 犬バウワウ »

2006/03/11

秋葉原散歩

060311_1早朝から高田駅にでて、信越線で直江津に向い「特急はくたか」乗り換えるためにホームを移動した。反対側のプラットホームに「急行シュプール」という列車が停まっていた。

名前からしてスキー列車らしいので調べてみたら、関西方面から季節限定の夜行の寝台スキー列車だった。糸魚川、妙高高原、黒姫の各駅に停車して、スキー場へ向う専用バスの「シュプール・バス」に接続するらしい。

JR西日本はあまり馴染みがなかったので、例えば、列車はJR東日本は東京向きが1号車で、JR西日本は大阪方面向きが1号車になるなど、少しづつ色々なことがわかってきた。

060311_2上野駅から久しぶりに秋葉原に行ってみた。途中、ビルの窓ふきを見かけた。高所恐怖症のきたきつねは見るだけで、ドキドキして、お尻がむずむずしてくる。

ゴンドラならまだいいような気がするけれど、ロープ一本で上から釣り下がって作業するなどということは想像もできない。見ていると平気な感じで作業しているので、高所作業は慣れると大丈夫なのだろう。

060311_3秋葉原の表通りは大分雰囲気が変わっていた。メードの格好をした女の子がチラシを配っていた。いま噂のメード喫茶の宣伝だろうか。

秋葉原名物おでんの自動販売機には人が集まっていた。「牛すじ入り」と「つみれ入り」の2種類があるらしい。観光客らしい女の子達が、「あった、絶対買う」などといいながら買っていた。有名になって、相当な量が売れているらしく、「暖まっていないこともある」というはり紙もあった。別の所で、違う種類のおでんの缶詰が売っていたが、

昔なじみの裏通りに入ると、あまり変わっていない。恒例になっている秋月電商に行ってみた。相変わらず面白いものが沢山ある。色々と欲しくなるけれど、今は何かを作ることもないので、デジタル温度計とボタン電池を買って800円だけにして我慢、我慢。

060311_4パソコンショップも覗いたが、最近はあまり新製品に興味がないし、新製品が3ヶ月位ででてくるので、良く判らない。

ネジの西川からラジオデパートを巡ってみると、色々なものがある。さすがに秋葉原の底力を感じる。パーツを買いに来ている若い人もいるのがたのもしい。ラジオセンターも人が一杯いる。ラジオガーデンは行かなかった。

060311_5懐かしい真空管を売っている店が数軒あった。やはりオーディオは管球式のアナログが本当の音がするのだろう。国産の真空管は無いようで、GEやRCAの製品だった。

せっかく秋葉原まで来たので、ヨドバシカメラにも潜入してきた。あまりにも広すぎる感じで、1階のアップルの売り場だけみて退散した。ポイント還元が20%に新学期サービスで3%上乗せで、23%ということだった。つくばにも是非来てほしいものだ。

|

« 鮪の卵の薫製 | トップページ | 犬バウワウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原散歩:

« 鮪の卵の薫製 | トップページ | 犬バウワウ »