« 疲れる一日 | トップページ | 食品の高圧処理 »

2006/04/26

野鳥記

060422_2_1 きたきつねがバードウォッチングを始めたばかりの人たちの薦めている本が野鳥写真家平野伸明さんの「野鳥記」だ。季節と野鳥を巡るトピックスを写真で見せてくれる。その写真がまた、非常に野鳥の生態を上手くとらえている。だから、単なる写真集ではなく、バードウォッチングのビジュアルな教科書になっている。

4月から次の年の3月までの12ヶ月間それぞれの月に見ることのできる野鳥とその行動を、沢山の写真で紹介している。文章は短いけれど、的確で、よく鳥を見ている人でこそわかる内容になっている。

シジュウカラの巣の連続写真で、雛の生育過程が見られたり、18のオオヨシキリの巣の中にカッコウが託卵した卵を探すことができたり、探してもなかなか見つけることのできないモズのはやにえなど、面白い写真が満載で、何度見ても楽しい。

【著 者】平野伸明
【書名】野鳥記
【発行所】福音館書店
【ISBN】4-8340-1428-2

 

|

« 疲れる一日 | トップページ | 食品の高圧処理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/9765457

この記事へのトラックバック一覧です: 野鳥記:

« 疲れる一日 | トップページ | 食品の高圧処理 »