« 地域ブランド | トップページ | 地図で見る都市の変遷 »

2006/04/18

弁護士は何でもありか

060418_0 今日は気温が22度まで上昇。でも体調は変わらず。今日は「よい歯の日」、「発明の日」らしい。

日本各地で黄砂が降ったようだけれど、この辺りは頻繁に黄砂が降るようだ。このところ車の上にうっすらと黄砂が積もってしまうので、洗車しても意味がない感じがする。

自動車販売店の車にたっぷりと積もっている黄砂をブラシでおとしている、北京の黄砂の画像がニュースにでていた。鹿児島市で桜島の降灰が降った時みたいだ。

今日本村さん母子殺人事件の最高裁での口頭弁論があったが、被告の弁護士の話を聞いて吐き気がした。子供の首をひもで絞めたことを、泣きやませるためにひもをちょうちょ結びにしたというのだ。この弁護士のメンタリティーはどうなっているのだろうか。オームの麻原彰晃やヒューザーの小嶋社長の弁護士だったらしいけれど、金になれば何でもやる、依頼されればどのような犯罪者も無罪にするというのは人として問題があるけれど違うだろうか。

どんな犯罪人も人権を守るために弁護人が必要というのだろうけれど、きちんと罪を償うようにするのも重要な仕事ではないだろうか。

|

« 地域ブランド | トップページ | 地図で見る都市の変遷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/9658648

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士は何でもありか:

» 山口県光氏母子殺害事件 [おいどんのブログ]
母子殺人事件の上告審が結審、弁論続行の主張退ける 3月に書いたブログ(山口の母子殺害、弁護士欠席で口頭弁論開けず…最高裁)が結構反響を呼んでいる今日この頃。先日の「弁論欠席の弁護士に初の「出頭在廷命令」…最高裁」という話もあり、やっと昨日結審したようで…。 ってか、こんな「死刑反対論者」のクソ弁護士の話なんか聞く必要ないっちゅうねん。 (ノ-o-)ノ ┫:・'.::   コイツの会見見てたら、ほんまイライラしたわ(メ-_-) とっとと「�... [続きを読む]

受信: 2006/04/19 08:36

« 地域ブランド | トップページ | 地図で見る都市の変遷 »