« 春の日差しに誘われて | トップページ | 高田駐屯地の創設56周年記念式典 »

2006/04/15

風に吹かれて

060415_4明日は雨になるというので、夜桜を見に高田公園にでかけた。皆思いは同じようで、会場は沢山の人でにぎわっていた。観光バスで関東各地から人が来ているようだ。

出店も沢山売れているようだった。桜まんじゅう、塩羊羹などを試食して、八分咲の桜を見ながら、公園を歩き、本町に行ってみた。こちらはそれほどの人は多くなかった。

ついでなので、仲町の古書店「耕文堂」に行ってみた。今日は開いていて、情報通り鳥の本が沢山でていた。何方かの遺品のようだ。折角集めた本も、家族にとって興味がなければゴミの山でしかない。それでも、ゴミの日に出さないで、古書として流通に乗せてくれるのはありがたいことだ。

野鳥誌の創刊号から十数巻までの揃いもあった。きたきつねは、トキの写真集を二冊購ってきた。値段を聞くと、一冊1,500円でいいとのことで、とても嬉しい。

店主と話をしたが、店を閉めようと思っていたけれど、インターネットのおかげで息を吹き返したとのこと。地方都市の古書店は、同じ状況だそうだ。確かに、インターネットに出品することで、顧客が一気に多くなって、商売になるのだろう。ゴミも宝もいっしょくたのブックオフと違いを出せるのだろう。

060415_5 花見会場に戻って、友達と二人で酒盛りをしていたら、舞台でよさこいソーランが始まった。なんでも室蘭から招待したグループということだ。なぜ、室蘭というと、室蘭は上越市の姉妹都市ということだ。

直江津港から、室蘭行きのフェリーが出ている。今回のよさこいソーランのグループもフェリーで夕方に直江津に着いたらしい。

060415_6 お祭りにつきもののお化け屋敷があった。去年もあったらしいが、気がつかなかった。

気持ちよい風に吹かれて歩いて家に戻ったが、途中で居酒屋に引っかかってしまった。

|

« 春の日差しに誘われて | トップページ | 高田駐屯地の創設56周年記念式典 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/9610878

この記事へのトラックバック一覧です: 風に吹かれて:

» 世にも奇妙な物語 ○○○ん [越後上越から発信!噂のクチコミおすすめスポット!]
  2006年4月30日  越後、上越市はくもり時々雨でした    順位を確認!クリックお願い!人気Blogランキング       桜サクラさくら以外の記事は久しぶりになります    今回はお店紹介と云うより、世にも奇妙なミステリーです        何せ... [続きを読む]

受信: 2006/04/30 22:20

« 春の日差しに誘われて | トップページ | 高田駐屯地の創設56周年記念式典 »