« 女王バチの結婚飛行 | トップページ | 無印良品のスタッフは無名不良品? »

2006/05/12

リスク社会の生き方

060512風が少し強かったけれど、比較的穏やかな一日だった。朝から、ぴっちりと会議が続いて、非常に疲れた。

中央公論に「リスク社会をどう生きるか」という特集が載ったので買ってきた。中西準子先生は、リスク評価とリスク管理のあり方ををBSEを例に解説している。「評価できない」は単純に「安全ではない」という意味ではないことがよく分かった。

サイエンスライターの松永和紀さんは食の安全に関する偏った報道を例に、情報の見分け方、過剰な安全を求める社会のあり方について分かりやすく解説している。

失敗学の畑村羊太郎先生は、事故は責任追求ではなく、原因を的確に把握して事故が起こらないような対応が必要であることを、六本木ヒルズ回転事故を契機に勝手連で作った「ドアプロジェクト」を例に示している。

マスコミは、もう少し冷静に安全、安心について報道すべきだろう。

|

« 女王バチの結婚飛行 | トップページ | 無印良品のスタッフは無名不良品? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/10038414

この記事へのトラックバック一覧です: リスク社会の生き方:

« 女王バチの結婚飛行 | トップページ | 無印良品のスタッフは無名不良品? »