« 南アルプス天然水 | トップページ | ワインとシャンパン »

2006/06/06

麦秋

060606_1今日は二十四節季の芒種だ。芒(のぎ)のある穀物の種を蒔く頃ということになる。昔は、梅雨がきてから田植えをしたので、入梅の前に稲の籾を植えることになったのだろう。

関東地方は、そろそろ麦秋で、既に麦刈りが始まっている。茨城県は、麦茶用の大麦が多く、黄金色になっていた。

梅雨で雨が降り始まる前に刈り終わらなければならないので、天気と勝負の毎日になるのだろう。

060606_2_1 060606_4 会議の合間の昼休みに散歩していると。草にテントウ虫の幼虫がいた。草の間のアブラムシを食べているようだった。

植え込みには蜘蛛が網を張って虫がくるのを待っていた。入り口には蛾の羽が落ちているので、犠牲者なのだろう。

060606_3 キャベツの畑があって、モンシロチョウが乱舞していた。交尾のチャンスを狙っているようだった。キャベツは、虫食いでいっぱいだった。

蝶を見ているとゆっくり飛んでいるようだけれど、写真を撮ろうと思うと早すぎてなかなか撮れないものだ。

|

« 南アルプス天然水 | トップページ | ワインとシャンパン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/10420087

この記事へのトラックバック一覧です: 麦秋:

« 南アルプス天然水 | トップページ | ワインとシャンパン »