« 二七の朝市 | トップページ | 3羽の子供達 »

2006/07/23

練習帆船「あこがれ」

060723_1 今日は大暑で、土用「丑の日」。鰻に魅力を感じないきたきつねにはあまり関係がない。

久しぶりに最高気温が30度を越え、真夏日になった。湿度が60%台でそれほど暑く感じなかった。朝食はとうもろこし、オムレツ、トマト、低脂肪牛乳。

早朝のラジオで、直江津港に大阪から練習帆船「あこがれ」が来ていて、一般公開するという。なかなか帆船を間近に見る機会がないので、いってきた。

「あこがれ」は、大阪市の帆船で、日本で唯一、一般人が乗船できるのだそうだ。3本マストの全長52.16m、総排水量362トンの小さな船で、1992年に進水したというから、新しい船だ。

船内を見学した。ブリッジは最新のレーダーや超音波の水深計など装備は新しい。船内は狭いけれど、クルー10名のほか、40名が宿泊できるようになっている。全国各地のイベントに出かけているらしい。昨日まで佐渡にいたといっていた。

060723_2 船内の公開の後、帆を張るセイルドリルがあった。本当は帆は13枚あるのだけれど、少し風があるので、7枚だけを広げてくれた。

カメラマンが沢山来ていたけれど、「7枚しか張らないのならこなかったのに」と文句をいっていた。

060723_3夕方、「ワッショイ ワッショイ」という声が聞こえたので、窓の外を見ると、隣の町内会のお神輿が練り歩いていた。

子供神輿がきたけれど担いでいなかった。それほど大きな神輿ではないのに、つかれてしまったのだろうか。

|

« 二七の朝市 | トップページ | 3羽の子供達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/11072910

この記事へのトラックバック一覧です: 練習帆船「あこがれ」:

« 二七の朝市 | トップページ | 3羽の子供達 »