« 3羽の子供達 | トップページ | ミンミンゼミが鳴いている »

2006/07/25

稲の種?

昨日からの雨も午前中にあがって、時折日が差すようになった。気温も25度を少し越えたので、少しだけ室内は蒸し暑かった。今日は、上越まつりで街中では大民踊流しというのがあるらしいので、主催者は雨があがってほっとしているのだろう。

朝日新聞のネットニュースをみていたら神奈川版(7月22日)に、横須賀市の観音崎自然博物館に、タナゴの人工増殖で国内トップクラスの技術を持つ女性がいるという記事があって、天然記念物のミヤコタナゴなど、いろいろなタナゴの人工増殖に成功しているらしい。

その記事の中を読んで目が点になってしまった。その女性が初めて昆虫の飼育に取りかかった部分で、「稲の種」というのが出てきた。もしかして「稲の種」というのは、コメのことではないだろうか??一応日本人の主食とされているコメが「稲の種」ということも分からない記者が大朝日新聞にいるとは思えないけれど、どういうことなんだろう。

本文を引用すると「入館翌年に、キリギリスの仲間のクビキリギスの幼虫が稲の種を食べることに注目し、同じ仲間のカヤキリの幼虫にも稲の種を与え、約2カ月間で幼虫を成虫に育てた。その後も昆虫の人工繁殖を次々と手掛け、成功した種は50以上に上る。」となっている。

クビキリギスはコメを食べるというを聞いたことがないけれど、イヌムギ、エノコログサなどイネ科植物で、穂がついたものが適しているといわれているので、雑草の種子を食べるのだから、コメも食べるのだろうか。それとも、「イネ科の草の種子」といったのを「稲の種」と書いてしまったのだろうか。

ミヤコタナゴに話は戻るが、本当にきれいなタナゴで、千葉県の山間部の水田の土の水路で初めて見たときは感激したことを思い出した。

|

« 3羽の子供達 | トップページ | ミンミンゼミが鳴いている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/11102624

この記事へのトラックバック一覧です: 稲の種?:

« 3羽の子供達 | トップページ | ミンミンゼミが鳴いている »