« 非常識きわまりない人間 | トップページ | 強風による徐行 »

2006/07/02

花に来る虫たち

060702_1庭のペパーミントの花に色々なハチが蜜を吸いに集まって来ていた。

コマルハナバチの雄は黒々として、腹や背中に毛が生えている。花に長い吻を差し込んで蜜を吸っていた。

060702_2 コマルハナバチの雌も飛んできた。雄とは全く違う色で、大きさもちょっと小さいので、同じ種類とは思えない。

きたきつねは、子供の頃は昆虫少年ではなかったので、虫のことはよくわからないので、ちょっと違ったハチがきていたが、ニホンミツバチ以外は良くわからなかった。

060702_3 百合の花の中にヨコヅナサシガメが隠れていた。肉食のカメムシの一種らしいけれど、捕食しているところは見たことがないので、是非一度みたいものだ。

|

« 非常識きわまりない人間 | トップページ | 強風による徐行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/10777956

この記事へのトラックバック一覧です: 花に来る虫たち:

« 非常識きわまりない人間 | トップページ | 強風による徐行 »