« アンチエイジング | トップページ | 五月蠅い »

2006/08/11

食料自給率

昨日、農林水産省は2005年の食糧自給率を発表した。食糧自給率はカロリーベースで約40%で、今年も先進国の中で最低となった。1998年から横ばいで、上昇する兆しもない。自給率の低いイタリアでも71%で、フランスなどは130%となっている。飼料も含めた穀物全体の食糧自給率は30%以下となっている。

農林水産省は、新しい農業政策のなかで、2015年に食糧自給率を45%を目標にしているけれど、道のりは遠い。それよりも、農業生産者の高齢化と後継者不足で、国内農業自体が急速に衰退する可能性も否定できない。

ニートも含めて、多くの若者を、農業を体験できるシステムを作って、農業を体験を通して、職業の選択肢に加えさせる活動も必要だろう。

|

« アンチエイジング | トップページ | 五月蠅い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/11437350

この記事へのトラックバック一覧です: 食料自給率:

« アンチエイジング | トップページ | 五月蠅い »