« UDONカルボナーラ | トップページ | 日本神話とアンパンマン »

2006/09/30

さようならYS-11

060930 戦後の唯一の国産旅客機の『YS-11』が、今日国内の定期便として最後のフライトをした。これで日本の空で『YS-11』に乗ることはできなくなる。『YS-11』は世界的にも機体が頑丈にできているので、海外でまだ活躍することだろう。

『YS-11』は、確か海上保安庁や自衛隊などが保有しているので、乗ることはできないけれど日本の空を飛ぶ姿を見ることはできるはずだ。モノレールで、羽田の整備場の海上保安庁の格納庫に駐機している『YS-11』を見ることができるだろう。

『YS-11』には、四国、三宅島、奄美などへ何度か乗ったことがある。一番印象が強いのは、相当昔に高知空港から伊丹の大阪国際空港に飛んだときで、天候は良かったのに猛烈に揺れてただけでなく、エアーポケットに入って随分落ちたことがあった。隣のおばさんが吐き始めて、乗り物酔いに滅多にならないきたきつねも吐瀉物の匂いで気持ち悪くなってきて、吐いてしまった。

プロペラ機は、飛んでいる感じがして好きだし、プロペラが止まってもちゃんと着陸できるような気持ちがある。

国産の旅客機は作れないのだろうか。

|

« UDONカルボナーラ | トップページ | 日本神話とアンパンマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/12101767

この記事へのトラックバック一覧です: さようならYS-11:

« UDONカルボナーラ | トップページ | 日本神話とアンパンマン »