« 学習指導要領無視が広がる | トップページ | 日本人の給料 »

2006/10/27

高校予備校化問題

今日は健康診断で、大好きなバリウムを飲んだ。レントゲン装置に乗ってから、「一口飲んでください」で、食道の写真を撮って、「残りを飲んでください」になって胃の写真を撮るのが普通だけれど、集団検診のためか、発泡剤を飲んで直ぐ一気のみとなった。空腹が一気に満腹。

今日も高校の必修科目無視は、県と学校が増えて35都道県282校になった。科目も美術などにも広がっているようだ。私立高校で4科目も未履修となって350コマの補習授業が必要な生徒がでているらしい。

きたきつねの高校の同級生のブログで、「理科系志望の高校生にまで世界史を無理やリ履修させる必要はさらさらないと思います」などと書かれるとムッとしてしまう。同級生は、高校生の時に毎日コンサイス英和辞典を食べるくらいの受験生で、今でもそんな狭隘な世界で生きているということだろう。

学校は受験のためにあるわけではなく、人として常識とか教養を養うことが大切だと思う。理科系志望だから、社会科学系の学問はしなくてもいいとか、文化系志望だから、自然科学を知る必要はないかといえば違うと思う。どのような分野に進むにしても、その人の全人格的なものの涵養が大切になってくるはずだ。

|

« 学習指導要領無視が広がる | トップページ | 日本人の給料 »

コメント

どの分野も同じレベルまで..は無理にしても
土台になる部分ができてれば、上に積めますからねぇ。
ブログにも書いたように、当時は「なんで..」と思ってましたけど。

投稿: | 2006/10/28 05:15

そうなんですよね。土台ですよね。それと入り口が判れば奥に入っていくことは簡単です。

学生時代、長期の実地研修で受け入れてくれた所の同い年の高校卒の職員と一緒に独身寮で暮らしていましたが、飲んでいるときに彼がぽつんといったのは「大卒は現場で即戦力にならないけれど、基礎を勉強しているから問題が起こったときにどう調べればいいか、誰に聞けばいいか知っている。俺たちにはそれができないのがくやしい」といっていました。きたきつねはちょっと赤面でしたが、彼は相当優秀で、色々な事情で進学できなかったようでした。

一度、習っているかどうかは絶対大きい差になると思います。天才は別として普通の人は、音楽でも絵でも、先生についた方が絶対良いのと同じです。独習の我流は、先に進むのに時間ばかりかかります。

投稿: きたきつね | 2006/10/28 09:36

基礎を勉強しているから..うっ、耳が痛い。
もっと辿ると(?)、読む力・考える力も大きいですよね。
これ、勉強だけに限らない気もするし。TB ありがとうございました。

投稿: | 2006/10/28 10:15

そういえば、あたしも高校で世界史やってない。
文系なのに。じゃああたしはほんとは高校卒業できてないべきなのか。
きついなぁ。。。

ということで、世界史の知識は中学生レベルなので今、恥をかかないように興味を持った分野から少しずつキャッチアップをはかっております。

投稿: あさみ | 2006/10/28 11:49

柊さん

基礎学力、特に読み書きの力は響きますね。だから小学校の時代の反復学習が必要なんです。九九もゆとり教育方式では絶対に覚えることができません。インドでは、九九は相当多くの数まで覚えるようですね。

考える力は、読み書き以前に、幼児教育の部分での親の関わり方も重要になるような気がしています。言葉だけでなく、背中を見せることも含めてですけれどね。

あさみさん

世界史は高校二年生で履修するらしいですね。

恥をかかないようにというのはいいことです。本当は世界史、日本史、地理は全部つなげて勉強すると効果が高いと思います。きたきつねの住んでいる街も、そのような視点で見るととても面白いですね。

投稿: きたきつね | 2006/10/28 14:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/12451959

この記事へのトラックバック一覧です: 高校予備校化問題:

« 学習指導要領無視が広がる | トップページ | 日本人の給料 »