« | トップページ | 小春日和 »

2006/11/13

季節の変わり目

061113_1昨日の霙は、同じ上越市の旧市街でも降り方が違ったようで、地面が白くなったところもあるらしい。

今朝は青空が見えて、気温も18度まで上がった。妙高山だけでなく、標高の低い南葉山にも所々に雪が積もっていた。冬将軍が顔を見せ始めたということだろう。

気温が上がると、虫たちは元気になって動き回っているのを見ることができる。トンボやイナゴは、霜が降りるまでは頑張るのだろう。

先週の土曜日の11日に、公害反対運動のシンボル的存在だった宇井純さんが74歳で亡くなった。きたきつねが高校生の頃、東大の助手で、公害企業や行政側に立った「御用学者」を批判して、公害被害者の立場に立って活動を始めたと思う。万年助手だった宇井さんが、沖縄大学に移られたときは驚いたものだ。ものすごい意志の強さを持った科学者だったと思う。合掌。

やはり季節の変わり目は、気温の変化が大きいので、亡くなる方が多いような気がする。健康体でも、風邪を引いたり、お腹をこわしたりするのだから、特に、長期療養されている方にとって環境の変化の影響は大きいだろう。

病院は空調されていて気温の変化など無いようだけれど、冷えた窓は放射によって熱を奪うので、体感気温は下がることになる。変化を乗り切ることができれば、変化に体が慣れるので持ちこたえることができるのだろう。



|

« | トップページ | 小春日和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/12675111

この記事へのトラックバック一覧です: 季節の変わり目:

« | トップページ | 小春日和 »