« 単身者の知恵 | トップページ | 二次会は『ばりこ』 »

2006/11/26

薪割りの音

昨日の夜から南風が吹いて、晴れて最低気温は1.9度となった。妙高や燧に雪が降ったようで、白さが増している。日中は曇り空だけれど気温が上がって16度近くまで上昇した。夕方から雨。今週は雨が続くようだ。

日曜日は、NHK第1放送の朝のラジオあさいちばんの中で、6時40分からの「音に会いたい」を毎週楽しみにしている。リスナーの思い出の音を、NHKの音源を使って構成するもので、今はもう聞くことのできなくなった色々な音に再会できる。

今日は、薪割りの音だった。きたきつねの家は、暖房に薪ストーブを使っていて、秋になると薪割りをしていたので、非常に懐かしかった。

そういえば、リアカーにエンジンで動かす丸鋸を積んで、薪を切る人が流していたことを覚えている。長い木や建築廃材の柱などを、30センチくらいの長さに切ってもらっていた。切って貰ったものをマサカリで割って、冬に備えて物置に積み上げて置いた。

昔は、街の辻、辻をご用聞き、豆腐屋、クズ屋、ポン菓子の機械などが流していた。

|

« 単身者の知恵 | トップページ | 二次会は『ばりこ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薪割りの音:

« 単身者の知恵 | トップページ | 二次会は『ばりこ』 »