« レンコンの収穫が最盛期 | トップページ | 桃栗三年、柿八年、柚の大馬鹿十八年 »

2006/12/12

AppleWorksがない

朝から雨模様で、気温が上がらない。

今年も恒例の野鳥カレンダーを作ることにして、去年のカレンダーのファイルを開こうとしたところ、開かない。 おやっと思って、MacBookのアプリケーション・フォールダーを調べてみると、AppleWorksがない。

十年以上前から、クラリスワークス、アップルワークスと使ってきているので、当然MacBookにも入っていると思ったのに、驚いてしまった。一縷の望みで試用版のiPageで開いてみたけれど、拒絶されてしまった。 慌ててAppleのサイトを調べたところ、製品版は売られているけれど、古いバージョンでIntelMac用のバージョンは作られていないようだ。

重い画像が入っているので、iMacG4やiBookG3では重くてとても疲れる。それで、新兵器のMacBookで編集しようと思ったので、困ったことになった。

iLifeというのは、個人の生活に必要なソフトがそろっているはずだけれど、ワープロやドローのソフトがないというのは、なんとなく片手落ちのような気がする。家庭でお母さんが、PTAの通信や生協の案内を作ろうと思うと、試用版のiPageを使って見なさいということになるのだろうか。

AppleWorksは、簡単便利でかみさんもiMacで自治会や生協のチラシを愛用していたし、ちょっと寂しい感じになった。 調べてみると、AppleWorksは9,240円で売っているらしい。でもiPage6の入ってるiWorks6は、8,800円とお安くなっている。といって、使ったことのないiPageで、カレンダーを一から作るとなると大変だし、悩んでしまった。仕方がないので、明日買ってくることにした。

|

« レンコンの収穫が最盛期 | トップページ | 桃栗三年、柿八年、柚の大馬鹿十八年 »

コメント

きたきつねさま

えっ!アップルワークス無いのですか…。驚きです。
わかりやすくて気軽に使えたので、自分専用カレンダーや資料、年賀状までけっこういろいろと作ってました。
ウインドウズでそういう物をやろうという気が全く起きません。
ホント寂しい感じですね。

投稿: piyoko | 2006/12/13 22:28

piyokoさん

きたきつねもびっくりでした。それよりもアップルワークスで作ったファイルが沢山あるので、それが読めないとすると困ってしまいます。

クラリスワークスのファイルはアップルワークスでよめますけれど、クラリスワークスでアップルワークスのファイルは読めませんから、古いMacintoshがあってもだめですね。

実は、以前Windows版のクラリスワークスも使っていました。Xpになってからプリンターの出力が、何枚にしても一枚しか出ないという現象が起こって、以来使っていません。

ワープロはもちろんドローが便利です。実は、今日の昼休みにパソコンショップででAppleWorks6.2というのを買ってきました。OSXでは、6.2.9というバージョンが使えます。CDには、OS8.1から使える6.2.8というのも入っていました。

投稿: きたきつね | 2006/12/14 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AppleWorksがない:

« レンコンの収穫が最盛期 | トップページ | 桃栗三年、柿八年、柚の大馬鹿十八年 »